月別アーカイブ: 2018年8月

Appleのイベントが発表

9/12 日本時間でAM2:00からイベント開始

いよいよ毎年恒例のAppleイベントが正式に発表されましたね。今年の話題は三種類のiPhone。Apple Watch、iPad Proなどと言われていますね。果たして予想通りになるんでしょうか。私はiPhone SEの後継機が発表だけでもされないかなぁ、と首を長くして待っています。

私のiPhoneは5sでして、最新版のiOS 12には対応しているものの、なにぶんにも古くバッテリーも持ちが悪くなっていることから、今回の発表を見て買い換えることを検討しています。買い換えるのはiPhone7程度の機能があれば十分なのですが、現行のSEではApple Payが使えないのでSE2(後継機)を待っているのです。

もし、SE2が出なければ、今回発表されるであろう機種に買い換えることになるかもしれません。値段によっては(多分併売される)iPhone8当たりを狙うかもしれません。最新機種じゃなきゃイヤだ! というわけではありませんので、かなり間口を広げて待ってみます。

他にも、プロ用のMac mini(?)とか、MacBook Air(?)なども話に上ってますね。プロ用のMac miniって何? コンセプトは廉価版のMacじゃなかったの? とか出るかどうかもわかりませんが、楽しみですね。


幸福よ、人々はおまえを盲目と呼び、あくことなく苦情を言い続けるだろう。だが最後にはこう問い返してやるがいい。そちらこそ本当に物を見る事ができるのかと

フリードリヒ・ヘッベル

Gutenbergの記録フォーマット

mySQLへの記録フォーマット

Capital Pで「Before Gutenberg – WordPress 5.0になるまでに準備すべきこと – Capital P」なんてエントリが上がっていて、それを読んでみると記録フォーマットの話が出ていた。Gutenbergの場合、

<!-- wp:xxx --> なんちゃら <!-- /wp:xxx -->

 ってのがブロックを挟む形式ですね。PHPmyAdminで見てみると上の画像みたいになってます。内部データがこれだけ違うと、今までのプラグインはどうするんでしょうね。私が昔から使っている「Simple Tag」ってのは今までのタグを抽出してくれるんですが、Gutenberg記事からはあまり拾ってくれない気がしてます。

逆に、データフォーマットがフラットなので、利用するのが簡単かもしれないですね。これまでのプラグインはともかく、これから出てくるプラグインには期待できると思いますね。


過去の遺産が大きい場合は、きついですね。私は過去の記事を全部削除してしまいましたのでいいんですけどね。

ボクが一番、ガンダムをうまく使えるんだ

アムロ=レイ

灼熱の8月が終わりますね

いや、ホントに熱かった。私の住んでいる新潟の北より(新発田市というところです)でも連日35度を超える気温が続きました。ここ数日は雨が降っている関係もあって少し涼しくなっています。

FreeNASとWindows7マシンは暑さにもめげずに稼働を続けてくれました(24時間稼働させてます)。Mac mini(2009)も24時間稼働。iMacもスリープは挟むものの電源落としていませんね。こんな使い方で大丈夫なのかとも思いますが、これでいけるところまで行ってみようと思います。

暑さが尋常でないほどでしたので、我が家のクーラーの稼働率もうなぎ登りでした。両親は昔気質の人で、クーラー嫌いなのですが、今年はそんなこといっていられなかったようで、連日クーラーのスイッチは入ったままでした。私からすると、両親がクーラーつけてるだけで尋常じゃないと思ったりするのです。それが連日でしたからね。


人間にとっては一息つける秋がやってくるんでしょうか。残暑なんていいので、すんなり秋になってほしいものです。

報われぬ愛はなし。これか、あれか、方法は違うが、報いられるのは確かである。

ホイットマン

ロードタイム5.0sは遅い!

自分のブログを分析してくれるサイト「Dashboard | GTmetrix」で分析してもらった。実はここ数日、改善点を探して色々やった結果ですね。

色々やった結果、トップページのフル・ロード・タイムが5.0sになりました。最初は8秒ちょっとだったのですが、縮めましたね。しかし、自分のブログながら、ロード・タイム5.0sは遅い! せいぜい3秒台でしょう。検索サイトが自分のサイトを表示してくれたとしても、クリックして5秒待たせられるというのは長いと感じます。

JavaScript/CSSの圧縮。cacheの有効活用。など、まだやらなければならないことは多いと思います。逆にいうと、まだ縮まるかな? という気がします。

特に時間がかかっていてショックだったのは、ヘッダー画像。これ、毎回入れ替わるのですが、時間がかかっていました。どうしようか検討中です。


SEO、ブログの高速化。あまり今まで考えていなかったことをやっています。最終的にはどうなるでしょうね。

———恐らくは、今日のもので未来を持つものは他に何もないとしても、やはり我々の笑いこそはなお未来を持つのだ!

