「ノン・カテゴリ」カテゴリーアーカイブ

無線親機を交換

これまではAirMac Extremeを2台使ってワイヤレス網を作っていたのですが、どういうわけか動作が不安定になってきました。そこで、無線親機を交換することにしました。

色々と検討してみたのですが、比較的評判が良かったのと型落ちで安くなっていたのでバッファロー社のAirStationにしました。最近のはいろいろな機能がてんこ盛りで、セットアップも簡単になってますね。でも、Appleの純正品であるAirMacにはかないません。AirMacユーティリティを使うと他のはなかなか使うのが面倒になってしまいます。

とはいうものの、手探りながら一応のセットアップは完了…といきたいところでしたが、問題が2つ。1つは無線で運用していたプリンターとの接続。AOSSというプロトコルがあって、これを使えば簡単に接続できる。はずなのですが、どうしても認識してくれません。プリンターのメーカーホームページの手順通りにやってもうまくいきません。少し離れたところに設置してあるプリンターを無理矢理移動して、長いUSBケーブルでiMacに有線接続してようやく設定完了。有線接続での設定は至極簡単。最初からこうしておけば良かったです。

さて、もう一つのトラブルは解決に時間がかかりました。ローカルネットワーク内にあるMac mini2011をVNCで運用しているのですが、SMB接続ではうまくつながるのに、VNC接続ではエラーになる。それこそMac mini2011君は別の部屋に設置しているので、VNC接続は必須だったのです。ファイル共有はうまくいくのに、VNC接続は一切合切ダメ。仕方ないのでディスプレイを持って行って(普段miniくんはモニタレスで運用しています)原因を追及しました。

それでもなかなかわからなかったのですが、ふと見ると、ルーターから振られているIPアドレスがおかしい。通常、ルーターからサブネットマスクの範囲内でアドレスが振られているはずなのに、その範囲を逸脱しているアドレスになっているのです。これはおかしい。SMB接続ではつながるのもおかしい気はしたんですが、まぁそこは置いておいて、miniくんをリスタートしてみたところ、正常なアドレスになり、VNC接続も問題なしです。

まだ1日しか運用してませんが、どんなことになるんでしょう。少し不安になってきました。

Bitcoin Core専用機

少し前にBitcoin Coreというウォレットを導入した。という話を書きました。このウォレット、常にネットに接続している必要があります。さらにブロックチェーンを読み込むときなど、瞬間的にCPUパワーを使うときがあり、メインマシンであるiMacだとちょっと不都合だったりしました。

そこで、SSD/HDDの2台体制にしたばかりのMac mini early2009にBitcoin Coreを移植してやることにしました。移植とはいっても、ブロックチェーンが入っているデータフォルダをmini2009のハードディスクにコピーしてBitcoin Coreをインストールしてやるだけ。Bitcoin Coreが同期するまで少し時間がかかりますが、ブロックチェーンをネットからダウンロードする(200GB弱あります)のに比べたら簡単です。

SSDを起動ディスクにして、HDDにブロックチェーンデータを収める。後はバックアップだけはしっかりしてやればいいことになります。

余ったCPUパワーはBONICをインストールして、分散コンピューティングでちょっとしたボランティア。まずはこれで行こうと思っています。

Mac mini復活

かれこれ1日、以前頻発していたりスタートが出ていないので、復活したとさせていただきます。良かった。

Mac mini2011の不調。勝手にリスタートする。という症状は出なくなりました。色々やってみましたが、結果としてハードウェアの不具合だったと思います。Mac mini君の電源ユニットをまるごと交換して正常に動くようになりました。

これが電源ユニット。カバーを外したわけではありませんが、中にはコンデンサなどが入っているものと思います。コンデンサは経年劣化しますので、これが原因だったと思われます。

