「ノン・カテゴリ」カテゴリーアーカイブ

Synergy を導入

これまで、 macOS や Windows10 に独立したキーボードとマウスを用意していた。しかし、あまりにも不便なので Synergy というソフトを導入してみました。

この Synergy というソフト、 Symless という会社が開発しているようです。「 Synergy-1 つのマウスとキーボードをコンピューター間で共有」こちらで配布がなされています。最近はサブスクリプションといって月ごとに料金を取るシステムが流行ですが、 Synergy は買い切りのようです。金額は $29.00(BASIC) 。現在のバージョンは 1.10.3 になっていますね。 Web 上ではバージョン 2 の話題も出ていましたが、一度発表した後、引っ込めたみたいですね。バージョン 2 は Web 上にはなさそうです。

さて私はこのソフトを macOS Mojave と Windows10 に導入してみました。

まず引っかかったのはソフトの購入段階。あまりクレジットカードを直接入力したくないので、海外のソフトを購入する際などは、 PayPal を使っています。今回も PayPal が使えるようになっていたため、当然のように PayPal を選択しました。しかし、ダメです。 PayPal と Web サイトトのやりとりがタイムアウトしてしまうように、エラーになってしまい。支払いに至りません。何度か時間をおいて繰り返したのですが、ダメなのであきらめてクレジットカードの直接入力に切り替えました。こちらはスムーズに支払い OK 。

さて、インストールなどは簡単なので省略(私は、 Synergy 1 - マウス・キーボード共有アプリのインストールと使い方こちらを見ながら行いました)しますが、インストール後にまた 1 つはまってしまいました。

ズバリ書いてしまうと、 macOS をインストールしてある iMac は 2 系統のネットワークに所属していました。 1 つは Wi-Fi ネットワーク。もう一つは Ethernet のネットワークです。別にこの 2 つ別々のネットワークではないという認識でいたのですが、何度やっても IP アドレスが小さい ( 我が家の環境ではの話です )Wi-Fi ネットワークを使って接続しようとします。 Ethernet のネットワークの方が安定すると思って ( 事実そうでした )Ethernet の IP アドレスで接続させようとするのですが、どうしても接続してくれません。そして、 Wi-Fi ネットワークだとエラーが起きて Windows10 との接続に至りません

仕方ないので、一度 Wi-Fi を切った状態で立ち上げて強制的に Ethernet をつかませてやりました。この状態では問題なく Windows10 との接続が成功します。原因は見えているのに、なかなかうまくいかず、イライラしたのは事実です。我が家の Wi-Fi ネットワークは少し複雑になっているので、それも原因かな。

ともあれ、非常に快適です。 $29.00 の価値は十分に感じられます。ソフトとネットワーク環境がきちんとしていれば、特別なハードウェアなしで実現している。これは大きいですね。もちろん、体感上は感じませんが、リアルタイム性が高いゲームをするというような用途では、おそらくダメでしょうね。遅延が起こると思います。

こんなに快適ならもっと早くからやっておけば良かった。


女房に愛される技術というものは発明されないものだろうか。

ラ・ブリュイエール

WordCamp Niigata2019

WordCamp Niigata2019 が来る 10/22( 火・祝 ) に長岡市のアオーレ長岡で行われます。私、至らぬながらもスタッフとして参加します。

昨年、 WordCamp Tokyo2018 に参加者として参加してから、 WordCamp って面白いなぁと思っていました。たまたま、新潟でも行われることを知りまして、当日スタッフの募集になんとなく応募していました。私なんぞに務まるのかなぁ。と不安はありつつも、楽しみにしております。

はじめての方へ – WordCamp Niigata 2019

昨年参加した東京はレベルがけっこう高かったと思いますが、今回の新潟は初心者でも楽しめるようなイベントになっているかと思います。ブログに興味があるというような人でも、大丈夫な講座もあります。

