月別アーカイブ: 2020年4月

FreeNAS 11.3 U2 リリース

前回、非推奨とした FreeNAS11.3 U1 でしたが、新しく出た 11.3 U2 は問題ありません。初心者におすすめするようなものではありませんが、初めて使う人にもお勧めできる物です。

前回、 Update 対象が間違っているということで非推奨としました。ちょっと厳しいかなとも思いましたが、 Update したら実はダウングレードだったというのはあまりにも痛いエラーなので、非推奨とさせてもらいました。しっかりそこは直っています。

数日使ってみましたが、気になるトラブルもなく、安定性抜群です。

このバージョンはおすすめできます。ぜひ使ってみてください。


金は天下のまわりものだ。いつもこちらをよけてまわるのが気にくわないが。

ツルゲーネフ

【非推奨】 FreeNAS11.3U1 リリース

おそらく、私が使っている PC/Mac の中で、もっとも稼働時間が長いのが FreeNAS です。 365 日 24 時間稼働をもうかれこれ 3 年程度続いています。安定しています。基本的にはおすすめしますが、新しいバージョン 11.3 U1 はちょっと癖があって、初めての人にはお勧めしません。 11.2 U8 が安定していたので、初めての人にはこちらをおすすめさせていただきます。

2 つの不具合

私の環境下で 2 つの不具合が出ています。それぞれ説明しますね。

Update のターゲットが間違っている

私が OS などをインストールして最初に行うのは、 Update の確認です。最新版をダウンロードしても、直後にバグフィックス版が出ていたりすることがあります。そういったものをチェックするんですね。

ところが、このバージョンでは Update を確認すると、この一つ前のバージョンである 11.2 U8 が Update 対象として表示され、事実実行すると 11.2 U8 がインストールされてしまいます。 Update ではなく、ダウングレードですね。何度やっても同じです。これは実行しなければダウングレードしませんので、そこだけ注意が必要です。

ログイン直後のダッシュボード表示が旧バージョンのものになってしまう

これも実害がなければ見過ごす程度のものなのですが、ちょっと癖があって残念なことになっています。 FreeNAS というのは、ブラウザでログインしてほとんどの操作を行います。ログイン直後に表示されるのが、ダッシュボードです。この記事の冒頭に表示した画面が、それです。

ところが、実際にログインしてみると、旧バージョンのものが表示されます。更に、向かって左にあるメニューをクリックしてもアクティブになりません。ブラウザのメニューバーにアドレスを打ち込むと表示されます。わかっていてもちょっとイライラしますね。

このブログを書いた後で確認したところ、上記の症状はなくなっていました。ブラウザの cache を誤認識した可能性があります。

肝心のファイル共有は安定

FreeNAS と言うぐらいですから、 NAS としての機能はどうでしょうか。こちらは安定しています。ファイル共有も速度的にも安定性が際立っていますね。 FreeNAS はシステムとデータを物理的に分けることが求められます。システムはシステムの HDD(SSD) 。データはデータの HDD(SSD) 。と言う具合ですね。システムとして USB メモリを使っている人も多いようです。

システムを入れ替えても、データ部分にはノータッチですので、 Update も比較的安心です。

厳密には、システム稼働後に ZFS の Update を推奨される。

実際に使ってみた感じですが、全く問題はありません。先に述べたインターフェースの不具合がなければ、いろんな場面でおすすめできるのですが、残念です。次の Update に期待しますし、わかった上で使う人には問題ないと思います。