半導体不足は深刻

実はRaspberry Piをもう一台欲しかったりするのです。できればzero2。技適の関係で遅れていますので、これはなしとして、Raspberry Pi4の4GB or 8GB。しかし、これも手に入りません。

フリマ・オークションサイトでは…

低価格がRaspberry Piの売りだったわけですが、新品だと

これは安い方です。これでは手が出ません。ちなみに正規販売店であるスイッチサイエンスさんで同じ「Raspberry Pi 4 Model B / 4GB(OKdo製) – スイッチサイエンス」は在庫がなくて購入できませんが、価格は8,800円です。1万円を超えてしまうと手が出ません。どこでかき集めたのか分かりませんが、zero WHを100枚で100万円ぐらいの値付けをしているところもあります。どこを探しても正規のところでは在庫が全くない状態がずっと続いています。

原因は色々あるんでしょうね

コロナ禍で半導体工場がストップしているとか、そもそも巣ごもり需要で需要と供給のバランスが崩れてしまったとか。どんな理由があるにせよエンドユーザーのところにしわ寄せが来ちゃってるなぁというのが実感。

Raspberry Pi zero2は発表されてからおそらく半年ぐらいになるにもかかわらず、日本の市場には出回っていません(技適を受けていない海外製の製品は入ってきているのかな?)。zero2は3千円弱で購入できるはずですが、技適を通ったという話も聞こえてこないし、まだしばらく望み薄です。

なぜだか、Raspberry Pi400というキーボードにRaspberry Pi4を組み込んだものだったら手に入ります。でもコンパクトなRaspberry Piが欲しいんですよね。シングル・ボード・コンピュータというと他にもOrenge Piとか聞きますが、私はよく分かっていません。これも手に入らないみたいですね。

オークションサイトを紹介しましたが、AmazonでもRaspberry Pi 4は24,000円ぐらいの値付けになっています。もう全く手が出ません。

物欲限りなし

Raspberry Piが欲しい理由としては、Linuxが動くということが大きいです。すでに役目が決まっているRaspberry Piは3/4/zero含めて8台もあります。それでも欲しいという欲求が出てくる。物欲限りなしですね。って人事のように言っています。新たな購入はしばらくなしですね。物欲を抑えるには、手に入らない今の状況はいいことのようです。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA