「Windows」タグアーカイブ

Synergy を導入

これまで、 macOS や Windows10 に独立したキーボードとマウスを用意していた。しかし、あまりにも不便なので Synergy というソフトを導入してみました。

この Synergy というソフト、 Symless という会社が開発しているようです。「 Synergy-1 つのマウスとキーボードをコンピューター間で共有」こちらで配布がなされています。最近はサブスクリプションといって月ごとに料金を取るシステムが流行ですが、 Synergy は買い切りのようです。金額は $29.00(BASIC) 。現在のバージョンは 1.10.3 になっていますね。 Web 上ではバージョン 2 の話題も出ていましたが、一度発表した後、引っ込めたみたいですね。バージョン 2 は Web 上にはなさそうです。

さて私はこのソフトを macOS Mojave と Windows10 に導入してみました。

まず引っかかったのはソフトの購入段階。あまりクレジットカードを直接入力したくないので、海外のソフトを購入する際などは、 PayPal を使っています。今回も PayPal が使えるようになっていたため、当然のように PayPal を選択しました。しかし、ダメです。 PayPal と Web サイトトのやりとりがタイムアウトしてしまうように、エラーになってしまい。支払いに至りません。何度か時間をおいて繰り返したのですが、ダメなのであきらめてクレジットカードの直接入力に切り替えました。こちらはスムーズに支払い OK 。

さて、インストールなどは簡単なので省略(私は、 Synergy 1 - マウス・キーボード共有アプリのインストールと使い方こちらを見ながら行いました)しますが、インストール後にまた 1 つはまってしまいました。

ズバリ書いてしまうと、 macOS をインストールしてある iMac は 2 系統のネットワークに所属していました。 1 つは Wi-Fi ネットワーク。もう一つは Ethernet のネットワークです。別にこの 2 つ別々のネットワークではないという認識でいたのですが、何度やっても IP アドレスが小さい ( 我が家の環境ではの話です )Wi-Fi ネットワークを使って接続しようとします。 Ethernet のネットワークの方が安定すると思って ( 事実そうでした )Ethernet の IP アドレスで接続させようとするのですが、どうしても接続してくれません。そして、 Wi-Fi ネットワークだとエラーが起きて Windows10 との接続に至りません

仕方ないので、一度 Wi-Fi を切った状態で立ち上げて強制的に Ethernet をつかませてやりました。この状態では問題なく Windows10 との接続が成功します。原因は見えているのに、なかなかうまくいかず、イライラしたのは事実です。我が家の Wi-Fi ネットワークは少し複雑になっているので、それも原因かな。

ともあれ、非常に快適です。 $29.00 の価値は十分に感じられます。ソフトとネットワーク環境がきちんとしていれば、特別なハードウェアなしで実現している。これは大きいですね。もちろん、体感上は感じませんが、リアルタイム性が高いゲームをするというような用途では、おそらくダメでしょうね。遅延が起こると思います。

こんなに快適ならもっと早くからやっておけば良かった。


女房に愛される技術というものは発明されないものだろうか。

ラ・ブリュイエール

Windows10 のマシンが飛んだ

参りました。データはほぼ全てバックアップしてあったので大丈夫だったのですが、操作ミスで Windows10 のマシンのシステムとデータを消してしまいました ( 号泣

データドライブとシステムドライブを分けて、必要なデータドライブ上のデータは NAS ストレージに定期的にバックアップをしていました。なので、必要なデータは全てバックアップしてました。しかし、システムもデータもロストするとは思っていませんでした。ショックです。

何が起きたのかといいますと、

  • 特定のセキュリティアップデートがエラーになり、完了できない。
  • システムをバックアップするタスクもエラーになる。
  • 動作が緩慢になる。マルウェアなどを疑るも、異常なし。

どうも調子が悪い。手動でアップデートもできなかったので、新規インストールを試みる。で、ここでミスをしてしまったんですね。

  • クリーンインストールをしようとして USB メモリから起動させる。
  • インストールするドライブを選択しようとして、ドライブ 0 を選択し、フォーマットする。
  • ドライブ 0 はデータディスクだった!気がついたがもう遅い
  • ドライブ 0 はフォーマットして綺麗になってしまったので、ドライブ①にシステムを新規でクリーンインストールした。

結果として、ドライブ 0 , 1 両方ともそれまであったデータは綺麗さっぱり無くなってしまいました。寝ぼけてボーッとした頭で作業するとこう言うことがおきます。データ容量を確認すればシステム用の SSD か、データ用の HDD か、わかろうというものですが …

綺麗なハードディスクに最小限のアプリをインストール。バックアップしてあったデータを書き戻して今に至る。皆さん、バックアップは大事ですよ。何が起こるかわからない。私は NAS ストレージにバックアップしておきましたが、別のハードディスクなどにバックアップするようにしましょう。私のデータディスクは、 RAID を組んでハードディスクのトラブルに備えていますが、操作ミスには非対応ですもんね。

教訓! 「寝ぼけた頭で重要な操作は行ってはいけない!


人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね

本間丈太郎「ブラックジャック」

キーボードが3つ、マウスも3つ

正確にはマウスは2つで、トラックパッドが1つ。何にせよ狭いディスクと足りない頭が総動員している今日この頃です。

iMac 、 Windows10 、 Fedora 。これに全部キーボードとマウス(トラックパッド)を取り付けたという馬鹿ですね。何とかできなかったんでしょうかね。自分で言うのもなんですが、お馬鹿な環境になってきています。

メインはやっぱり iMac なんですよ。これは変わりません。ブログ更新やその他ほとんどの作業を Mac が担ってます。なので正面は iMac なんですね。白いキーボードとトラックパッド。しかし最近になって Windows10 も色々仕事をしてくれるようになりました。動画をエンコードするのは NV エンコードできる Windows10 のマシンが有利です。ところが、 Windows10 に SSH で接続はできるんですが、端末が使いにくい。というか、せっかく SSH 接続しても使い物にならんのです。 GUI で使う分には Windows10 もそこそこ使えるんですが、端末だと癖が強くて使えません。慣れれば良いのかもしれませんが、慣れる気にならないのですよ。せっかく Linux などが動く仕組みがあるんだから、外部からの接続も Linux ライクなコマンドラインにして欲しいです。過去からの遺産なのかな。何にせよこちらは慣れないので、 GUI で使うことが多いです。

さて、今まではこれで OK だったのですが、まな板 PC 君が加わってきました。 Windows10 にはレシーバー型のマウス・キーボードを接続して使ってきたのです。 Fedora を操作しようとすると、レシーバーを付け替える必要があります。優先のマウス・キーボードは線の長さが必要です。 Fedora は窓際にあってよほど長いケーブルを使わないとダメです。やっぱりレシーバー型が必要になってついに3代目を購入したというわけです。

無計画ですね。もう少し何とかなりそうなものなんですけどね。

ちなみに Fedora は苦戦しています。グラフィックスボードのドライバーソフトが当たらない。色々試してみているんですが、ダメです。今一歩という感じなんですけどね。


自然がどんなに大きな優雅を与えようとも、偉人英傑を作るのは自然だけではなく、自然と手を組んだ運命である。

ラ・ロシュフーコー

マザーボードの RAID

Windows10 のマザーボードは Gigabyte さんのところのを使っています。こちらには EZ RAID という名前で RAID 機能がついています。これを使ってみることにしました。

まずはデータディスクのバックアップ。これが今回一番時間がかかった。で、 BIOS に入って EZ RAID の項目をチェックします。 3T のハードディスクが 2 台セットされているので、それが表示されています。あとは RAID0/1 を選択すればいいだけ。簡単です。今回は、速度が目的ではないので RAID1 を選択します。画像があれば良かったのですが、あんまりすんなりいったので写真撮るのを忘れました。