前売り製の有料イベントですので、チケットを前もって購入していただく形なのですが、想定来場者は 200 人 (2019/10/06 現在、残りは 74 枚になってます ) 。東京の規模に比べると圧倒的に小さいのですが、コンパクトであるが故にアットホームなイベントになればいいなぁと思っています。

こんな講座があります。興味がある方は、「参加登録 / Tickets 」にぜひアクセスしてみてください。


正しい結婚の基礎は相互の誤解にある。

ワイルド

Parallels 用外付け SSD

内蔵 SSD の容量が切迫してきたので、容量食ってる Parallels の VM(Virtual Machine) を外付け SSD に移すことにしました。

iMac の内蔵 SSD の容量は 512GB 。ユーザーデータの大半は外付けの HDD に逃がしているので、 512GB でも問題ありませんでした。しかし、 Parallels の VM をたくさん用意してしまうと、容量がどんどん少なくなっていきます。じゃ、他のデータと同じように外付けの HDD に移せばいいかというとそう簡単ではありません。 VM は頻繁にアクセスがあるため、遅いデバイスにあると如実に実行速度に出てきます。ハードディスクでは満足いく速度は出ませんでした。

そこで、手元にあった 2.5inchSSD を安い USB-C のケースに入れて外付け SSD にしてみました。もちろん、本体内の SSD の速度には及びませんが、それでも十分な速度が出ます。冒頭の写真がその速度を測定したものです。転がっていた SSD と安物の USB-C のケースですので、規格上の速度は出ていないのですが、体感上内蔵 SSD の場合と比べると若干のもたつき感はあるものの、 OK です。これならいけます。

ちなみに、 iMac の内蔵 SSD の速度はこれ。

内蔵 SSD の速度

さすがに桁が違いますね。早いです。ちなみに USB3.0 に接続した HDD の速度はこちら。

USB3.0 のハードディスク速度

これまた桁が違います。遅い方にですが。

VM は現在 7 つ。 macOS(Catalina では 32bit アプリケーションが起動しなくなるので、動作させるために現在のバージョンを保存 ) を含めて Linux のディストリビューションの実験用として Parallels の仮想環境を利用しています。使っていくと VM の容量は徐々に増えていきますし、実験用の VM はこれからも増えていく予定。これまでは内蔵 SSD の容量を気にして、ある程度使ったら消していました。これからはかなり保存しておける予定です。


お前たちのあの笑顔を見ることができたこと、あの笑顔は最高だったよ。あの笑顔が見られただけでも外泊期間を延ばしてよかったと思えたほどだ。心からの笑顔というものが、どれだけ人を勇気づけるかを知っていてほしい。

山崎章郎 

来来亭 新潟松崎店

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、来来亭 新潟松崎店のワンタン麺です。

私、今の今まで「未来亭」だと思ってました。「来来亭」なんですね。知らなかった。ところで私の中では、こちらのお店はややジャンク寄りのお店だと思っていたんです。黄色い看板がジャンク臭を漂わせているじゃありませんか。すごく失礼な話ですけど。

食べてみての感想は、美味しいじゃないか。でした。ホント失礼しました。

もちもちのワンタンはもちろんですが、ネギのシャキシャキ感もいいですね。細麺はこのスープに合っている気がします。細麺でゆで時間が短いせいか、注文から提供までの時間が短いのも好感が持てます。注文してからメールを見ようと思っていたのですが、すぐ提供されて見ることができませんでした。嬉しい誤算ですね。

背脂が入っていますが、脂っこいわけではなく、むしろさっぱり系の味わい。大変美味しくいただきました。


どんな天才も同僚たちとは違った角度で世の中を見るが、ここに彼の悲劇がある。

エリス「人生の踊り」

拡張カードが原因

FreeNAS の起動不良は、増設した拡張カードが原因でした。ハードディスクかと思ったんですが、見込み違いでした。現在は起動しています。

拡張カードというのは、マザーボード上の SATA ポートが不足したため、追加した PCIe の SATACard です。前の記事で“数時間このまま”と書きましたが、結局 3 時間ぐらいほったらかしにしておいたところで、なんとなく自分の見込みは違うんじゃないかと思って、ちゃんと動いていたときの状態に戻してみました。