ニーチェ

このブログにおけるSEO

このブログでは基本的に自分の興味があることを書き綴っている。そうはいってもSEO(検索エンジン最適化)は必要だと考えている。だって誰も見てくれなけりゃ寂しいじゃないですか。

大上段に構えたタイトルですけど、書いてることは大したことを書いてるわけではありません。SEOでキーワードを出そうとか、何かを売ろうとかいうのは私にはありません。SEOはあくまで検索エンジン最適化であって、例えばこのブログでここまで頻繁に取り上げているPeppermint OSなんて、検索しても情報があまり出てこない。あんまり具体的なことを書いてるわけではないので、私のブログ記事が検索結果の1ページ目に出てこなくとも「しかたないなぁ」で済むんですが、全く出てこないとなると話は別です。隅っこに出てきてほしい。そうじゃないと意味ないですからね。

そういう意味でSEOを進めようと思うわけです。最初の頃のエントリにはタグすら設定していませんので、SEOのSEOたるところ第一歩もできてないわけですが、まぁそこはそれ徐々に充実させていきたいと思ってます。

プラグインを入れて、設定をしているのですが、十分に設定されているとは言えません。これからどんなふうに変わっていくのか、楽しみにしていてください。


手探りで始めたというところが本音ですかね。わからないことだらけです。

人間の運命よ。お前はなんと風に似ていることか

ゲーテ

Gutenbergのバグ?

再現性が100%だったら、バグ認定されるのだろうか。

カバー画像をブロック要素として追加すると、私の環境では100%自動保存でバグる。先のラーメン・エントリで何度やっても自動保存が利かないのに気がついた。で、これどこに報告すればいいのかしら?

GitHubにバグの報告するところは見つけたけど、敷居が高いなぁ。


自己解決した。カバー画像だとダメだけど、画像ブロックなら挿入可能だ。だけど、カバー画像だとダメなのは変わってないなぁ。


悲しみ、苦しみは人生の花だ。 

坂口安吾

ラーメンメモ:大舎厘

ラーメン大好きで、土曜日の昼はいつもラーメンです。が、記録を取ってなかったので、食べたら記録を残そうと思います。

大車厘 辛つけ麺

食べたのは「辛つけ麺 大盛り メンマトッピング」1,050円でした。

辛みは三段階。亀田一、日本一、世界一、それと裏メニュー(これも入れれば四段階)です。世界一と裏メニューは、食べられるかどうか注意されるそうです。私は一番下の亀田一しか食べたことがありません。

美味しくいただきましたが、つけだれが喉に直接入るとむせますね。太麺なので、もっちりとした食感が大変よろしいと思います。つけだれは、シャバシャバした液です。どろっとしたつけだれが流行のようですけど、ちょっと違いますね。私はこっちの方が好きです。

場所は新潟亀田IC.を下りて、国道49号のバイパスを会津若松方面に行ってすぐの亀田IC.を下ります。すぐに右折して数百メートル行くと店舗が右手に見えてきます。でかい看板があるので迷わないかと。


今年に入って(なんだかんだで)35杯目。ごちそうさまでした。

石川や浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ

石川五右衛門

Einsを改良できるだろうか

私はWordPressのフリーテーマEinsを愛用している。少なくとも過去使ったことのあるテーマよりもいいと思っている。しかし、使っていれば色々変えたいところも出てくるわけです。

第一の問題点はEinsがオフィシャル・テーマであるTwenty Thirteenの子テーマであるということ。WordPressのテーマの特徴である子テーマは便利です。便利なだけにEinsをベースにして改良したいと思ったときに、Einsを親にしたテーマを作れない。というのは不便に感じます。

Einsは2列にも3列にも対応していると思うのですが、私はもっぱら1列レイアウトを愛用しています。1列レイアウトで綺麗に見えるテーマを探していたのですが、それで引っかかったのがEinsだったんですね。この1列レイアウトも微調整をしたい。したいのですが、直接編集せざるを得ないのです。直接編集したのはFONTがらみ。Googleさんのところで公開しているWeb FontをベースFONTにしているのですが、これはCSSの修正程度ではうまくいきませんでした。


他にも2〜3微調整したいところがあるものの、うまくいかずに二の足を踏んでいます。テーマを一から作るというのは難易度が高いと思うのですが、やってみたいですね。できるだろうか?

