メニュー ホーム

Raspberry Piファースト・インプレッション(ベンチマーク追記編)

昨日行ったベンチマークですが、3B+と比較すると11%の性能アップでしかなかったのは納得できなかったので、環境を変えてみました。

このテストにはファイルコピーを行うテストがあり、SDカードの読み書き速度が足を引っ張っているように思ったのです。そこで、通常環境(SDカード)のRaspberry Pi 4と起動及びデータディスクをSSDにした高速版との速度比較を実施してみました。さて今回の結果はどうなったでしょう。

SDカードとSSDというちょっと販促技のような比較ではありますが、こんな感じになりました。参考値としてRaspberry Pi zero Wを乗せています。

なんと変化なし! 私はてっきりSDカードの読み書き速度がベンチマークの遅さの原因と思っていたのですが、そうではないようです。う〜ん、11%の性能アップですか。微妙ですね。もっとも、このベンチマークではそうだったというだけで、実際は違うかもしれません。

使ったSSDは、早いタイプのものではありませんが、USB3.0の速度は出ます。SSDが悪いとか相性が良くないとかいう問題ではないと思います。ちなみにSSDからの起動に関してはネット上に沢山情報が載ってますね。私は、ブートローダをSDカードに置いておいてシステムをSSDに移しましたが、SSDに全て(ブートローダも含めて)移行する方法も載っていましたので、そちらでもやってみます。


貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。

ジャン・パウル

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Raspberry Pi

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください