「blog」カテゴリーアーカイブ

WAF を OFF にしないとエラーが出ます

WordPress の追加 CSS を変更しようとしたら、エラーになります。何がおかしいのか調べたら、サーバーサイドの WAF (ウエブアプリケーションファイアーウォール)がいたずらしていました。

WAF って何?

私の使っているのは、 Lollipop さんです。 Lollipop さんでは、 WAF (ウエブアプリケーションファイアーウォール)を提供しており、これを ON にしておくことを推奨しています。

WAF (ワフ)は” Web Application Firewall ”の略で、「 Web アプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃」から Web サイトを保護するセキュリティ対策です。 Web サーバーの前段に設置して通信を解析・検査し、攻撃と判断した通信を遮断することで、 Web サイトを保護します。
インターネットバンキングや EC サイトのように、ユーザーからの入力を受け付けたり、リクエストに応じて動的にページを作成する Web サイトの保護に適しています。 

WAF とは?| SiteGuard |キヤノン

動的なページを作成するってところは、 WordPress にも合致してますね。私もこの機能を ON にして使っていました。

トラブル発生

さて、安定して使っていたんですが、どうもうまく動かないのが1つ出てきました。 WordPress には CSS を追加して指定する機能が備わっているんですが、これがうまくいかない。めったにいじるところではないので、気がつかなかったのですけど何度やってもエラーが出る。

このエラーですね。時間をおいて確認しろというので、時間をおいてやってみてもダメです。その他の機能はうまく動いてくれていますが、これだけうまく動きません。

何が悪いんだろうと考えてみるに、私の操作が悪いのか、サーバーサイドの問題なのか。どうもサーバーくさいんですよね。

単純に CSS に改行を1つ入れただけでもエラーになります。私の iMac から WordPress が動いているサーバーのどこかに何か障害になっているものがあるんじゃないか。そう考えたんですね。

WAF が原因でした

原因と書きましたが、 WAF そのものは悪くなかったんだと思うのですね。ファイアーウォールですから、何か普段と異なるアクセスが生じた場合それを停止するのが、ファイアーウォールの役目です。そういう意味では、 CSS を書き込むという行為は、通常記事を作っている時のアクセスとは少し異なるので、異常と関知してしまったのかもしれません。

しかし、そうは言っても不便ですな。 Lollipop さんの WAF は、 ON → OFF に変えても5分ぐらいタイムラグが生じます。 Lollipop さんのログインページの WAF 設定を OFF にして、しばらく待ってから問題の CSS の書き換えを行ってみると、ビンゴでした。

まとめ

WordPress の CSS 変更は、 WAF を OFF にしないと動かない場合があります。必ずしもこれだけが原因というわけではないと思いますが、同じようにエラーが出ている人は、 WAF を疑ってみてはいかがでしょうか。

最後に、 CSS の更新が終わったら、 WAF を元通りに ON にしておきましょうね。

Lolipop さんの WordPress 簡単引っ越し

バナーを張っている Lolipop さんの新機能「 WordPress 簡単引っ越し」を説明してみたいと思います。便利である反面、色々前提条件があるので注意も必要になります。では始めますね。

WordPress 簡単引っ越しとはどんな機能なのか

この機能は、他のサーバーで稼働している WordPress を Lolipop さんが運営しているサーバーにそっくり移行するものです。 WordPress 本体とデータベース、それとアップロードしたデータを移行する機能ですね。

Lolipop さんで WordPress を運営したい。今まで別のサーバーで WordPress を運営していたので、それを Lolipop さんに移したい。そんな人に最適なサービスですね。

▶ 前提条件

大変便利なサービスですが、前提条件もあります。これらを満たしていないとこのサービスは適応されません。

  • Lolipop さんのデータベースの作成数に最低 1 つ余裕があること
  • 引っ越しする元々の WordPress のバージョンが 4.0 〜 5.2 であること
  • 引っ越しする元々の PHP のバージョンが 5.3 以上であること
  • 引っ越しする元々のデータベース容量が 1GB 未満であること
  • 元々の WordPress が WordPress.com での運用ではないこと 
  • PHP でファイル圧縮するので、そういったツールが動作すること

最初のデータベース作成数に関してですが、 Lolipop さんのサービスではデータベース作成数がプランによって違います。スタンダード・プラン以上ですと、最大 30 個のデータベースを作ることができますので、この制限に引っかかることはありませんが、エコノミー・プランだとデータベース作成数は 1 です。つまり、まだ WordPress を使っていなければデータベース作成数は 0 ですので、 WordPress 簡単引っ越しを使えるのですが、すでにデータベースを使っている場合は、 WordPress 簡単引っ越し機能は使えないことになります。注意しましょう。

▶ 手順について

WordPress 簡単引っ越しは、その名の通り実に簡単な操作で WordPress を移行することができるのですが、手順は次の通りです。

  • 専用ページにログインする (Lolipop さんのアカウント必要 )
  • 必要事項を記入する
  • 実行開始ボタンをクリックする!

以上です。必要事項も引っ越し先と引っ越し元のアドレスなどをきちんと入力できれば OK です。あとは、 WordPress 簡単引っ越しが自動的に行ってくれます。ちなみに、この機能を実行しても元々の WordPress は削除されません。また、 WordPress 簡単引っ越しを行うと、マイナーバージョン (*) が最新のものに変更されます。

(*) マイナーバージョン: 5.2.1 → 5.2.4 というように最新になります。

▶ まとめ

Lolipop さんに WordPress を移したい。でもどうやって引っ越しすれば良いのかわからない。そんなときに強力な機能です。前提条件さえクリアされていれば、問題なく使えると思います。

セキュリティ系のプラグインを入れている場合などは、 1 度そのプラグインを外してから実行すればいいかと思います。また、元々の WordPress で独自ドメインを使っていた場合は、別にドメインの引っ越しをしなければなりません。

注意点をよく吟味して、 WordPress 簡単引っ越しを使って、 Lolipop さんのサーバーで WordPress ライフを始めましょう。

 プラグイン同士の相性で悩んでおります

AMP for WordPress と Ad Inserter というプラグインの相性がとっても悪くて、結果 AMP の方を外しております。両方入れると Ad Inserter が完全にオフになり、 AMP の方はいろんなエラーを吐く。

何が原因かわからないので、色々いじっていたのですがこの 2 つがダメですね。特に私のブログでは AMP の相性が悪いです。 WordPress のプラグインには相性があるというのはよく聞くのですが、こんなにはっきりしてるのは初めてかもしれませんね。

AMP というのはモバイル環境の方で高速化を図る為のものですが、効果あるんですかね。あんまり効果を感じられません。こちらを外すことにしたのですが、 Ad Inserter はブログ全体のスピードを遅くしてしまうので、悩みどころです。 Ad Inserter は広告を挿入するためのもので、外部サーバーから画像を引っ張ってくるので遅くなるんですよね。わかってるんですけど …

このブログの有り様みたいなものを再考しています。色々入れて目的がはっきりしなくなっているんですよね。

基礎の基礎 Analytics 用語集( 2 )

ディメンション、指標

さて、わからなくなってきましたよ。ディメンションと指標。何ですかこれは?

指標:分析で見たい数値のこと。ユーザー数、セッション数、ページビュー数、離脱率などなど。

ディメンション:分析区分、切り口のこと。指標を見る際の切り分け方を示すのがディメンション。ユーザータイプ、参照元、デバイス、ブラウザの種類などなど。

これは、実際に Analytics の画面を見るとよく分かる。分析区分が左側にあり、分析値が右に表示される。左側がディメンション、右側が指標。 (._.) φ

ここまで来るとちょっと面白くなってくる。コンバージョンを考えなければならないのは当然として、今まで見えていなかった数字が見えてくる。絶対値としての来場者が少ないのは置いておいて、来場者の特徴が見えてくる。う〜ん、これまでの私は何だったんだろう。

カスタムレポートの作り方も載っていたので、ディメンション、指標を設定してみてみようと思います。


私はこの自己本位という言葉を自分の手に握ってから大変強くなりました。彼等何者ぞやと気概が出ました。

夏目漱石「私の個人主義」

基礎の基礎 Analytics 用語集( 1 )

ページビュー・セッション数・ユーザー数

ページビュー (PV) :ユーザーに関係なく閲覧されたページ数

セッション数 (ss) :ユーザーが訪れた数 ( ※ )

ユーザー数 (UU) :個別のユーザーが Web ページに来訪した数 ( 重複はノーカウント )

※  1 つの来訪で 1 セッション。その後、約 30 分のインターバルがあっての際来訪があった場合 2 セッションとカウントするらしい。

セッション数がちょっとわかりづらいッス。

参照元、閲覧開始数、直帰率

参照元:来訪者がどこから来たか。 Organic: 検索エンジン経由、 Referral: 他のサイトなどのリンク、 Social:SNS などから、 Direct: ブックマークなど直接