というのも、電源モジュールを交換するときに、起動ディスクを USB メモリから SSD に変えていたんですね。それを USB メモリに戻してみた … 起動する。じゃ、 SSD が不良なのか? ふと思いついて SSD を違う SATA ポートに挿して起動してみる … 起動する。アレ? もしかして拡張カードが原因? 拡張カードを外してみるとちゃんと起動するんですよ。

拡張カードを戻してやると、データディスクとしては使えるけど、システムとして使おうとすると前の記事みたいになると言うことがわかりました。

仕方ないので、ディスクの構成を変えてシステムをマザーボード上の SATA ポートにつなぐ方法で安定動作させられました。データとして使っていたので、システムとして使えないとは思わなかった。 1 つ勉強させていただきました。


おかしいわよ、金持ちの人がお金でなんでも手に入ると思っているのは。あたし、そんなもの少しも欲しくない。好きな人とならどんな汚い部屋だってかまいやしない。気が向かなかったら、豪邸に住めっていわれたってイヤだわ。お金なんて……、そう、お金の上でダンスしてみせるわ、つばをひっかけてみせるわ。 

E ・ゾラ

FreeNAS が起動不可

電源がおかしかった FreeNAS ですが、電源交換後、エラーのため起動不可の状態になってます。困った。

pmp0:ahcich6 time out ですか?エラーが延々と出て起動してくれません。ハードディスクがエラーを吐いているらしいのですが、かれこれ 1 時間この状態です。ただ、一生懸命起動しようとしているのはわかります。英語の掲示板でも数時間このままだという報告もあがっているので、今日一日かけて FreeNAS さんが復活しようとしているのを見守ろうと思います。

FreeNAS はうちのネットワークの中では、各 Mac/PC 間のファイルやりとり。そしてバックアップを受け持っています。ファイルのやりとりには別の方法もありますので何とかなるのですが、バックアップはディスク容量の関係もあってこの子じゃないとダメです。早く復活して欲しいですね。

ところでどのハードディスクがエラーになっているのかわからないのも困りますな。


親であるということは一つの重要な職業だ。しかし今だかつて、子供のために、この職業の適性検査が行われたことはない。

ジョージ・バーナード・ショウ

サーバー機の異常 ( 電源 )

我が家のサーバー機がおかしくなってしまいました ( 号泣

もともと古いパソコンのパーツを流用して作ったものなのですが、今日気がつくとケースファンが回っていません。サーバーは通常の PC に FreeNAS という OS を入れているのです。ケースファンは全部で 4 つつけているのですが、それら全てが停止。更にハードディスクに異常が起きたときにバックアップとして動作させる用の 1 台に電源が入っていません。

一度バラしてみたのですが、 ATX 電源がおかしいことがわかりました。フルプラグインの電源なのですが、 SATA などの差し込み口 4 つのうち、 2 つが電力を供給していません。ハードディスクは全部で 7 台セットアップしてあるのですが、おかしくなった電源差し込み口を使っていたのは 1 台だけ。更に、ケースファンもおかしくなった電源差し込み口を使っていました。

ATX 電源がおかしいことは明らかなので、交換が必要ですが、私の住む新発田で交換用の ATX 電源を置いているショップはありません。新潟市までいけばあるのですけどね。電源というパーツは場所をとることから交換用なんて用意していませんでした。盲点でしたね。何台も PC を組んでいる人なら一台ぐらい転がっているのかもしれませんが、残念ながら我が家にはありません。

