メニュー ホーム

Raspberry Pi 4ファースト・インプレッション(ベンチマーク編)

これまで使ってきた3Bと4がどのぐらい違うのか。また、通常使っているマシンとどのぐらい性能差があるのか。測定してみました。

UnixBench v5.1.3を使って比較してみた

使ってみたベンチマークソフトはUnixBench v5.1.3です。参考までに実行方法を記録しておきます。

git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench
cd byte-unixbench/UnixBench
./Run

ランさせるといくつかのテストを連続で行います。かなり時間がかかりますので、ゆっくり待ちましょう。今回は、Raspberry Pi zero W/Raspberry Pi 3B+/Raspberry Pi 4/i3 6100@3.70GHz/Core2Duo@2.0GHzの5つを比較してみます。テストはいろんな項目があるのですが、このうちファイルコピーに関する項目はi3/C2DがSSDが対象ということで比較参考になりません。ただ、zero W/3B+/4の比較には使えると思いますので、そのまま記載しますね。

我が家にあるCPUのうち、非力なものに属する2つを選択しました。iMacと比較しても仕方ありませんしね。i3は自作PC。C2DはMac miniです。OSはそれぞれKubuntu/Peppermint10と異なりますが、バックグラウンド・アプリを切った状態で行っています。Raspberry Pi 3種類に関しても、バックグラウンド・アプリは切っています。

ベンチ結果

グラフにすると左のようになりました。当然というか当たり前というかi3が突出した値を示しています。このグラフでは性能差がわかりにくいので、Raspberry Pi zero Wを1としたときのメニーコア数値を次に示します。

機種比較
Raspberry Pi zero W1
Raspberry Pi 3B+2.70
Raspberry Pi 4B2.99
i3 6100@3.70GHz13.40
Core 2 Duo@2.0GHz6.29

zero Wと比較して4Bは約3倍の性能。3B+と比較するとこのテストにおいては11%の性能アップ。となります。コア数が違いますが、Core 2 Duoのシステムと比較しても50%程度の性能がありますね。一般的な用途なら全く問題ないレベルだと思います。

テストのまとめ

ただ、懸念材料が無いわけではなく、テスト中の発熱が最大で79℃に達しました。「No, your Raspberry Pi 3 won’t overheat in everyday use, says its creator | ZDNet」こちらの記事では80℃に達するとサーマルスロットリングが作動し、85℃に達すると動作周波数が約1/2になって温度上昇を防ぐ仕組みが説明されています(3B+についてです)。どちらかというと軽い負荷のテストですので、サーマルスロットリングには達しないかと思いきや、ギリギリの値でしたね。もしかすると作動していたのかもしれません。

ヒートシンクをつけていない裸の状態でこれですので、ヒートシンクもしくはfanが必要と思われます。実際にOfficeソフト程度なら全く問題ないレベルと思われますが、実際の使い勝手については、次回に回させていただきます。さて、ファン付きのケースは国内ではあまり見当たりませんので、時間がかかっても中華通販を利用するか。さもなければ、ファン付きケースの国内発売を待つか。微妙ですね。

追記:データの詳細について「UnixBench Results」こちらに公開しておきます。


人間は留まることを知らぬ旅人だ

氏名不詳

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Raspberry Pi

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください