「iMac」タグアーカイブ

体感速度は iMac が上だけど

シネベンチ R20 を私の iMac と自作の i5 で動かしてみました。体感速度的には iMac が上なんですが、 CPU で比較するとほぼ同じという結果になりました。

自作 i5
iMac

自作 PC の方が 1833pts 、 iMac の方が 1854pts 。ほとんど誤差の範囲内です。先ほども書きましたが、体感では iMac が上なんですね。なので少し意外な結果でした。

よくよく考えてみれば、 iMac の方は i7 7700(4cores/8threads) 、自作の方は i5 8400(6cores/6threads) 。 CPU の世代としては自作の方が一世代新しく、コア数も増えています ( スレッドは iMac の方が上ですけど ) 。以外だったので、自作の方はもう一度やってみたのですが、 1857pts と iMac を上回ってしまいました。まぁ、この辺は誤差ですね。

CPU 性能としてはほとんど同じということになったのですが、 OS が違いますよね。 OS に対する慣れの問題もありそうです。 macOS の方が私にとって身近な存在ですから、体感が変わって感じられるのかもしれませんね。最近では 2 台を並べて使っています。 iMac がメインであることは変わらないのですが、 Windows10 の方が便利な部分もありますのでメイン・サブの差は小さくなってきているかもしれませんね。


大半の聴衆が興味を抱くのは、音楽ではなく音楽家である

ローラン

HomePod と iMac

新しい macOS では iTunes が機能ごとに分離しますが、多分この機能は残るだろうなぁ。冒頭の写真ではわかりにくいかもしれませんが、 HomePod と iMac で同じ楽曲を再生させることができるんですね。

iTunes では再生するスピーカーを選択できます。通常は内蔵スピーカーになっているかと思いますが、 AirPlay という機能に対応したスピーカーに音を飛ばすことができます。 HomePod にも当然のように飛ばせます。で、内蔵スピーカーと HomePod 両方にチェック入れることもできるようですね。

両方にチェックを入れると同じ楽曲を再生させることができます。 iMac の内蔵スピーカーもそこそこいい音を出すのですが、低音はダメです。抜けてしまいます。 HomePod はステレオ感にやや欠けるところはありますが、低音はしっかりしています。両者のいいところをお互いに補い合うような形で、とても快適な音が出ます。

一台の HomePod でこれだけのサウンドを再生できるんですから、 HomePod ステレオ化 (2 台 ) するとどんな感じになるんでしょうね。レビュー記事をいくつか読んでみましたが、ステレオ化するのをおすすめしている記事がいくつもありました。一台 32,800 円 ( 税別 ) 。 2 台だと税込み 7 万円。懐には優しくないですね。しばらくは一台体制で行きます。

AirPlay で使えるのは知っていましたが、同時使用もできることを確認して実際使ってみるととてもいい。この使い方でもいい感じの音が出ますよ。


親の節度は子供にとっての最大の教訓である。

ストバイオス『精華集』

オーバースペック

最近思うのですよ。私の環境、私の使い方から操作するときにはオーバースペックだなぁと。いやマジでマジで。

私の iMac は 2017 年の 21.5 インチモデルで、カスタマイズして i7 3.6GHz 32GB メモリのモデルになっています。これ、パワーをフルに使うのは動画をエンコードして書き出すあたりでしょうかね。普段は BOINC( 分散コンピューティング環境 ) に 50 %ほど使って自分自身で残りの 50 %を使うというような使い方です。

この i7 は 4 コア 8 スレッドのパワーを持っていますが、自分自身でそのパワーを使いきるのは先に述べた動画エンコードのときぐらい。それも毎日ではありません。使うときには一晩がかりというようなときもありますが、月に数回です。もったいないなぁと思うこともあったり無かったり。

ただね。 Windows マシンなんかを自作するようになって、ロースペックのマシンってのはできることが限られるということも学習しました。最初、 Windows10 はたまにしか使わないので、 Celeron でいいやということでマシンを組んだのですが、これが本当に使わなくなる。ある程度のスペックがないとそこで作業することが苦痛になるんですね。今では Celeron から i5 に変わりましたからね。

Apple さんの場合は、特に後からパワーアップできるのはほとんどありません。今度出た MacPro は別ですけどね。そうなると一定程度のスペックがないとツールとして使えない。どのマシンを選ぶのかは難しい。少なくとも、 3 段階のスペックモデルがあったとしたら、真ん中のモデルを選択するのがなんとなく無難な気がするんです。事実、私はそうして iMac を選択したんですね。

普段使いとしてはオーバースペック。しかし、動画をエンコードしたりするのはこのぐらいのスペックがないとダメですね。難しいところではありますが、私はこの Mac を選んで良かったと思ってます。