で、終わりです。なんですが、私はこれで終わりません。私は根っからの Mac ユーザーなので、 Mac だとフォーマットしていないハードディスクをつなぐと「フォーマットする?」と聞いてきてくれます。使える場合は自動的にマウントされます。これに慣れていまして、 Windows10 の流儀を心得ていませんでした。自分でフォーマットしてやらんといかんのね。

Linux なんかでもマウントポイントを設定して、マウントしますね。 Mac が親切なだけなんですね。私、手順間違えたかと思って何度もリスタートして BIOS 画面を見たりしていました。フォーマットしてやらなきゃダメですね。ふとそれに気がついて、フォーマットしてやったらあっけなく認識してくれました。

Windows10 の RAID がうまくいかなかったので、マザーボードの RAID を使ってみました。まぁどっちにしてもうまくいったらそれでよしです。


愛してその人を得ることは最上である。愛してその人を失うことは、その次によい。

W・M・サッカリ

PC ケースを変更

どう写真を撮ればいいのかわからないので、内部の様子を撮ってみました。昨日のエントリーで載せた写真よりはごちゃごちゃしてないので良くなったんじゃないかなと思ってます。

ケースは自己満足の世界だと思っているのですが、配線を終わって写真を眺めてみると、一番太いシステム電源のコードを裏から回して配線してみても良かったかなと思ってます。長さがギリギリになるかもしれませんけどね。

CORSAIR の PC ケースなのですが、これまで使っていたハードディスクのアクセスランプがありません。シンプルと言えばホントにシンプルで、ミニマムな作りになってますね。私は M.2 SSD を利用していますが、 2.5inch を 4 台、 3.5inch を 2 台セッティングできるのは、今風ですね。

ちょっと困っているのは、 Windows10 のソフトウェア RAID 機能。同じ容量のハードディスクを 2 台セッティングしてあるんですが、 RAID1( ミラーリング ) が組めません。あちこち見て回ったのですが、なぜか「容量不足だからできないよ」というエラーが出ます。マジかよ。と思って何度もやり直してみたり設定をいじったりしてみているのですが、ダメなものはダメです。

データディスクなので、データが失われてしまうのが怖いのですね。仕方がないのでフリーウェアを入れてバックアップしてみていますが、どうもいまいち。 Mac にマウントしてあるので、 Mac のバックアップソフトである CCC(CarbonCopyCloner) でバックアップをかけてみようと思います。結局 Mac の方が使いやすかったりして。 Windows10 もできることが多いので、楽しいのですがメインにはなりそうもないです。


すべての成功すべての巨富はアイディアから生まれる

ナポレオンヒル

また散財した

Mac mini2009 をヤフオク!で当たっているのだけど、思いのほか落札価格が高くなってきていてあきらめることにした。そしてまた Windows10 のマシンの方で散財することにした (^0^;)

こんどはケース。「 Carbide 275R Tempered Glass シリーズ | CORSAIR ミドルタワー型 PC ケース」こいつを購入した。といっても、届くのは令和元年。 5 月 1 日ですね。今度のケースはきちんと裏配線してみようと思います。これまでは、裏配線に対応していない古いケースに詰め込んでいたので、冒頭の写真みたいにグチャグチャです。もっとも私の性格があまりきちんとしていない(どちらかというとズボラ)ので、果たして綺麗にまとまるかどうか極めて疑問ではあります。

更にこの Windows10 のマシンには 3TB の HDD をデータドライブとして積んでいるのですが、この HDD バックアップを取っていません。さらに HDD そのものがけっこう使っている部類に入るので、 Windows10 のソフトウェア RAID を使って 2 重化してやろうともくろんでいます。

うまくいくかどうかわかりませんが、こう言うことやり始めるとワクワクしますね。連休が 10 日もあるので、ちょうどいいです。


常に賢明な人間でありたいと思うなら、決して結婚はしてはならない。結婚というものは、ウナギをつかもうと思って、蛇の入っている袋に手を入れるようなものだ。結婚するくらいなら、まだ痛風にでもかかったほうがマシだ。

