「Raspberry Pi」カテゴリーアーカイブ

グラビアアイドル・サイネージ

7 インチの液晶を Raspberry Pi zero W でドライブして、グラビアアイドルが延々と出てくるホームサイネージを作って運用しています。グラビアアイドルの写真は、ネットでたくさん出てますね。ごっそりダウンロードしてローカルファイルにしています。

で、写真の枚数もかなりになって、フォルダ分けしてあります。更に、そのフォルダもかなりの数になっています。

1 日に表示する写真は、フォルダ単位でシャッフルして 1 日ごとに更新するようにしました。少し前のエントリーで上げた、外付け HDD から起動出来ないというのは、まさにこのシャッフル・プログラムです。 1 日 1 回深夜に立ち上がってフォルダ単位でシャッフルして作業フォルダ内に保存フォルダ内の画像ファイルを展開する。そんなことをしています。

この液晶、安かった割に発色も良く、満足しています。ただ、写真でもわかるかもしれませんが、コードがあっちこっちに生えていて見た目がよろしくありません。このコードを隠す意味でも、フレームを自作しようと思っているのですが、そういうことには疎いので二の足を踏んでいます。

液晶にスピーカーがついているのがわかるかもしれませんね。 HDMI から音声を出力出来そうなのですが、 Raspberry Pi でその辺どうやってドライブすれば良いのかわかりません。そこも課題かな。

こんな感じで、表されます。何秒に設定していたか忘れてしまいましたが、設定された時間になるとエフェクトなしで画像が切り替わります。

液晶を固定する方法も四隅についていた穴にリングを通し、天井からワイヤーでつるす。と言う方法です。パソコンからは、ほんの少し離れてしまうので、それも改善点かな。

と言うことで、ホームサイネージを紹介しました。課題はまだ山積しているんですが、到達点としては良いところまで行っているので満足しています。

プログラムは行き当たりばったりで作っているので、とてもここには出せません。フレームができたら完成ですかね。


たかがわが一生、されどわが人生

菅谷昭

Raspberry Pi 4B 使い勝手

写真は Amazon さんで購入した Fan 付きのケースに収めた 4B です。表面に張ってある保護シールが剥がれづらかったので、なんと剥がずに使っています ( ズボラですね ) 。

別の用途に購入していた SSD をつないで、こちらにシステムとホームを移してあります。基本 SSH 接続で使っているのですが、サブモニタを切り替えれば 4B のデスクトップが表示されるようにしています。そのデスクトップ上での使い勝手を報告しますね。

Office ソフトの使い勝手

まず、フォントと ibus-mozc をインストールします。

sudo apt-get install ibus-mozc fonts-noto

私は LibreOffice をインストールして使ってみましたが全く問題ないですね。動作もキビキビしていてもたつくところはありませんでした。もっとも、 3B+ に関しても Office ソフトは問題なく使えましたから、 4B で使えないという道理はありませんね。

私があまりデスクトップ環境で作業しないせいもあるのですが、なんか日本語環境がおかしいんですよね。 ibus-mozc の環境がおかしいのかもしれませんね。候補が変なところに出てくるんです。なので「一応」入力ができると。ちなみに、 LibreOffice のメニューが英語ですが次のコマンドを入れると日本語になります。

sudo apt-get install libreoffice-l10-ja

YouTube の閲覧は?

さて、ネットワークも早くなったということで、フルスクリーンでの YouTube 閲覧はどうかやってみました。これも問題ありませんね。あんまり負荷をかけるようなソフトを思いつかないので、 BOINC をインストールしてみました。 BOINC というのは、パソコンの使っていないときのパワーを科学計算などで役立てようというもので、宇宙人からの通信電波を探すというプロジェクトが有名だったりします。私はひねくれ者なので Einstein@home というプロジェクトに参加しています。で、 BOINC にはマシンパワーの何パーセントを割り当てるかという設定があるのですが、あえて 100 % BOINC に割り当てた状態で YouTube を閲覧してみます。

上の写真は BOINC100 %設定での YouTube1080p の閲覧状態を撮したものです。キャプチャー環境を作るのが面倒だったので静止画ですが、結論から言うと立ち上がりこそもたつきますが、いったん再生してしまえば全く問題ありませんでした。

まぁ、実を言うと BOINC が優秀で、 YouTube の再生に合わせてパワーを割いてくれていたようです。それでも同じ環境で、 3B+ は再生にもたつきを見せていただけに、パワーに余裕があるんだろうなという感想です。

同じ環境下でのケースに入れない状態だと 4B の温度は先日のベンチマークを取ったときと同じく 70 ℃越えの値を示していました。今回 Fan 付きのケースに入れてみると、 60 ℃に届かない。 Fan の効果は絶大でした。

普段使いのパソコンの代用になるか

もったいつけてもしょうがないので、結論から言うと Office ソフトを使ったり、 YouTube を見たりというような使い方なら下手なパソコンを購入するよりも良いかもしれないなぁと思います。もちろん、動画を編集するんだ。というような使い方は×です。パワーに余裕があるとは言え、動画編集なんぞというパワーはありません。

私は Linux パソコンとして使っています。 SSH で画面を表示せず、簡単なプログラムを書いてコンパイルするとかそういう使い方をしています。そういう使い方においても 3B+ 以上の性能を見せています。

普段使いのパソコンの代用になるかと言われれば、ちょっと以前 (5 〜 6 年前の ) パソコンの代用ならできるんじゃないかなと考えます。何せ小さいですからね。スケールファクタ抜群ですよね。

ちょっと不安事項

で、この記事を書いている最中に、気になることを見つけました。私の使っている SSD は USB のバスパワーで動いています。その他には Ethernet ケーブルとマウス / キーボード用のドングル。 microHDMI 。今はこれだけです。

にもかかわらず、画面の右上にチラチラと稲妻マークが表示されているじゃありませんか。電源には 3A のアダプタを使ってます。それでも電力が不足気味ということになりますね。もっと余裕のあるアダプタを使わなければならないんでしょうか? ちょっと不安になってきた。


「オレのCDはお金と引き換えにお渡ししますよ」

高田純次

OpenMediaVault が壊れた

なんか応答がないなぁと思っていたら、 Raspberry Pi 3B+ で運用していた OpenMediaVault のシステムが死んでいました。

Raspberry Pi 4 を購入したら、 Raspberry Pi 3B+ で運用していた OpenMediaVault のシステムが壊れました。 4 ばっかりいじっていたためでしょうか? 焼き餅焼いたかなぁ。バックアップはあるものの、中に入っていたファイル共々アクセス不能になっていました。いつからかわかりません。

HDD をつないであったのですが、マウントすらしていませんでした。仕方ないので別のシステムにつないで当面必要なファイルを読み出しました。なんで壊れてしまったのかわかりませんが、 SD カードの寿命だった可能性があります。 HDD の方は特に読み書きに問題はありませんでした。

SSH で接続すると、接続できたりできなかったり安定していませんでしたし、接続できても突然接続が切れたりと非常に不安定でした。 iMac にマウントしていたボリュームは容量が 0 と表示されており、書き込んであったファイルも見えませんでした。

別の SD カードにもう一度 OpenMediaVault のシステムを書き込んで立ち上げたのですが、すっかり使い方を忘れておりいっそ別のシステムに使用と考えています。特にこのシステムが必須というわけでもありませんし。 Raspberry Pi 3B+ で何かしてみようと思ってこのシステムを立ち上げたまま、大した運用もしていませんでした。つまり必要ないってことですね。

Raspberry Pi 3B+ は無線がなぜかつながらない ( 他の機能は問題なし ) 筐体と、このシステムの筐体の 2 つを所有しています。さて、この 2 つなんに使いましょうかね。いろんな実験用に使ってきましたので、この上で動く他の OS なんかを動かしてみようと思います。


ひょっとしたら、もともと歪んでいたものを、歪んでないと認識するようになるのかもしれませんよ。南無

桔梗 (@kikyousan)

Raspberry Pi ファースト・インプレッション ( ベンチマーク追記編 )

