「FreeNAS」タグアーカイブ

Update FreNAS 11.1-U6

FreeNASのバージョンアップがありましたので、早速適応しました。今回はバグフィックスが主なポイントのようですね。

詳しくは「FreeNAS 11.1-U6 – iXsystems, Inc. – Enterprise Storage & Servers」を参照してください。少なくとも私の環境では時間がかかりました。時間のあるときにバージョンアップしてください。リスタートしなければバージョンアップ中もNAS機能はそのまま使えます。


ただ自分を信ぜよ。そうすればどう生きればよいかがわかるだろう。

ゲーテ

久しぶりにFreeNASについて

我が家のFreeNASは実に安定しています。問題ありません。ヘビーなこともさせていませんが、設定したことはどれもきちんとやってくれています。S.M.A.R.Tが起動しない件を除けば。

FreeNASって何? という質問もあるかもしれませんね。

FreeNAS(フリーナズ または フリーナス)は、PCでNAS(ネットワークアタッチトストレージ)を構築することに特化したUNIXシステム(FreeBSDディストリビューション)である。BSDライセンス下で配布されている。
Linuxをベースとしたシステムへの移行が検討されたが、iXsystemsが支援を表明し、8.x系への移行とGUIのモジュール化、PC-BSDのPBIを参考にしたモジュール技術の投入として、開発は継続されることとなった。 LinuxベースにFreeNASの成果を移植したCoreNASと呼ばれていたシステムはOpenMediaVaultとして、フォークし、従来のFreeNASプロジェクトの主要開発者であるVolker Theile氏はこちらへ移行する。 また FreeNAS 0.7系をベースで派生したNAS4Free も開発が行われている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/FreeNAS

簡単にかくと、手持ちのPCをNASにすることが出来る、そのためのOS。ってことでしょうか。

用意するもの

3分間なんチャラみたいですが、用意するのは通常のPCです。基本的にはWindowsが動いていたようなもので型落ちになったもので十分です。ただ、64ビットが必須になってますね。

システム要件
400MBのストレージと256MBのRAM (8.0.1以降のバージョンでは2GBのストレージが必要)
i386およびAMD64アーキテクチャ 9.3 より 64ビット版のみ
ベースとなっているFreeBSDのサポートするハードウェアRAIDカード、ネットワークカード(有線/無線)が動作
HDD,USBメモリ,コンパクトフラッシュ,CD-ROM+フロッピーディスクなどから起動し、利用することが可能

私は新しくPCを組みました。とはいうものの、手持ちのハードディスクを流用するなどしましたけど。ハードディスクは2TBのものを4台(後にリカバリー用にもう2TB)用意しました。4台のハードディスクでRAID5を組んでいます。注意すべきはシステム用のストレージでして、FreeNASを入れておくのに2GB程度のストレージが必要ですが、パーティション分けをしたとしても残りの部分を使用できません。システムはシステム用に専用のストレージを用意しなければならなくなっています。この部分は強くUSBメモリーを使うことをおすすめします。

RAIDカードも結構幅広くサポートしているようですが、ソフトウェアRAIDも本体に備わっていますので、(私も利用していますが)それを利用するのがいいかもしれません。

実際の使い勝手

システムへはブラウザを通してアクセスしますが、これがその画面です。新しい画面もあるのですが、シンプルな方を最近使っています。必要な設定をしてやれば、この画面を見るのは1ヶ月に1度程度。バージョンアップが来ているかどうかを確かめるぐらいです。

前回リスタートしてから(設置場所を変えたためリスタートが必要だった)52日目ですが、全くもって安定しています。SMB方式の接続が主ですが、ファイルサーバーとしてマック君のデスクトップに溶け込んでくれています。


一度設定してしまえば、ディスプレイは必要ありませんが、設定のときにはあった方がいいと思います必須です。設定部分に関してはまた後ほど。

彼は決心した、というのはいい言葉だ。一語で、決心と解決という二つの意味を示している。

アラン「幸福論」