メレジコフスキー

グラボを動画変換用に使う

iMac だとできませんでした。 AMD だとダメなのかしら? 私の探し方が悪いのかもしれませんが、 nvenc できません。 Windows10 ならできるみたいなので、やってみました。できました。

動画は mp4 です。マックユーザーなら h.264/h.265 ですよね。 wmv も再生できますが、 mp4 です。にもかかわらず、世の中にあふれる wmv 動画をダウンロードしたりするとがっかりします。

で、私は変換するわけですが、変換するのに ffmpeg というフリーソフトを使っています。 Windows10 の環境ではグラフィックスボードのエンジンを使って変換をする方法があっちこっちに乗っていますが、残念ながら Mac 環境では皆無です。 Windows10 を新しくしたので、そっちを使ってやれ。ということで、 ffmpeg のコンパイルを行いました。「 Windows 用 FFmpeg を Windows 10 でビルドする (Bash on Ubuntu on Windows) 」こちらのホームページを参考にさせていただきました。すごい環境でやってます。 Windows10 用の ffmpeg を Windows10 で動いている Ubuntu 上でコンパイルして、それを Mac からリモートデスクトップで操作している。そんなことをしました。わかります?

で、記事の内容そのままではうまくいかず、若干補正しながらでしたが無事完成。 ffmpeg を使って高速変換ができるようになりました。グラフィックスボードは GTX1050Ti を使っています。変換するのに、 10 倍とかというすごいスピードで変換できるものもあります。 h.265 は CPU を使うとかなりパワーを取られますが、 GPU を使うと CPU の使用率はそれほどでもなく高速変換が可能になります。もともと、動画ファイルを引っこ抜くのに Peppermint ( Linux )を使ったりしているので、ネットワーク上でファイルを移動する手間はかかるかなと思っていたのですが、ネットワーク越しに変換すれば変換速度よりもはるかに早いネットワーク速度があるので手間にはならないこともわかりました。

何の動画ファイルを落とすんだ? という問い合わせにはお答えできかねます。という答えで察してください(笑


知はいつも情に一杯食わされる。

ラ・ロシュフコー

自作 PC

自作 PC をアップグレードしました。という記事をこの間上げたばっかりですが、システムを入れてある C ドライブが 60GB という小容量 SSD なもので、どうも調子が悪い。 M.2 SSD を入れることにしました。

Mac だとハードウェアの拡張は事実上できません。しかし、自作 PC の場合はいくらでも拡張できますね。これは癖になります。 Amazon さんを覗くと自作 PC のパーツがいくらでも揃います。私が住んでいる新発田という町にはそういったお店がないので、 Amazon さんになってしまいます。 M.2 SSD も Amazon さんから送ってもらいます。明日届く予定です。

M.2 SSD にも SATA 接続と MVNe 接続の 2 種類あるのもぼんやりとしかわかっていませんでした。 MVNe の方にしたわけですが、理論値で 4GB/s とか言われてもピンときません。 SATA 接続の理論値が 600MB/s ですからとんでもねぇ早さだと言うことしかわからないわけです。

PC の頭脳というべき CPU が i5 なんで最速とは言えませんが、今使っている SATA の SSD だって十分な速度を持ってます。少なくとも体感上は両者に違いを見いだせるほどの使い方はしていません。自己満足の世界ですね。さすがにこれ以上お金をつぎ込むのはちょっと考え物なので、このぐらいでやめておきますが、自作の楽しさに目覚めてしまった感じですね。

ただ、普段使いのパソコンというと Mac になってしまいます。 Windows10 も使ってみるといろんなコトができて大変いいのですが、節操がないのは苦笑するしかないですね。あと、できるのだろうと思いますが、画面表示の文字が汚いのはダメです。長く見続けることができませんね。ある程度大きい文字ならそれでも大分ましなのですが、小さい文字になると途端にドット文字になってしまうのは何とかできないんでしょうかね。細工すればきっとできるんでしょうが、細工しなければできないのはいけませんね。やっぱ Mac がいいです