昨日行ったベンチマークですが、 3B+ と比較すると 11 %の性能アップでしかなかったのは納得できなかったので、環境を変えてみました。

このテストにはファイルコピーを行うテストがあり、 SD カードの読み書き速度が足を引っ張っているように思ったのです。そこで、通常環境 (SD カード ) の Raspberry Pi 4 と起動及びデータディスクを SSD にした高速版との速度比較を実施してみました。さて今回の結果はどうなったでしょう。

SD カードと SSD というちょっと販促技のような比較ではありますが、こんな感じになりました。参考値として Raspberry Pi zero W を乗せています。

なんと変化なし! 私はてっきり SD カードの読み書き速度がベンチマークの遅さの原因と思っていたのですが、そうではないようです。う〜ん、 11 %の性能アップですか。微妙ですね。もっとも、このベンチマークではそうだったというだけで、実際は違うかもしれません。

使った SSD は、早いタイプのものではありませんが、 USB3.0 の速度は出ます。 SSD が悪いとか相性が良くないとかいう問題ではないと思います。ちなみに SSD からの起動に関してはネット上に沢山情報が載ってますね。私は、ブートローダを SD カードに置いておいてシステムを SSD に移しましたが、 SSD に全て ( ブートローダも含めて ) 移行する方法も載っていましたので、そちらでもやってみます。


貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。

ジャン・パウル

Raspberry Pi 4 ファースト・インプレッション ( ベンチマーク編 )

これまで使ってきた 3B と 4 がどのぐらい違うのか。また、通常使っているマシンとどのぐらい性能差があるのか。測定してみました。

UnixBench v5.1.3 を使って比較してみた

使ってみたベンチマークソフトは UnixBench v5.1.3 です。参考までに実行方法を記録しておきます。

git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench
cd byte-unixbench/UnixBench
./Run

ランさせるといくつかのテストを連続で行います。かなり時間がかかりますので、ゆっくり待ちましょう。今回は、 Raspberry Pi zero W/Raspberry Pi 3B+/Raspberry Pi 4/i3 6100@3.70GHz/Core2Duo@2.0GHz の 5 つを比較してみます。テストはいろんな項目があるのですが、このうちファイルコピーに関する項目は i3/C2D が SSD が対象ということで比較参考になりません。ただ、 zero W/3B+/4 の比較には使えると思いますので、そのまま記載しますね。

我が家にある CPU のうち、非力なものに属する 2 つを選択しました。 iMac と比較しても仕方ありませんしね。 i3 は自作 PC 。 C2D は Mac mini です。 OS はそれぞれ Kubuntu/Peppermint10 と異なりますが、バックグラウンド・アプリを切った状態で行っています。 Raspberry Pi 3 種類に関しても、バックグラウンド・アプリは切っています。

ベンチ結果

グラフにすると左のようになりました。当然というか当たり前というか i3 が突出した値を示しています。このグラフでは性能差がわかりにくいので、 Raspberry Pi zero W を 1 としたときのメニーコア数値を次に示します。

機種比較 
Raspberry Pi zero W1
Raspberry Pi 3B+2.70
Raspberry Pi 4B2.99
i3 6100@3.70GHz13.40
Core 2 Duo@2.0GHz6.29

zero W と比較して 4B は約 3 倍の性能。 3B+ と比較するとこのテストにおいては 11 %の性能アップ。となります。コア数が違いますが、 Core 2 Duo のシステムと比較しても 50 %程度の性能がありますね。一般的な用途なら全く問題ないレベルだと思います。

テストのまとめ

ただ、懸念材料が無いわけではなく、テスト中の発熱が最大で 79 ℃に達しました。「 No, your Raspberry Pi 3 won’t overheat in everyday use, says its creator | ZDNet 」こちらの記事では 80 ℃に達するとサーマルスロットリングが作動し、 85 ℃に達すると動作周波数が約 1/2 になって温度上昇を防ぐ仕組みが説明されています (3B+ についてです ) 。どちらかというと軽い負荷のテストですので、サーマルスロットリングには達しないかと思いきや、ギリギリの値でしたね。もしかすると作動していたのかもしれません。

ヒートシンクをつけていない裸の状態でこれですので、ヒートシンクもしくは fan が必要と思われます。実際に Office ソフト程度なら全く問題ないレベルと思われますが、実際の使い勝手については、次回に回させていただきます。さて、ファン付きのケースは国内ではあまり見当たりませんので、時間がかかっても中華通販を利用するか。さもなければ、ファン付きケースの国内発売を待つか。微妙ですね。

追記:データの詳細について「 UnixBench Results 」こちらに公開しておきます。


人間は留まることを知らぬ旅人だ

氏名不詳

Raspberry Pi 4 到着!

