月別アーカイブ: 2018年7月

Coca-Cola

この時期、暑い夏にはビール! という人が多いと思いますが、飲めないわけではないのですが、苦手です。どちらかと言えば同じ炭酸系の Coca-Cola 。

私の冷蔵庫にも Coca-Cola が常備されています。炭酸はたくさん飲むとゲップになるじゃないですか、アレが少し苦手なので 250ml サイズの缶を常備。夏の定番です。

いろんなサイズのコカコーラがあるのは知っていましたが、ヘッダ画像のように様々なサイズがあるんですね。見たことないのもあります。大容量 TYPE のやつは炭酸が抜けちゃうので好きではありません。炭酸が苦手と言っておきながら、抜けたらそれはそれでダメというわがままな私でございます。

* * *

暑い夏、グーッと飲むのがいいですね。大好物です。

だれが自然のように色を塗ることができるだろうか。その艶やかな創造物のなかで、想像力も自然のような色合いを誇ることができるだろうか。 - トムソン

違和感

ここに書いてもいいのかなぁ。ちょっとわからないところではあるのだけど、違和感を覚えているのは確かなのです。

WordBench の終了

部外者が何を感じたのか。 WordPress のコミュニティに WordBench というのがありまして、私の認識では WordCamp が地方を代表する形での勉強会だとすると、その地方組織。…そもそもそこからして認識が違うのかもしれませんが、そう認識しています。地方組織として WordBench ○○っていうのがあって、それを束ねるような形で WordBench( ○○なし ) が存在していた。

それが、この秋無くなってしまう。 WordBench ○○として存在していた地方の勉強会は WordBench ○○を名乗れなくなってしまう (WordPress Meetup というところがそれにとって変わる? ) 。う〜ん、わかりません。

わかったのはなんかコミュニティの中で行き違いが生じ、収集できない感じになった ( らしい ) 。ということです。

オープンであること

わからないことの原因の 1 つに、議論が行われていたのが Slack という掲示板のようなものの上で行われていたことが挙げられると思うのです。もちろん、私の頭が足りないのが第一なんですが…

オープンソースソフトウェア群を私もたくさん使っています。そして、それらはソースコードを入手できるという意味で、オープンであり必要とあればソースコードを入手して改変を行うことが出来る。第三者に渡すときの改変の扱いに応じて様々なライセンスが生じる。これが、私の認識です。

私はまだ勉強中なのですが、 WordPress の組織も同様にライセンス的なオープンソースソフトウェア群でなければならない。という呪縛にとらわれてしまっていたのではないか。地方の勉強会レベルでは、入力から出力までのどこかで、商業的な何かが付与されること珍しくないと思うのですが、それをよしとしなかったところと、現実に即してやっていこうとするところの対峙があったように思います。

おーい、参加者はどこ行ったぁ

私を含めて WordPress を使っていくユーザー層に関しては、あんまり関係ないところでトラブってしまってる気がしてなりません。

私なんざ、勉強会に参加するのも初めてですよ。 WordBench ○○が WordPress Meetup ○○に変わってもあまり関係ありません。勉強会ですもの。タイトルが少し変わった程度。たまたま、 WordBench ○○という名前が使えなくなる。と聞いて「なぜ?」と思って Slack に登録したりしてみたんですね。 UI がちょっといい感じになってなくて、話が見えてません。もう少しオープンなところで議論してくれてれば、もう少し話が見えてくるのかな。とも思いました。

なんかヤな感じですけど、まぁ考えてみれば、さほど変わりません。長岡と東京の勉強会に出席して刺激を受けてこよう。というのが今のところの私のスタンスですので、そんなに変わりませんね。

* * *

コメントは自由ですが、打たれ弱いのでそこんとこ考慮して頂けるとうれしいです。

世に画一主義の教育ほどみじめなものはない。依頼心、卑屈心、形式偏重、常識欠乏、皆その所産である。 - 武蔵山冶

フェーン現象

台風が変な進路を取ったために、私の住む新潟県内、フェーン現象で気温が 40 度近くまで上がりました。私の住む県北の新発田も 37 度前後、体温とほぼ同じ気温になりました。しゃれにならんですよ。

今年の夏は夏になる前から 30 度越え、これから夏本番だっちゅうのに、どうしましょう。私は寒いのは多少寒くても我慢できるんですが、熱いのは苦手です。まして今日みたいなやつは洒落になりません。クーラーをガンガンかけて、ぐでたま状態でした。

こんな日に、マラソン大会やったりしているところがあったりすると、馬鹿じゃなかろうかと思うのですよ。具合が悪い人も出ていたみたいです。

* * *

これから就寝の時間になりますが、まだ暑いです。寝られるかなぁ。

 

狂人とは理性を失った人間のことではない、理性以外のあらゆるものを失った人間のことである – チェスタトン

VCCW 入れてみた

新しいおもちゃを手に入れて會澤は喜んでいます。

VCCW とは

VCCW – A WordPress development environment.

