localhostにインストールしたWordPressの設定をちょっとだけ変更

昨日の記事の続きです。WordPressの更新時にFTP情報が表示されます。いや、localhostなんですけど。何とかしたいと思い、ググってみたらありました。

WordPress更新時にFTP情報入力画面が表示される場合の対処方法3つ | sand a lot Web & Music Create [札幌]」 ここに書かれている対処法のうち2つめを適応させました。wp-config.php に 

を追加するという方法です。

* * *

この記事を書いているときにエラーが頻発して上記のようなへんてこりんな書き方になっています。コードのところ無理矢理画像にしているんですね。こうしないと、保存のときにエラーが出て保存できないんですよ。これはちょっと困りものです。

投稿時のエラー

自分が死んだら、白い花一輪とベートーベンの第九を聞かせて欲しい。他には何もなくていい。

棟方志功

PeppermintにWordPressをインストール

またPeppermint OSの話です。なんせ情報が少ないので、手探りですね。基本的にはUbuntuをベースにしているのでUbuntuの情報が役に立ちます。たくさんネット上の情報に助けられました。この場を借りてお礼申し上げます。

PeppermintにLAMP環境を整える

LAMPというのは、Linux、Apache、MySql、PHPの略ですね。これは知ってました。さて、基本「Ubuntu14.04にLAMP環境を導入する」を参照しているのですが、いかんせん情報が古く、PHP5シリーズを導入しています。それでは困るので、PHP7.2を導入します。Apache、MySqlは上記のリンクを参照しました。ただ、あとでMySqlで思いっきりはまります。

$ sudo apt-get install apache2 mysql-server

UbuntuにPHP7の環境をつくる」を参照してPHP7.2をインストールします。

$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php
$ sudo apt update
$ sudo apt install php7.2 php7.2-common php7.2-cli php7.2-fpm php7.2-mysql php7.2-dev php7.2-mbstring php7.2-zip

xdebug・composerのインストールと設定変更は、上記参照と言うことで飛ばします。ここまで順調ですね。

MySqlでドはまりする

MySqlのインストール時にパスワードを聞かれませんでした。最近のはそうらしいのですが、まずこれではまります。MySqlにログイン出来ません。まぁ情報はたくさんあるのですが、Peppermintにぴったりあうものがなかなかなかったのです。MySqlの設定ファイルを修正しては再度チャレンジ。また修正しては、再度チャレンジの繰り返し。

MySqlにログインしようとしても、rootユーザーのパスワードがわかりません。設定してないのでnullでいけるかと思いきやそうでもない。そこでパスワードリセットをかけます。「Mysqlで「Access denied for user ‘root’@’localhost’ (using password: NO)」 – ITの隊長のブログ」この方法でとりあえずパスワードをリセットして設定します。

次も難関

とりあえずMySqlにログイン出来るようになりましたが、phpMyAdminをインストールしたところ、こちらでもエラーが出続けました。まず出たのは「sqlサーバーにログイン出来ません」というエラー。これは設定ファイルに、ホストのIPアドレスを指定してやることで何とか回避。「PHP – phpMyAdminで#2002 MySQL サーバにログインできません が出ます(46966)|teratail」参照させて頂きました。

簡単に書きましたが、半日あっちをいじり、こっちをいじりしていました。もっと詳細に書きたかったのですが、もう訳がわからなくなってます。もう一度やれと言われてやる自信ないですね。アイキャッチ画像はようやくたどり着いたWordPressの最初の画面です。長かった。


神が我々に絶望を送るのは、我々を殺すためではなく、我々の中に新しい生命を呼び覚ますためである。

へルマン・ヘッセ

iPhoneXS購入しました

手元にあったのがコーラの缶なんです。これでもぼけ写真がしっかり出来てますね。

iPhone5SからiPhoneXSへ何世代なんでしょうね。5S君はよく頑張ってくれました。iPhoneXSのファースト・インプレッションです。

一回り大きいけどあまり感じない

iPhone5SからXSですので大きさは感じます。一回り二回り大きいのですが、薄さが相まって大きさは思っていたより感じないですね。XS Maxだと「デカ!」と感じるかもしれません。

それ以上に、側面のラウンド・フォルムが気になります。5Sの角張ったフォルムになれていたので、XSのラウンド・フォルムは滑ってしまいそうで怖い。基本的には裸族なんですが、ケース購入を考えています。どんなケースがいいんでしょうね。あまり厚いケースだとApple Payが効かなくなると思うので考え物です。