閲覧開始数: Entrances 最初に自分のページにやってき来たときのページビュー数

直帰率:そのページを見て、すぐ帰っているのが何%あるかの率

直帰率の説明でこんなのがあったので転記。直帰率が高くなってしまう原因

  • 必要とする情報がなかった場合
  • 次の行動を促すものがない
  • サイトが使いづらく、情報が見つからない
  • ページの読み込みが遅い

最後が気になった。確かに読込が遅いサイトはサッサと帰ってしまうことが多いように思う。そういう意味でも PageSpeed 重要ですね。

離脱率

離脱率:さっきの閲覧開始数の Entrances の逆、どこを見てサイトを離れたか。


現実の自分がもしかしたらなれたかもしれない自分に悲しげに挨拶をする

フリードリッヒ ヘーベル

よく分かっていないですがタグマネージャーを入れてみた

Google タグマネージャーを入れると良いと本に書いてあったので、馬鹿正直に入れてみた。正直まだ効果とか全然わかっておりません。

いやぁ、入れるだけでもなかなか大変でした。参照している本の挿絵が古かったり、私が参照しているところが違ったり …  ともあれ何とか動いているみたいです。

ユーザー、セッション、ディメンション …  いやぁどんな意味ですか? 私、わかってません。これまで SEO のプラグインを入れたり出したりしていましたが、意味がわかっていなかったんですよね。入れると良いよと言われて入れていた。問題が起こるから出していた。もうね、恥ずかしいったらありません。 Google Analytics 固有の言葉がありますよね。なかなか大変だわ。前途多難。

さて、タグマネージャーをググってみると、

多くのタグを一元管理して、効率的にタグを管理し、積極活用しようというものです。

今さら聞けない、タグマネジメント入門基礎の基礎 - Content Hub (コンテンツハブ) | ナイル株式会社

… えっと、わかったようなわからないような。確かに、タグマネージャーと Analytics をリンクさせました。そういうことなんですかね。そして疑問が 1 つ、 Analytics のトレースコードはいったん外して、タグマネージャーとリンクさせたのですが、昔のトレースコードが残っているとの指摘があります。どこだ? なんか色々いじっていたのでわからなくなってしまいました。もう一度見直してみますね。

さて、参考書を読み進めて Analytics をより身近に感じられるようにならなくっちゃ。


運・鈍・根の三つのみで宝積めず

相場格言

Google Analytics のお勉強をしてみる(俯瞰編)

今さらと言われるかもしれませんが、これまで Google Analytics というのは入れてはいましたが、活用していませんでした。というか活用の方法を知りませんでした。多くの人に見てもらうためには、私のブログにどんな情報を求めてきてくれているのかを知らないといけませんよね。お勉強です。

冒頭の写真は、まさにこの瞬間の Home 画面ですが、訪れてくれるひとが 1 分ちょっととどまって、すぐ帰っているのがわかりますよね。私、これ自体良いのか悪いのか判断つきません。ブログなんで、先頭の一番新しい記事を読んで帰っているのは自然なような気がします。ただ、基本数が少ないですね。もっと多くの人に読んでもらいたいなぁと思います。

私のブログはパソコンから多く見られている

これも私のブログのデータですが、約 6 割強がパソコンからの流入になっています。これをどう捉えれば良いのかわかりませんが、先日書いた PageSpeed もこのデータを見ていたので、パソコン側を重視しました。モバイル・ファーストという言葉があるように、時代はモバイル環境の方に移りつつあると私も思っています。なので、モバイルにとって魅力が薄いのが私のサイトなのかな?

流入先

えーと、

  • Direct :ブックマークなどからの流入 
  • Organic Search : Google などの検索エンジン経由 
  • Social : Facebook/Twitter など SNS 経由で流入 
  • Referral :他のサイトなどのリンクを利用して流入

こういうことのようですが、私個人的にとっても意外だったのが、 Organic Search の多さと、 Referral の存在です。 Organic Search は 3 割弱の流入になっていますが、こんなに多いのは意外です。もっと少ないと思っていました。あえて伏せておきますが、流入ワードに関しても意外なものでした。あんまり記事書いてないんですけどね。今後の参考になりました(オイオイ)。