えっと、 vagrant コマンドを中心とした、 WordPress の開発環境。

砕けた言い方をすれば、自分の PC/Mac 上に、 WordPress のサーバー環境を作ってしまうソフトウェア群。とでも言うんでしょうか。実際簡単です。一度作ってしまえば、変更もたやすいようです。私まだ作るだけ作って変更まで行っていませんけど。

構築方法は、【 WordPress 】初心者でも簡単! VCCW で Mac にローカル環境を構築する – おうち IT  を参照しました。

使い勝手は

ワークディレクトリで vagrant up すれば、サーバーが立ち上がります。ブラウザで設定した IP アドレスにアクセスすれば、あら不思議。 WordPress が立ち上がります。

後は、ログインしてあっちやこっちをいじることが出来ます。すごくいいですね。これまでもローカルに色々やってみましたが、こんなに簡単にいくとは思いませんでした。これで、実際に公開しているこのブログと同じ環境にしてやっていじれば、失敗してしまっても大丈夫。予行練習が出来ますね。

* * *

素晴らしい開発環境をありがとうございます。開発者さんに感謝です。

自分も自分のまわりもすべて阿弥陀様からの預かりもの。預かったものを大事に生きる。ご縁がくれば阿弥陀様が引き取ってくださいます。仏法領。立派な御修行も出来ぬ身である者が色即是空の中道を知らずに歩んでいる。空即是色のお念仏の声が三世に響く。それが浄土真宗の土徳。南無 - 桔梗 (@kikyousan)

WordCamp とは?

WordCamp に参加する。と言ったものの、じゃ WordCamp って何? って詳しく書いてなかった気がするので、書いてみたいと思います。

世界中で開かれている WordPress のイベント
WordPress は世界中のコミュニティによって支えられています。日本でも地域ごとにコミュニティがたくさんあり、ボランティアメンバーによって運営されています。各コミュニティでは WordPress をもっと使いやすくするために勉強会や情報交換が盛んに行われていて、その中でも WordCamp は、 WordPress Foundation の公式な承認のもとに世界中で開かれている WordPress のイベントです。
WordCamp のセッションは実に様々な内容のものがありますが、共通しているのは多くのセッションが WordPress に関する内容であるということです。

いきなり引用から始まりますが、 WordCamp Tokyo 2018 の説明文で、私なんぞが解説する余地はございませんな。

WordPress のコミュニティは豊かだ

WordPress の利用者 ( 実際は開発者が多いらしいですが ) が誰でも参加できるイベントとして WordCamp が位置づけられているようですね。 WordPress を取り巻いているコミュニティが健全で豊かだからこういうお祭りが開催できるわけですよね。お祭りという言い方は違うかもしれないけど、初参加の私から見るとお祭りというのが適切なような気がしてます。

この豊かなコミュニティに一ユーザーである私が出没してもいいのだろうか? だってね、 PHP をいじったと言えば、ほとんどがコピペ。サイトのフォントを変えるのも CSS にちょっと書き込むだけ他の方法あるのかな? まぁ言ってみれば初心者を絵に描いたような私がですね。開発者さんなんかが多数集まる祭典にのこのこ現れていいもんでしょうかね。考えてしまいます。

それでも、そんな私なんてのも受け入れてくれようとするのが、 WordPress のコミュニティなんですね。ありがたいことです。ありがたく受け入れてもらっちゃいます。

今年のセッションはどんな感じになるのかしら?

今日 ( 平成 30 年 7 月 27 日 ) 現在、まだセッション ( プレゼンタイトル ) は 5 つしか発表されていません。徐々に全容が明らかになる模様。昨年のブログを参照すると全部で、 30 を超えるセッションがありました。今年も同程度になるんですかね。ワクワクします。

初心者の域を出ていない私にもわかるように話してくれるセッションはどこでしょうか。楽しみです。当日は、普段は使わないので持っていないノートパソコンをレンタルして持ち込みます。膝の上でカチャカチャやるのが果たしていいのかどうなのかわかりませんが、リアルタイム更新をしてみようかなと思っています。色々構想を練っておりますので、お楽しみに。

* * *

昨年のスライドなんかも見ながら、今から楽しんでます。

Upgrade

私は、 Mac 使いでしてもっぱら使っているのは iMac2017 です。しかし、 PC も作って遊んでいるのですが、そっちの方は初心者です。

PC 使いの方に言わせれば、そんなの Upgrade などとは言わない! と怒られそうですが、 Windows7 を動かしている PC に SATA ポートを増設し、 SSD/HDD を追加したいと思っています。簡単にできるところから初心者は入っていくのです。それが私だったりするわけですね。

手元に SSD/HDD が転がっている環境というのは、 Mac ユーザーでも結構あるのではないかと思うのですが、 SATA ポート増設カードは転がっていません。密林さんにお世話になることになりますね。 Windows7 の PC にはシステム起動用の SSD 一台と、ハードディスク (250GB という今となっては小さいやつ ) が一台。そして DVD コピー用に DVD ドライブが2台組み込まれていて、マザーボードの SATA ポートはそれでいっぱいです。

SATA ポートを2つぐらい増設して SSD/HDD を増設してやりたいと思ってます。メモリも 4GB と心許ないので増設したいところですが、それはいつでも出来る ( スロットはあいている ) ので、今回は SATA ポート増設だけにとどめておきたいと思います。