Face ID便利

実はFace IDには不安感も持っていたんです。でも使ってみると便利だ。もう圧倒的に便利です。Touch IDには戻れないです。

最初、Face IDの設定で少し上の方を見ろとか、もう一回やるぞ。とか設定の時間がかかりました。私だけかな? その時点でFace ID失敗だったかなぁ。安くなったiPhone8にしておけば良かったかなぁ。と思っていたんですね。ところがいったんOKが出た後は、便利です。これは使ってみないとわからないですね。顔が似ているという父がFace IDしてみてももちろんですが通りません。私だけです。マスクもかけないし、よほどのことがない限り大丈夫そうですね。素晴らしい!

画面綺麗、特にコントラストが素晴らしい

Face IDになったおかげで全面がOLEDディスプレイになってますね。これ綺麗ですわ。最初起動のときに、こんな画面が出るのですが、

写真でも浮かび上がってるみたいに見えるでしょ。実際にはホントにそう思えるほどコントラストがはっきりしているんですね。白は白。黒は黒。当たり前ですけど、こんなにはっきりしていると驚くもんですね。

ユーザーインターフェースも自然

ホームボタンがなくなって、スワイプでその代わりをする。これも不安に思っていたことの1つだったのですが、案外すんなりいけましたね。ホームに戻る操作(最下部からスワイプ)も、アプリケーション・スイッチャーも自然な操作で、あまり不自然な操作ではないのでなれてしまいます。

私は、事前に操作を予習しておらず、マニュアルも読みませんでしたが、最初の起動のときにホーム・スワイプやアプリケーション・スイッチャーの説明が動画で表示されてスムーズに移行できました。楽ですね。もともとアップルの作ったユーザーインターフェースになれていたというせいもあるのでしょうが、ホント自然になじみました。まだ1日しか使っていませんが、不都合はありません

総じて長く使えると思います

単価としたら高い買い物ですが、最低でも3年。長ければ5〜6年使えるんじゃないでしょうか。前のiPhone5Sも5〜6年使ったことになると思います。同じですね。AppleCareプログラムが終わっても修理して使えるのかどうかは(修理の値段次第ですね)わかりませんが、そのつもりにしています。

ファースト・インプレッションは上々の感じ。さて使っていっての不具合はあるでしょうか。


学問には平坦な大道はありません。そして、学問の険しい坂道をよじ登る労苦を厭わない者にのみ、その明るい頂上にたどり着く見込みがあるのです。

マルクス

WordCamp体験記総括

総括って大げさに書きましたが、まとめです。セッション以外のところを書きたいと思います。

朝は傘が必要な雨が降っていました。蒸し暑くなりそうなのはわかっていたのに、汗っかきの私はタオルをホテルに忘れてきました。いやぁ、最初は汗だくでしたよ。エレベーターを上がってのエレベーターホールが一時的な控えになっていたのですが、受付が遅れてどんどん人が入ってくるという状況でホールは大混雑になってました。少しこの辺整理して欲しかったなぁ。

受付が開始されても結構列は伸びていましたので、受付の体制も少しよろしくなかったのかな。まぁ、多くの人数をさばくのは大変なのはわかります。受付のスタッフの皆さんご苦労様でした。

受付が終わるとスポンサーブースがあったので混雑してましたが、サラッと一回り。ここは多分いつも混雑していたんでしょうね。

時間が近づいてきたので、さっさとセッション会場へ移動しましたが、その時点でも受付は混んでいました。セッション会場入り口には立て看板がありましたが、A〜Hぐらいまであったセッション会場の位置関係がよく分からず、最初はあっちへふらふら、こっちへふらふらと移動してました。

お昼休みはいっせいに皆さんご飯を食べたりするため、わぷーカフェなどは大混雑。私は少し早めにご飯食べていたので良かったのですが、お弁当をもらっても食べるところがなくてうろうろしている人何人か見ました。


ちょっと厳しいこと書いたかもしれませんが、総じて運営は良かったと思います。これがボランティアとして運営されているというのは驚きでした。スタッフの皆さんも数が多く、いろんなところで先んじて動いていました。統率も取れていて素晴らしいできだったと思います。

私は先着300名(500名?)に入っていたためお弁当をもらいましたが、無料ですよ。これだけ大きなイベントを2,000円で運営できるというのは相当なものだと思います。外国からきたスピーカーの人には、飛行機代ぐらい出したのでしょうし、ホント2,000円で運営して赤が出ないのは驚異的だと思います。