なにはともあれ、正常に戻ってくれたので感謝です。さて、ホームサーバーとして再度頑張ってもらうことにしましょうか。

Bitcoin Core インストール

名前の通り、Bitcoinに関する話題です。Bitcoinというと暴落しちゃいましたね。私、暴落したところで1万円分購入しました。まぁ、それも半値ほどに落ちてしまったんですけど、話題に上らなくなる頃に再び上がるんじゃないかと思ったりしています。考え甘いですかね。

それはそうと、Bitcoin Coreというのはウォレットの1つです。ウォレットというのはお財布の意味。先般より、Bitcoinの会社が支払いを停止したりつぶれてしまったりがありました。そう言うことがあるとBitcoinが手元も戻ってこないことになります。

それでは困るので、ローカル・ウォレットという形で自分の手元にBitcoinを持っておくことが出来るようになります。取引所にウォレットを持つというのが多分一般的だと思いますが、取引所がクローズしてしまったら何にもなりませんよね。そこで手元に財布を作っておいておく。ということになります。詳しくはググってください。

私は海外での人気があまり高くないというBitcoin Coreというソフトを使ってローカル・ウォレットを構成しました。これ、必要なハードディスクの容量が、200GBとという1つのソフトが使うものとしては空前絶後の(大げさ)大きさを必要とします。おまけにこれをバックアップすることを考えれば、なかなか大きい容量ですね。しかし、シンプルなのが好きな私としては、これがいいと判断しました。

取引所からこのウォレットへの移動もスムーズで、デカい。というデメリット以外にはあまり不自由を感じません。さてさて、果たして値上がりするんでしょうか?

Mac mini2009顛末

はい、前回書きましたMac mini early 2009 のUpdateですが、ハード面の方は完成しました。写真にあるとおり、安価なSSDをセットしてネジで留め、コネクタなどを接続して終了です。

これでDVDは使えなくなりましたが、2台のSSD/HDDを内蔵したことになります。

後は、外付けのDVDから起動して(Snow LeoperdのDVDを起動ディスクにします)SSDのフォーマット、HDDのフォーマット、SSDへのインストールと続きます。

ところがここで問題発生、以前持っていたmini Displayport:VGAのコネクタがどうしても見つからない。私、昨年末ぐらいにオークションにはまっていたときがあるのですが、どうもうっぱらってしまったみたいです。なんと新規購入するというお粗末なことになってしまいました。ディスプレイが見られないと、インストールも出来ない。Amazonの安いコネクタを購入しました。明日4/23(月)に届きます。

全くどうしたもんでしょうね。この計画性のなさ。トホホです。

Mac mini2009もUpgrade

Mac miniはもう一台、early2009バージョンも保有しています。この子は光学ドライブがいかれておりまして、DVDを読み込みません。そこで、DVDは外付けに限定して、DVDドライブがある場所にSSDを増設することにしました。

しかし、いかんせん古いもので、DVDドライブにSSDを載せるキットが見つかりません。海外のVintageComputerと言うところから個人輸入で取り寄せました。

後はSSDを取り付ければ… 手元にあったSSD(中古)をセットしてみたのですが、読み書きがうまく出来ません。接続部分を疑ったのですが、お立ち台にセットしてみたらこちらでも読み書きがダメです。アララ…

ということで、新規にSSDを購入することにしました。ちなみに、ハードディスクの方はすでに交換済み。Windowsがインストールされているのですが、これは消去する予定です。

うまくいくかな。

Apple Music試用開始

基本的には所有したいんです。楽曲を聴く権利ではなく、あくまでも所有したいと思うのです。これまで何枚ものCDを購入してきました。レンタルも含めれば千を超えるかもしれません。Apple Musicというのはストリーミングで配信されるあくまでも聴く権利です。なので、これまで遠ざかってきたんです。