* * *

ホントはもう一台作りたい ( 作るのが目的 ) のですが、我慢我慢。

CPU パワーと熱対策

我が家にはサーバーが三台あります。

  • Mac mini2009
  • FreeNAS
  • Windows7

この中で、熱対策をしていないのが Mac mini2009 ですかね。この子のパワーは今となっては力不足の Core 2 Duo ですが、その分比較的発熱が低く抑えられています。筐体の中に電源部分がないため、発熱が少ないというのもありますね。

FreeNAS と Windows7 は Pentium/Celeron を CPU にしています。 CPU パワーとしては低く、発熱が少ないというところから選択しました。

FreeNAS はもともと NAS 専用 OS ということで、マシンパワーはそれほど必要としません。負荷もかけていませんので、この夏の暑さの中でも 40 度台をキープしています。 NAS としての機能は必要十分です。

本当のことを言うと Windows7 用のマシンにはもう少し CPU パワーを割り当てるつもりでした。しかし、ちょうど金欠状態だったこともあり、安い ( パワーも低い )Celeron を選択したという経過があります。ただ、このマシンのメイン用途は Mac と Windows の掛け渡し役。もっと具体的に言うと、 Microsoft Excel のデバッグという Mac 屋さんにとっては悲しい役回り。でも、年に数回 Parallels では解決しないことが起きるのですよ。 Windows7 はそのためのスタンバイ機です。まぁ、ファイルサーバーの役も担ってもらっているので、こちらも CPU 温度はデフォルトのクーラーでも同じく 40 度台後半で推移しています。こちらには BOINC もインストールしているのですけどね。

* * *

熱対策としてはどれもあまりやってないけど十分に動いてくれています。これだけ暑い日が続くと本当は熱対策をしなければならないと思うのですよ。ホントのサーバーだとクーラーかけっぱなしのサーバールームに入っていたりしますね。それがホントの対策なんだろうなぁ。今年の猛暑を乗り越えてくれよと願うばかりです。

Gutenberg を使ってみる

私の中には「 Gutenberg 」は次世代エディタ。という位置づけでした。しかし、結構違いますね。プラグイン形式で使えるってのも知りませんでした。なるほどブロックを 1 つの区切りとして使っていくというのはいいアイデアかもしれませんね。早速インストールして使い始めています。

Gutenberg | WordPress.org

もともと新しいものは大好きですが、完成度が高い気がします。素晴らしいですね。今使っているツールとの整合性を確認しながら、使っていきたいと思います。 WordPress 5.0 が登場するのは早ければ 2018/8 とのこと。今のうちにならしておくのは適切ですかね。

私は写真を撮る習慣がありませんので、あまり写真をブログに載せることはありませんけど、面白いですね。 1 つのブロックが文章のブロックだとして、写真を全く違うブロックとして表示するわけでしょ。表示ってちょっと違うか。うまく言えないけどその割り付けがユーザーの自由になるっていいですね。

テストエントリをいくつか上げるかもしれません。 Gutenberg 侮れませんぞ。

WordCamp に感じたこと

唐突に前のエントリーで WordCamp Tokyo 2018 の話が出てきました。前のエントリーでは「熱を感じた」という曖昧な言葉を使っていましたが、何を感じたのか書き殴ってみようと思います。

今年の WordCamp Tokyo 2018 のテーマは「 Challenge! 」です。人によっては Challenge の意味も違うと思いますが、 54 歳になって Challenge って言葉にグッとくるとは思わなかったです。心のどこかにはチャレンジしたい気持ちが今でもあります。何に? あんまり明確になってなかったんですね。 Challenge するには明確な目標がなければならないと思います。 WordPress は健全なコミュニティで、そこにはチャレンジに値する何かがある。主催者の若者 ( 若者じゃない人もいるかも w) は熱く穏やかにあなたもいかがですか? と語りかけてきます。おぢさんですが参加したくなってきたんです。

誰かのために。出来そうで出来ないことですが、大震災以降モヤモヤしたものがありました。自分の出来ることを出来る範囲で。そしてそれが誰かのためになったら素敵ですよね。

さて、日常に戻りつつ、熱を感じて日々過ごしていきましょうか。

WordCamp Tokyo2018 に参加します

WordCamp Tokyo2018 って何? はい、知りませんでした。

WordCamp Tokyo2018

これです。で、久々に熱いものを感じたわけで、エントリーしてしまいました。交通手段も宿泊先も確保。本当は 9/14 のコントリビューターデイにも参加したかったのですが、色々あって断念。 9/15 の方、みっちり刺激受けてこようと思ってます。

で、それに伴って WordBench 新潟・長岡藩 #32(8/17) にも参加してみようかなと思っています。さて、會澤の感じた熱みたいなものは持続するでしょうか。

いやいや、持続してくれないと交通手段や宿泊先が無駄になってしまうのですね。どうなるでしょうw

 

ちなみに、アイキャッチ画像はロックわぷー君。 WordCamp Tokyo 2018 のマスコットキャラクターです。