毎日仕事で使っているのは Windows7 。アップグレードしたマシンは Windows10 。微妙に操作性が違うのもちょっと困ります。まぁ、 Windows10 にしかできないものもありますので、そっちの方で使っていきます。


わが国のすべての問題に対する答えは、世界のすべての問題に対する答えは、ただひとつの言葉に帰着する。それは教育である。

リンドン・ベインズ・ジョンソン

Windows10 のライセンス

注意を促す意味でも、私の失敗を書き綴っておきます。ライセンス認証の件です。

Windows10 のマシンをアップグレードしました。 i5 8400 に変えたのですが、マザーボードも一緒に交換しました。こういうケースの場合、ライセンス認証が一時的に切れて再認証することで認証は通る。と聞いていました。ところが何度やっても認証が通りません。

写真を三枚載せましたが、繰り返しです。全く認証が通る気配がありません。仕方がないので、マイクロソフトのサポートに電話をします。いつものように本人認証をして、ライセンスコードの確認をしました。ここまではいつものプロセスですよね。ところが保留がとけた後でサポートの人が衝撃的な一言を述べます。

「申し訳ありませんが、ライセンスに問題があります。このライセンスは学生などに一時的に付与される特別なライセンスで、今回のようなケースでは認証できません」

これまで普通に使えてきたこと。ネットでハードウェア(今回の場合は USB 拡張基盤:使ってます)に付属してきたものであることなどを説明しましたが、不正とは言えないが、今回のようなケースでは認証できない。というものでした。困りました。ライセンスで引っかかるとは思っていませんでした。 Windows10 のマシンは毎日使うものではないのですが、使います。使えなくなると困ります。今回のアップデートも、使っているときにストレスを感じることから Update することにしたんですね。

とりあえず、購入した所に対応をお願いしようとしたのですが、購入した所に連絡が取れません。 Amazon さんのところから購入したのですが、 Amazon の中に店舗を持っていたショップが撤退してしまって連絡できなくなっているんですね。 Amazon さんにも連絡を入れましたが、多分ダメでしょう。

正規のライセンスを購入することになると思います。高いんですよね。 27K ぐらいだったと思います。参りました。


天才――賞賛するにあたらない。一種の精神病だ。

フローベル

頭のみのつもりが …

Windows10 を動かしている自作 PC ですが、 Celeron G3900 2.9MHz 2 コア /2 スレッドという CPU です。これではさすがに荷が重いので頭だけ交換するつもりでした。

「でした」でもうおわかりのように、交換する CPU を間違えました。動きません。 CPU だけの交換で済むほど簡単なものではないのですね。知識が浅かったと後悔しています。アイキャッチ画像を見てもらえばわかる通り、 i5 という CPU を購入してしまいました。正確に言うと、 i5 8400 です。チップセット Z390 などの新規格を必要とします。私の使っている Celeron はチップセットが古いのでマザーボードを流用できません。チップセットなんてのを知ったのはこの CPU を購入して、取り付け方法を忘れてしまったのでググったときですよ。

簡単に言うとマザーボードを流用できない。新規に購入しなければならないと言うことですね。ハードディスク・ SSD はそのまま流用できるでしょうが、メモリは DDR4 でしょ。 Celeron で使っているのは DDR3 ですよ。マザーボード・メモリは新しくしなければならないわけです。更に、電源が怪しい。もらった電源なのですが、ファンが全開で回ってうるさいのです。みると温度制御するようなことが書いてあるのですが、温度制御失敗して全開でファンを回している感じ。電源も交換かな。

と言うことで、パーツ揃えてほとんど新品の PC を作ることになりました。 CPU 買っちゃったからなぁ。こんなに構成を変えてしまうと Windows10 のライセンス認証通るんですかね。それも問題かもしれません。


真理とは、そのため人間が殺し合いをやるもの。

ハーバート・リード