オーバースペックですけどねw


幸福は徳の褒賞ではなくて、徳そのものである。

スピノザ「倫理学」

キーボードが3つ、マウスも3つ

正確にはマウスは2つで、トラックパッドが1つ。何にせよ狭いディスクと足りない頭が総動員している今日この頃です。

iMac 、 Windows10 、 Fedora 。これに全部キーボードとマウス(トラックパッド)を取り付けたという馬鹿ですね。何とかできなかったんでしょうかね。自分で言うのもなんですが、お馬鹿な環境になってきています。

メインはやっぱり iMac なんですよ。これは変わりません。ブログ更新やその他ほとんどの作業を Mac が担ってます。なので正面は iMac なんですね。白いキーボードとトラックパッド。しかし最近になって Windows10 も色々仕事をしてくれるようになりました。動画をエンコードするのは NV エンコードできる Windows10 のマシンが有利です。ところが、 Windows10 に SSH で接続はできるんですが、端末が使いにくい。というか、せっかく SSH 接続しても使い物にならんのです。 GUI で使う分には Windows10 もそこそこ使えるんですが、端末だと癖が強くて使えません。慣れれば良いのかもしれませんが、慣れる気にならないのですよ。せっかく Linux などが動く仕組みがあるんだから、外部からの接続も Linux ライクなコマンドラインにして欲しいです。過去からの遺産なのかな。何にせよこちらは慣れないので、 GUI で使うことが多いです。

さて、今まではこれで OK だったのですが、まな板 PC 君が加わってきました。 Windows10 にはレシーバー型のマウス・キーボードを接続して使ってきたのです。 Fedora を操作しようとすると、レシーバーを付け替える必要があります。優先のマウス・キーボードは線の長さが必要です。 Fedora は窓際にあってよほど長いケーブルを使わないとダメです。やっぱりレシーバー型が必要になってついに3代目を購入したというわけです。

無計画ですね。もう少し何とかなりそうなものなんですけどね。

ちなみに Fedora は苦戦しています。グラフィックスボードのドライバーソフトが当たらない。色々試してみているんですが、ダメです。今一歩という感じなんですけどね。


自然がどんなに大きな優雅を与えようとも、偉人英傑を作るのは自然だけではなく、自然と手を組んだ運命である。

ラ・ロシュフーコー

iMac2017 CineBench

今さら感はありますが、シネベンチのマック版(リリース20)が公開されたので、早速試しています。

シングルコアテスト
マルチコアテスト

シングルコアの性能はそこそこ高いのがわかりますが、最近のマルチスレッド CPU と比べると、スレッド数が絶対的に不足している。不足しているというか、 AMD のスレッドリッパー当たりの 32 スレッドなんてすごいですよね。私自身は4コア8スレッドで十分足りてます。

現実問題として動画書き出しとかしない場合は、過剰な性能だと思うのですね。特に Mac の場合は、 3D グリグリのゲームが少ないですから、 Windows 環境に比べて CPU パワーが多少小さくても満足度が高いと思うのです。反面、動画書き出しなどを伴う仕事をしている場合には、不満が募るのではないかなぁ。

まぁ、ベンチマークは数字としてみていくのが精神衛生上もいいのではないかと思っております。


いかなる病気も快方に向かっていく。決定的な治癒である死によってか、一時的な治癒による健康によって。

プレボー

iMac 不調

ほったらかしにしておくと Mac はすねてしまいます。新しい Mac を勝ったときなど、古いヤツが不調になることは経験しています。ですが、今回は何にもないですぞ。 iMac さん、ちょっと不調です。

WordCamp で家を空けていたら、 iMac がなんか不調です。それにつられてルーターまで不調になってしまいました。メインのマシンが不調になると、調子悪いですね。

iMac 君なんですが、少し目を離すとリスタートしていたり、再起動しないといけない状態になっていたりして不調です。色々調べてみたのですが、なんかおかしい。今も、操作中に固まって、強制終了しなければならなくなりました。

おかしいのはルーターにも飛び火して、突如インターネット接続が切れてしまう状態に。これも強制再起動 ( 電源 OFF の後再度 ON) して様子見しています。私の Mac ライフには ( 私だけじゃないでしょうけど ) インターネット接続が欠かせないので、調子戻ってくれるとうれしいです。っていうか戻ってくれないと困ります。

iMac の方はログを見ると入力待ちがハングしているっぽいです。どこが悪いのかいまいちつかめていないのですが、とりあえず今は大丈夫そうなので、ルーター共々様子見にしておきます。良くなってくれよ。


勇気とは、恐ろしくて半分死にそうになっている時でさえ、その場に必要な行動が取れる能力である

オーマー ブラッドリー