明日は東京に野暮用で出かけるので、秋葉原まで足を伸ばして電源を購入してこようと思っています。帰りの新幹線の時間を 1 時間ほど延ばして、その時間で秋葉原まで行ってきます。たまたまですが、楽しみが 1 つ増えました。新潟市まで出かけて購入してもいいんですけどね。どうせ東京 ( 正確には新宿に用がある ) まで出かけるのでついでです。いやホントについでです。

3 連休最後の月曜日はサーバー機の全バラし。リビルドの予定に変更です。


学習を伴わない行動は致命的である。行動を伴わない学習は無益である。

メリー・ビアード

FreeNAS11.2U6

FreeNAS のバグフィックスバージョンがリリースされました。使っている人は早速バージョンアップしましょう。

ベースになっている FreeBSD のバグフィックスを取り込んでいること。いくつかの不具合を直していること。などですね。詳しくは「 FreeNAS 11.2-U6-iXsystems 、 Inc. 」を参照してください。

実は、 FreeNAS のバージョンアップは時間がかなりかかります。1時間ぐらいは見ておかなければならないですね。毎度バージョンアップの度にブログを書いていますが、バージョンアップの時間がかかるためだったりします。

FreeNAS を使っている人ってどれぐらいいるんでしょうね。使っている人は早速バージョンアップしましょう。


優れた者ほど間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。一度も間違いをしたことのない者、それも大きな間違いをしたことのない者をトップレベルの地位に就かせてはならない。間違いをしたことのない者は凡庸である。そのうえ、いかにして間違いを発見し、いかにしてそれを早く直すかを知らない。 

P ・ F ・ドラッカー

テーマ戻しました

次期デフォルトテーマ Twenty Twenty をβ版の段階でしたがいったん適応させていたんですが、ダメでした。どうしても本文のフォントが変わらない。戻しました。

テーマのカスタマイズ機能を使って、タイトル・ディスクリプションはフォントを変えることができました。しかし、本文の方は変わりませんでした。更に、テーマの CSS を直接いじったのですが、これまたどうしても変わってくれません。 CSS でかなり新しめの指定を使っているので、訳がわからない状態でした。

私はこのブログを始めた頃から、 Eins というテーマを使っています。このテーマは日本人の女性が作ったものですね。最近多くなっている、有料テーマのサブセットと言うわけではなく、これで完結しています。シンプルなテーマなので、いじるのもたやすい。 Twenty Twenty とは違って、ブロックエディター対応と言うわけではないのですが、ブロックエディターで支障なく使えています。このテーマに戻しました。

自虐的にいうと、このブログ見ている人も少ないはずなので、テーマが変わったことを気がつかない人もきっと多いはず。なので、一瞬適用させた Twenty Twenty のスクリーンショットでもない限りわからないでしょ。スクリーンショットとる気も無いので、闇に葬ります。また Eins と付き合っていきますね。


親子だというても、親は親、子は子だ。その子の為に節を屈して子に奉公しなければならぬということはない。

福沢諭吉

フォント指定できない

毎度のことなのですが、 WordPress の CSS 指定は難しい。複雑に入り組んでいて、あちらを立てればこちらが立たず。 important 指定してもダメだったりします。もちろん、直接テーマの CSS をいじってやればいいのです。しかし、ただでさえβ版のテーマなのに、いじってしまうとバージョンアップの時大変です。

困ったことに、テーマのカスタマイズ機能を使っているとその画面では FONT が意図したとおりになっているのですね。で、 Web 上を見てみると意図したとおりになっていない。 cache の問題があるので、 cache をクリアしてみたりしたのですが、ダメです。

現状、タイトル・ディスクリプションは意図したとおり。本文はダメ。何が原因かつかみかねています。とりあえず、 CSS を直接編集する方向で考えています。ついでにフォントサイズが大きいのでそれも。フォントサイズも追加の CSS 編集では修正できません。


「オレは『初孫』って書いて『はつそん』で読んじゃうよ」

高田純次