しかし、trialが3ヶ月もあるというのはApple Musicのいいところですね。3ヶ月聴き倒してみたいと思います。Apple Musicでは自分のライブラリをアップロードすることを求められます(選択制ですけどね)。アップロードすると、それを元におすすめが選曲される仕組みになっているみたいですが、残念ながらトラブルも多く聴きます。アップロードした楽曲が、Apple Musicの楽曲にすり替わってしまい、Apple Musicの契約を切ったら聴けなくなってしまったなどなど。まぁ、契約条件をよく読めばトラブルを回避できるはずですが、読んでる人少ないだろうなぁ。

私のライブラリは、FreeNASにフルバックアップしてありますので、トラブルになっても最悪書き戻すことが出来ます。それを保険にして3ヶ月じっくり試してみるつもりです。3ヶ月後、継続を決めるかやめてしまうか乞うご期待と言ったところですね。

UID921

あのですね、どうしてこんなことになったのかわからないのですが、FreeNASのTransmissionのワークフォルダのpermissionがおかしくなってしまいました。

デフォルトでちゃんと動いていた気がするんですが、今回はうまくいきませんでした。

chown 921:921 <media>

mediaはjails/transmission_1の中。

オーナーとワークグループをTransmissionのUIDである921にセットしてうまく動くようになりましたとさ。

でも、前はこんなことしてないんだけどなぁ。

FreeNAS11.1が壊れた

完全に私のミスなんですが、システムが壊れてしまったようです。

いつものようにUpdateを確認。Update作業に入りまして、書き込みを行っているときに電源を喪失。コンセント抜けました。通常ですと、システムはコピーを作成してそこにUpdateを適応させて、完成したところでそちらから起動する。そういうプロセスを取ります。なのでハードディスクへの書き込みもなかったし、大丈夫だろうと思っていました。再起動させてみると、エラーが表示されています。システムを入れておくUSBメモリの容量が少なくなっているというエラーでしたので、いらないシステムを削除しました。いらないと思っていたシステムを削除しました。削除しました。削除した後でシステムをリスタートしたら、なんかおかしい。

必要なシステムを削除したんじゃないかとちょっと焦りました。実は削除してなかったんですけどね。残っていたシステムに切り替えて再起動。余計におかしくなってしまいました。いやね、作業中のシステムを削除するなんてことはあり得ないんです。FreeNASほどのシステムだったらなおさら。にもかかわらず、古いシステムイメージから起動したものだから余計におかしくなってしまいました。

保存していたデータはすべてバックアップデータなので、最悪再フォーマットすることにしてUSBメモリにシステムをインストールしています。

パニックになると何をしでかすかわからないという好例ですね。

Mac mini分解

Mac mini君重傷です。いろいろ試してみましたが、本体の電源ユニットがおかしいのではないかと思い至りまして、FacebookのMacユーザーが集まるところに質問を投げてみましたら、バックアップ電池の摩耗によるものかもと言うことで、バックアップ電池を交換してみました。

アイキャッチ画像が交換した電池。BR2032というものですね。よく見るのはCR2032というものですね。BRの方が、高温状態に強い電池と言うことです。狭いMac mini君の本体内部はやはり高温になるんだろうな。ということで、BRの方を探して購入してきました。

リチウムコイン電池のBR、CRは正極の物質が違う BRの正極は、フッ化黒鉛 CRの正極は、二酸化マンガンを 使用温度の範囲 BRがマイナス30度から80度 CRがマイナス30度から60度 BRは比較的高温での性能に優れ、 CRに比べ放電電圧の変化が少なく安定した性能を示し、 長期信頼性に優れメモリーバックアップ等に使用される。

Mac miniにセカンドドライブを乗せてSSDとHDDの両方を内蔵させる(分解・取付編) を参照しながら分解。基盤の裏側にあるバックアップ電池を交換して、再び組み立て直し、起動。

結論から言うと、ダメでした。

海外の業者からパワーサプライ本体を個人輸入することにしました。ただ、送料ケチったので、到着まで20日〜30日かかります。気長に待つことにします。