「Windows」タグアーカイブ

マルチ OS 環境

ここに見えているのは iMac ・サブモニタ・ MacBook Air ですね。見えていませんが、他にも3種類の OS が動いている3台のマシンがあります。

サブモニタに映っているのは Raspberry Pi のデスクトップです。あまりデスクトップでの作業はしないんですが、映しておくことが多いですね。サーバーマシンとして、 Windows10 ・ FreeNAS ・ PeppermintOS のマシンがそれぞれあります。これらのマシンには SSH もしくは VNC でつなぐことが多いですね。

Windows10 と FreeNAS は自作 PC です。ゲームは一切やらないので、 Pentium/Celeron のマシンです。それぞれ十分満足しています。 Windows10 のマシンには Office365 をインストールしてありますが、年に一度か二度これらを使うことがあります。マクロがらみの案件で使うんですが、実機が必要になるんですよね。

PeppermintOS が動いているのは Mac mini2009 です。 2009 年製と言うことでもうアップルからはセキュリティアップデートは供給されません。それで軽量 Linux である PeppermintOS を入れています。これはベッドルームにあって、たまにデスクトップ環境をいじります。普段はサーバー機です。 iTunes さんの為に DAAP サーバーとしても使ってます。


説明はこれぐらいにして、環境が違うとルールみたいなのも違いますね。 Mac の場合、シェルに関しては UNIX そのままですので、 Linux とのルールの違いみたいなのは感じません。それが、 Windows10 になると話は違ってきますね。私、 Windows10 のシェル(端末?)を触ることは少ないです。ほとんどいじらないといってもいい。なので、 Windows10 特有のルールを知りません。 Windows10 はアプリを使う環境。そう割り切っています。

環境を同じもので統一すると深く知ることができるように思います。その点、私はダメですね。広く浅く。興味のフォーカスが一点に定まらない。あっちへ行ったりこっちへ来たりとふらふらしています。最近の流行は Raspberry Pi です。

いろんなところに出入りしていますので、広くいろんな知識を得なければやっていられません。その点はいいところかな。


複雑な問題の解答は、単純で、わかりやすく、間違っている。

ヘンリー・ルイス・メンケン

一太郎を購入した

私は Mac が好きで、基本的には Mac ユーザです。まぁ、仕事上では Windows を使うのですけど。 Linux も使いますが、 Windows は使用頻度で言うと最下位ですね。にもかかわらず、一太郎という Windows 専用ソフトを購入しました。

なぜか? 簡単に言うと Kindle の EPUB ファイルを作りたいというところです。もちろん手をかければ Mac でもできるのですが、手をかけたくない。その点一太郎さんは、標準でできると聞いたので導入しました。といっても、なんせそこは Windows のソフトですから、使い勝手がよく分からない。 Kindle 本でちょうどいいのも見つけたので、購入しようかなと思います。

Office365 を普段から使っていますので、その中にある MS-Word でもできるらしいのですが、 MS-Word は使いにくくって …  一太郎さんはどうなんでしょうね。まだインストールしたばかりなので、使い勝手はわかりません。でも購入した以上、使い倒してやろうと思っています。

何を書くのか? 内緒です(笑


粘り強くやろう。この世で粘り強さに代わるものはない

レイ クロック

KB4461627

私自身は被害を受けていなかったのですが、仕事場のパソコンが被害を受けました。何のことかと言いますと、 Windows のアップデートで Excel2010 が立ち上がらなくなるバグのことです。

「 Excel 2010 」の新元号対応パッチに起動不能や強制終了の不具合 ~すでに撤回済み - 窓の杜

私は Windows は専門でないのですが、1ユーザーとして使っています。で、ちょっとお粗末じゃないですか、自社のアップデートで自社のアプリが立ち上がらなくなる。チェックが不十分と言われても仕方ないと思います。百歩譲って、症状が出ているのが、最新版ではなく Excel2010 であるというところに妥協しても、やっぱりお粗末だと思います。 Microsoft のことを悪く言うつもりはありません。ただ、多いですよね。私だけでしょうか。多く感じるの。アップデートが頻繁であることはいいことだと私は思っていますが、アプリが立ち上がらなくなるというのはかなり致命的ですよ。

私の仕事場でも、年明けから Excel2010 が立ち上がらないというトラブルが出ていました。悲しいかな、職場でのパソコントラブル担当は私だったりするので、情報をあさっていたらマイクロソフトのアップデートでのトラブルの情報が出ており、まさにこれだ! となりました。

思わず、 Windows らしいなぁと思ってしまったのが、 KB4461627 という Update パッケージをアンインストールする方法が、 Microsoft 公認の解決法だと言うことです。パッケージをやたら小分けにして復元ポイントも用意してバグありき、で公開している(みたいにみえる)。私の好きなアップルでもバグはついて回りますよね。無いなんて言いません。あります。しかし、 1 度出したパッケージを撤回する方法をとることはないですね。対策バッチを公開するような方法が多いと思います。それに、アップルのパッケージの場合、撤回するのが難しいという特性もあるのかもしれませんね。どっちがいいとかという話ではないんですけど。

なんにしても、このバグには悩まされました。 Excel2010 の再インストールとかもやったりして、労力を返せって言いたいですね。


天使とは、美しい花をまき散らす者ではなく、苦悩する人のために戦う者です。

フロレンス・ナイチンゲール