いろんなセッションを聴きましたが、自分がまだまだ知らない世界が多く、大いに刺激を受けました。来年も参加したいと思います。素晴らしいWordPressコミュニティにありがとうを言いたいです。


重く散って 軽く掃かるる 一葉かな

厳谷小波

WordCamp体験記(6)

いよいよ最終盤ですね。最後の1コマです。これも面白かった。

サーバー各社が勢揃い!ホスティングの立場からの WordPress への貢献と協力」WordPressホスティングコミュニティさん。ホスティングコミュニティって何? 要するにサーバーを提供している会社さんの集まりで、この日は三社集まりました。WordPressのコアコミューターからβ版を送ってもらい、私たちが実際に使っているサーバー上でテストを行う。考えてみればかなり画期的なことをサラッと言ってのけるところが格好いいです。

Xserver、さくらインターネット、GMOベパボさんが登壇されていたのですが、最後に、

  • WAFをONにしよう!
  • PHPのバージョンを上げよう(7にしよう)!
  • WordPressのバージョンを上げよう(最新版にしよう)!

ということを三社ともに訴えていました。WAFってのはいわばファイアーウォールですね。PHPもいまだにv5のサポートが必要になるって言うのはベンダーさんにしてみればツラいんでしょうね。もちろんセキュリティの面からも上げた方がいいと思います。WordPressを最新版に、はこれまたセキュリティの面から大事なことですよね。

これも約40分の時間を割いて行っていましたが、もっと聴きたかったです。コマ割りの関係で40分〜45分が限界なんでしょうけど、もう少し長いセッションがあってもいいのではないかと思っています。いずれにしても、これも面白かった、また聴きたいです。


自分の運命を甘受せよ。あらゆる面で一位に立つことはできない。

イソップ

WordCamp体験記(5)

さて、結果から言ってしまうと一番面白かったセッションが最終盤2つのところに来るのですが、実は体調が悪くなってくるのと同じくしてしまったのですね。ちょっとこれからはツラかったです。

アクセス解析で WordPress サイトをぐるぐる成長させよう」小杉 聖さん。ぐるぐるの意味がよく分かっていなかったのですが、話を聞いてなるほどと思いました。時間もないようもぴったりでして、登壇者としても素晴らしい出来だったのではないでしょうか。面白かったですね。

内容の詳細を書くのは「どうかなぁ」と思うので、一番感じたことだけ書きますが、ホームページを運営するに当たり、いろんな目的があって書いているんだと思うわけですよ。そこには何とか営利目的のcacheポイントを見いだせないかと思う人もいるでしょうし、賛同してくれる仲間を増やしたいと思っている人もいると思うのです。いろんな目的があって、もちろんいいわけですよね。何ら問題ない。ただ、その目的がより明確になってないと(小杉さんの言葉を借りれば「戦略」)その後のぐるぐるも全く意味をなさない。てか、意味がない。

これね、ズシンときましたよ。私戦略なんて持ってないもん。ちょっと時間をある程度割いて、戦略会議を(一人だけど)やらないといけないな。ホントそう強く思ったのです。

とっても面白いセッションでした。実は、ホントにこの頃からぐるぐるし始めてまして、最終盤はツラかったです。小杉さん、また長岡で会いましょう。


失敗とは、よりよい方法で再挑戦するいい機会である。

ヘンリー・フォード

WordCamp体験記(4)

午後からのセッションは、正直疲れました。午前中は緊張していてよく分かりませんでしたが、午後になって緊張がほぐれて来たため体調が変わってきた感じですね。

今日からできる、人生を変えるブログの作りかた」吉良 光さん、なんかこうタイトルだけ見て飛び込んだんですが、ちょっと違いましたね。吉良さんが悪いわけではなくって、私の思い込みがいけなかったんです。人生を変えるブログって何? ってところですよね。人生を変えるブログではなく、人生を変えるためにブログを使っていこうじゃないの! ってことでした。

もちろん得るところは少なくなかったので、面白かったと言えると思います。SXO (Search Experience Optimization)なんて言葉知りませんでしたもの。吉良さんも言ってましたが、WordPressのイベントなのにTwitterの使い方の比重が高くなってしまったってのは制限時間の問題ですね。

まぁ、こんな記事書いてるうちは人生変わりませんな。Twitter放置状態なんだけど、使っていこうかな。確かに爆発力は一番ありそうですもんね。なんか変なところで興味わいてきた。Twitterとの連携やってみますね。それだけでも聞いた価値があるってところでしょうか。