昨日、 USB-C/3A のアダプタと micro HDMI ケーブルは到着済み。我が家に転がっている microSD に OS を書き込んで、有線 LAN をつなげれば準備 OK !

まだ電源を入れていないのです。 RS コンポーネンツさんから届いただけ。まるでお弁当箱のような箱に入って届きました。電源周りと I/O インターフェース周りが一新されて新しくなっています。なんでも発熱の問題があるという話ですので、その辺も含めてチェックしていこうと思います。

中国から以前購入した Raspberry Pi 用のヒートシンクが転がっているはずなので、それをつけてみようと思います。

実は、使い道としてはまだ全く未定です。とにかく新しいもの大好きな私なのです。さて、なんに使おうかな。ちょっとしたノートパソコン波のパフォーマンスだという話。本当だったらただ転がしておくのはもったいないですもんね。

ということで、 Raspberry Pi 4 到着の一報でした。


冬が来てゐる木ぎれ竹ぎれ

種田山頭火
photo by PC watch

Raspberry Pi 4 技適適応モデル発売 また購入してしまった

この記事を読んで気がついたら購入していました。「技適対応の「 Raspberry Pi 4 Model B 4GB 版」が発売 - PC Watch 」国内在庫あり、通常1営業日でお届けです。

このモデルからずいぶん変わりました。

  • 電源が USB-C/3A に変更
  • ディスプレイが 2 系統、 Micro HTMI に変更 
  • USB ポートが 3.0×2 、 2.0×2 に変更 
  • Ethernet が正規の Gigabit 速度を出せるようになった 
  • CPU/GPU が刷新されて早くなった

メモリも 1/2/4GB から選択できるようになりました。なったんですが、今回発売されたのは 4GB モデルのみです。スイッチサイエンスさんが先月ぐらいに技適適応モデルはもう少しかかる。というようなブログを上げていたので、来年になるのかな? と思っていたのですが、 RS コンポーネンツさんから出ましたね。

スイッチサイエンスさんはこれまでもずいぶん利用させてもらっていたので、スイッチサイエンスさんから出るなら、購入したと思うのです。しかし今回は RS コンポーネンツさんからということで、こちらを先に購入させてもらうことにした次第です。ワクワクしてます。

しかし、我が家には 2 台の Raspberry Pi 3+ 、 2 台の Raspberry Pi zero W があります。なんと 5 台目です。一台あたり数千円で購入できるという安さもさることながら、やはり小さいというのは大きいです。机の上に乗りますもんね。

電源とディスプレイが既存のものを使えないので、新たに Amazon さんから購入しました。ぜんぶ合わせると 1 万円強といったところでしょうか。今週中には届くでしょうから、セットアップなども記事にしたいと思います。


マスクをしている訳は分るな。私は過去を捨てたのだよ

シャア=アズナブル

泥縄の対策

泥棒を捕らえて縄を綯う。まさにそう言うことになってます。決して真似しないように。

ことの始まりは、 Raspberry Pi のカメラの問題になります。純正のカメラモジュールがどうしても私の環境ではエラーを吐きます。原因を追及しても時々うまくいき、また時々うまくいかない。全く一貫性がありません。テスト段階でうまくいっていたのに、実際の運用をしようとするとエラーが起きてダメ。そんなこんなであきらめていました。

しかし、たまたま海外 ( 中華 ) の通販サイトを見ていたら、 USB カメラが 480 円で売っていました。送料込みです。チャイナポストですけどね。で、このカメラを使えば純正のカメラモジュールを使わずにうまくいくのではないか? そう思ってポチったんですね。

2 週間ぐらいして、品物が届きました。 fswebcam というソフトウェアをインストールするように指示されていたので、早速試してみます。試してみたのですが、 OS の方が新しくて依存関係のライブラリがインストールできません。ライブラリの方が古いンですね。