女の子の場合、どんなに幼くても恋愛のことなら心得ているものよ。年をとるにしたがって培われるのは、愛に傷つく能力ね。

フランソワーズ・サガン

Dropboxでファイル共有

DropboxをLinuxで使おうとすると、基本的にはコマンドラインでのアクセスになります。「Linux Dropbox」で検索するとそのやり方がたくさん出てきます。PeppermintOSの場合もそうかと思ったら違いました。

PeppermintOSの場合、メインメニューの「インターネット」にそのものズバリ「Dropbox」という設定アプリがあります。基本最初にしか使いませんが、起動するとパッケージをダウンロードし、展開。メインのブラウザを開いてDropboxのアカウントとの紐付け。まで、一気に行ってくれます。

ホームにDropboxというフォルダが作られ、そこで自動的に他のPC等とファイル共有してくれます。これ便利ですね。まぁ、Dropbox.Business(月額有料プランですね)を盛んにプッシュして、Dropbox.Basicは検索してもなかなか出てこない有様です。個人のマシン間ファイル共有に限定した使い方なら、Basicで十分。もちろんこのプランで私は行きます。


MacとLinuxとの間のファイル共有が必要になり、一番先に思いついたのが、老舗ブランドのDropboxでした。そして思った以上に簡単に基本機能を使えることに感動した私でした。

おのれを信じないということは、敵の一員となり自分自身に銃を向けるようなものだ。彼が失敗するのは、誰よりもまず彼自身が失敗すると、確信したからに他ならない。

アレクサンドレ・デュマ

久しぶりにFreeNASについて

我が家のFreeNASは実に安定しています。問題ありません。ヘビーなこともさせていませんが、設定したことはどれもきちんとやってくれています。S.M.A.R.Tが起動しない件を除けば。

FreeNASって何? という質問もあるかもしれませんね。

FreeNAS(フリーナズ または フリーナス)は、PCでNAS(ネットワークアタッチトストレージ)を構築することに特化したUNIXシステム(FreeBSDディストリビューション)である。BSDライセンス下で配布されている。
Linuxをベースとしたシステムへの移行が検討されたが、iXsystemsが支援を表明し、8.x系への移行とGUIのモジュール化、PC-BSDのPBIを参考にしたモジュール技術の投入として、開発は継続されることとなった。 LinuxベースにFreeNASの成果を移植したCoreNASと呼ばれていたシステムはOpenMediaVaultとして、フォークし、従来のFreeNASプロジェクトの主要開発者であるVolker Theile氏はこちらへ移行する。 また FreeNAS 0.7系をベースで派生したNAS4Free も開発が行われている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/FreeNAS

簡単にかくと、手持ちのPCをNASにすることが出来る、そのためのOS。ってことでしょうか。

用意するもの

3分間なんチャラみたいですが、用意するのは通常のPCです。基本的にはWindowsが動いていたようなもので型落ちになったもので十分です。ただ、64ビットが必須になってますね。

システム要件
400MBのストレージと256MBのRAM (8.0.1以降のバージョンでは2GBのストレージが必要)
i386およびAMD64アーキテクチャ 9.3 より 64ビット版のみ
ベースとなっているFreeBSDのサポートするハードウェアRAIDカード、ネットワークカード(有線/無線)が動作
HDD,USBメモリ,コンパクトフラッシュ,CD-ROM+フロッピーディスクなどから起動し、利用することが可能

私は新しくPCを組みました。とはいうものの、手持ちのハードディスクを流用するなどしましたけど。ハードディスクは2TBのものを4台(後にリカバリー用にもう2TB)用意しました。4台のハードディスクでRAID5を組んでいます。注意すべきはシステム用のストレージでして、FreeNASを入れておくのに2GB程度のストレージが必要ですが、パーティション分けをしたとしても残りの部分を使用できません。システムはシステム用に専用のストレージを用意しなければならなくなっています。この部分は強くUSBメモリーを使うことをおすすめします。

RAIDカードも結構幅広くサポートしているようですが、ソフトウェアRAIDも本体に備わっていますので、(私も利用していますが)それを利用するのがいいかもしれません。

実際の使い勝手

システムへはブラウザを通してアクセスしますが、これがその画面です。新しい画面もあるのですが、シンプルな方を最近使っています。必要な設定をしてやれば、この画面を見るのは1ヶ月に1度程度。バージョンアップが来ているかどうかを確かめるぐらいです。

前回リスタートしてから(設置場所を変えたためリスタートが必要だった)52日目ですが、全くもって安定しています。SMB方式の接続が主ですが、ファイルサーバーとしてマック君のデスクトップに溶け込んでくれています。


一度設定してしまえば、ディスプレイは必要ありませんが、設定のときにはあった方がいいと思います必須です。設定部分に関してはまた後ほど。

彼は決心した、というのはいい言葉だ。一語で、決心と解決という二つの意味を示している。

アラン「幸福論」