「お人形が欲しくて教会本部に手紙を書いたら、慈善箱には松葉杖が入っていたの」「お人形が欲しいのに松葉杖をもらっても、うれしいことはないでしょう」「私も最初はそう思ったの。でもね、あるのよ。パパから教わってわかったの。ほら、松葉杖を使わなくてもいいのは、うれしいことじゃない?」

少女ポリアンナより

AMPプラグインの設定

すぐ忘れてしまうので、メモ代わりに書いておきます。AMPプラグインのアナリティクス設定です。

AMPプラグインには「General」と「Analytics」という2つの設定サブメニューがありまして、アナリティクスの方ですね。こちらにTypeとID(これグレーアウトされていて入力できません)。そしてJSON Configurationという入力欄があります。ここの入力がわかっておらず、空欄にしたまま使っていました。アナリティクスには当然、AMP表示されていたとしてもデータが残っていないものと思われます。

本題です。Type欄には「googleanalytics」JSON Configurationには、

{
  "vars":{
    "account":"UA-XXXXXXXX-Y"
  },
  "triggers":{
    "trackPageview":{
      "on":"visible",
      "request":"pageview"
    }
  }
}

UA-XXXXXXXX-Yの部分は各自のIDを入力します。

これでOKです。後は数日でアナリティクスの方に反映されてくるはずです。

参考にしたのはこのページ「WordPress AMPプラグインを使って サイトをAMP対応にする – ねんでぶろぐ」。ただし読み解くのは結構難しかったです。


原則にしがみつくのは、それを実地に試してみないあいだだけのことです。いったん試してみれば、人はそんなものは農夫がスリッパを投げ出すようにすてて、生まれたままの素足の走りごこちを喜ぶのです。

ビスマルク

WordCamp体験記(3)

午後からのセッションです。お弁当食べて、わぷーカフェでまったりして(混んでたけど)眠くなってきたところでの座学はなかなかツラいものがあります。しかし、負けずに會澤頑張ります。

Google 検索最新情報 2018!新しい Search Console の活用法」金谷 武明さん。これ難しいかもしれないなぁ。でも知りたいところだよなぁ。という葛藤の中で受けたセッションです。Googleの金谷さんということで、内容はしっかり固め。でも面白かったですね。

話としては、AMP、現在のv0.7xなどよりも数段進んだv1.0(まだβ版)の話や、

AMP プロジェクトは、誰にとっても利用しやすいウェブを実現することを目的としたオープンソースの取り組みです。AMP を導入すれば、端末や配信プラットフォームの種類を問わず、いつでも高速で美しく、パフォーマンスに優れたウェブサイトや広告を作成できるようになります。

Accelerated Mobile Pages Project – AMP

https セキュア接続のお話を枕にして、アナリティクスやサーチコンソールの話に入っていきますが、私正直話半分ぐらいしか理解できていません。メモを取っていたノートにもクエスチョンマークがいくつも…

SEOに関しては初心者ぶりを発揮してしまった私でした。このセッションもう一度聞きたい。機会があったらまたお願いします。


人生では計算ができる必要がある

ポール ジャン トゥーレ

iMac不調

ほったらかしにしておくとMacはすねてしまいます。新しいMacを勝ったときなど、古いヤツが不調になることは経験しています。ですが、今回は何にもないですぞ。iMacさん、ちょっと不調です。

WordCampで家を空けていたら、iMacがなんか不調です。それにつられてルーターまで不調になってしまいました。メインのマシンが不調になると、調子悪いですね。

iMac君なんですが、少し目を離すとリスタートしていたり、再起動しないといけない状態になっていたりして不調です。色々調べてみたのですが、なんかおかしい。今も、操作中に固まって、強制終了しなければならなくなりました。

おかしいのはルーターにも飛び火して、突如インターネット接続が切れてしまう状態に。これも強制再起動(電源OFFの後再度ON)して様子見しています。私のMacライフには(私だけじゃないでしょうけど)インターネット接続が欠かせないので、調子戻ってくれるとうれしいです。っていうか戻ってくれないと困ります。

iMacの方はログを見ると入力待ちがハングしているっぽいです。どこが悪いのかいまいちつかめていないのですが、とりあえず今は大丈夫そうなので、ルーター共々様子見にしておきます。良くなってくれよ。


勇気とは、恐ろしくて半分死にそうになっている時でさえ、その場に必要な行動が取れる能力である

オーマー ブラッドリー