少し前まで Stretch というバージョンの Raspberry Pi OS がホームページにあったのですが、バージョンアップされて Buster というバージョンに変わっています。昔のバージョンを探しても見つかりません。昔の Stretch バージョンのありか知ってたら教えてください。見つけました。 Index of /pub/raspberrypi/raspbian/images

Raspberry Pi のホームページに Stretch のバージョンがあるのでダウンロードしてみたのですが、これ、 Raspberry Pi 用ではなく Mac などの仮想環境で動かせるものだったのです。 Raspberry Pi で動かそうと思ったけど動かなかった。ものは試しに、このバージョンで fswebcam をインストールして撮影したのが、

ちゃんと動作してますね。

これ Raspberry Pi で動かないと意味ないんですけど。 iMac 上のパラレルズではちゃんと動作します。順番がぐちゃぐちゃですね。カメラ買う前に確認しろよ!

あ、ちなみにカメラの画質は価格相応です ( 苦笑


たとえ世界が滅ぶとも、正義は遂げよ。

フェルディナンド一世

解像度が違う?

先日来、色々やってたホームサイネージですが、画像が適正に表示されないという問題を抱えていました。やっと解決です。

説明書の解像度に関する記載

液晶ディスプレイの解説書や説明にも 1024×600( 私は縦置きで表示させているので、 600×1024) の解像度と記載があります。しかし、どうも使っている Python ライブラリの pygame はそうは思っていないっぽいのです。

大きい画像を縮小したり拡大させたりするオーバーヘッドをなくすため、あらかじめ 600×1024 サイズに変更してサイネージの表示用としていました。ソースコードや pygame の説明を読んでみてもボーダーが表示される理由がわからなかったのです。

しかし、もしかしたら解像度を違った数字で認識しているんじゃないかと思い、テストしてみるとビンゴでした。解像度は 768×1366 でした。このサイズでリサイズして表示させてみるとフルサイズで表示してくれます。冒頭の写真は上下にまだ余白がありますが、写真と液晶の縦横比が異なるためで、これは仕方がありません。全ての写真は 768px の横幅にリサイズしてありますので、最大の大きさで表示してくれていることになります。

しかし、説明書にも書かれているのに実際の解像度がそれを上回るというのはどういうことなんでしょうね。 pygame ライブラリだけの問題なのか、ホントにその解像度なのか。とりあえず目的は達成できたので、それ以上の深追いはやめておきます。


天が我が肉体を苦しめるならば、我は精神を安楽にして肉体の苦しみを補う。天が我が境遇を行き詰まらせるならば、我は我が道を高尚にして貫き通す。

洪子「菜根譚」

液晶を縦にしてみた

前回の投稿で紹介した、ホームサイネージですが、縦長の画像が多いことから液晶そのものを縦置きにしてみました。

縦置きにするには、設定を変えてやる必要がありますが、これは簡単。

# /boot/config.txt を編集
sudo nano /boot/config.txt

# 末尾に以下の設定を追加
display_rotate=1

# 0 = 0°、1=90°、2=180°、3=270°

購入した 7inch の HDMI ディスプレイは 4 隅に固定用の穴が開いているので吊り下げるためのリングをつけて縦置き完成です。後は、画像ファイルの大きさを 1024×600 から 600×1024 に最適化すれば完成になります。これでも画像の周りに黒のフレームが発生していてあまり面白くないのですが、この縁取りはなぜか消えません。

そして謎のエラーが発生するようになっています。全ての画像ファイルは JPEG フォーマットなのですが、表示に使っている pygame ライブラリがアンサポーテッドフォーマットのエラーを吐く場合があります。どのファイルが問題なのか、ログにそのときのファイル名を書き込むようにしてみました。ところが、その後からそのエラーが消え代わりに Underrun エラーが! エー、何でぇ? って感じです。なんか私間違ったことしてるんでしょうかね。

エラーを吐く以外は、問題なく使えているので、このまま使ってみます。フレームの問題はボチボチやっていきますね。


愛してその人を得ることは最上である。愛してその人を失うことはその次によい

ウィリアム メークピース サッカリ