Referral の存在はもっと意外でして、私のブログにリンクしている人がいる。それだけでも驚きなのですが、黄色の部分 4 %なんですけど、それだけいるってことですよね。これ、ブログやっている人間にとっては嬉しいことです。もっとこの数字が大きくなってくれると嬉しいなぁ。

SNS 経由は、 Facebook/Twitter でしょうね。ブログの記事を書くとここにも書き込んでいます。大事ですね。そして Direct の方。これも嬉しい。ブックマークや RSS なんかを見て「何書いてんだよ」という冷やかしであっても来てくれるのは嬉しいです。ホントに嬉しいですね。

さて、俯瞰編はこのぐらいにしておきますが、ちゃんとしたお勉強をするつもりです。それを踏まえての今後のこのブログの有り様みたいなものを作っていこうと。

Google Search Console (通称サチコ)も合わせて勉強したいです。一朝一夕では行かないのは承知の上。ちゃんとしますよ。


対立するものなど、決して存在しない。死といい生というも、舌を出して争いあう言葉に過ぎぬ以上、やはりお前は、お前の生命を投げ出させるものによってしか生き得ないのだ。死を拒否する者は、生命をも拒否する。お前を越えるものが何もないならば、お前が受けるものもまたない。あるとすれば、おまえ自身から受けるものに他ならない。だが、空しい鏡から何を引き出すというのか?

サン=テグジュペリ

サイトのスピードは画像によってずいぶん変わりますね

先日、 PageSpeed Insights のスコアが悪いという話を書きましたが、やったことを書いてみますね。まぁ、参考になるかどうかはわかりませんけどね。

プラグインを厳選

SEO に関するプラグインもこの際外してみました。正直あまり効果はなさそうです。プラグインを外すことは、 WordPress の Core システムの応答時間の短縮につながりますね。しかし、私の環境下においてはあまり効果は出ませんでした。

PageSpeed のサイトでは、サーバーの応答速度に関するコメントが必ず一番上に表示されました。先のエントリでもちょっと書きましたが、サーバーの応答速度を上げるのはプラン変更で可能になると思います。しかし、今回はそこまでのことをしたいとは思っていませんので、サーバー変更は却下です。

とはいえ、応答速度の改善という意味では多少なりとも効果があるであろうと言うことで普段使いのプラグイン以外は外して運用しています。

画像をリサイズ

リサイズというと縦横のサイズのことがもっとも言われますが、それを含めて画像の大きさを見直しました。

私が使っているのは、 iMac の 2018 年モデル。 Retina ディスプレイモデルです。そしてけっこう頻繁にスクリーンショットを使っていました。 Retina ディスプレイというのは、ピクセルサイズが非常に細かいんですね。 Retina ディスプレイで見ると、普通の大きさでも実サイズは結構大きいということよくあります。

なんせ、 4096×2304 ピクセルですからね。スクリーンショットはそのサイズになってしまうわけです。私のブログだと width5 〜 800 ピクセルあれば十分です。全てではないのですが、サイズを変更してみました。

これ効果がありました。読込速度の改善に極めて効果がありました。画像サイズというか、画像最適化をするプラグインも使っていたのですが、プラグインに頼るのではなく、実際の画像サイズを小さくしてやることの方が数倍効果的だという結果になりました。

モバイルは難しい

エントリの冒頭の写真はパソコン環境の採点で、 90 点オーバーになっています。しかし、問題のモバイル環境の方は、

モバイル環境の採点

このように、 60 点です。パソコンからの流入が多いのが私のサイトの特徴ではあるのですが、モバイルも無視できませんよね。及第点にはちょっと届かない感じですね。

実は悩ましいことに、 AMP 関連のプラグインを入れるとモバイル環境の採点がガクッと落ちてしまうんです。それどころか、 AMP 関連のプラグインはパソコン環境にも影響を与えるようで、思わしくないのです。 AMP というのは簡易 ( でもないけど ) サイトでモバイルの読込速度を上げられるというものです。いや、悪くないと思うのですが、どうも私の環境ではダメでしたね。

少なくともこのスコアを維持したい

油断するとこういうスコアはすぐ落ちてしまいます。油断するというか、忘れるというか。パソコン環境では 90 点台を、モバイル環境の方は最低ラインとして現在の 60 点を維持していきたいと思います。

AMP 関連の改善も進めていきたいですね。何が足かせになっているのか今のところよく分かっていないです。個別のエントリアドレスに関しても調べてみましたが、ほぼ同程度のスコアが出ています。トップページが改善されれば、エントリページも改善されると言うことでしょうね。

何とかがんばっていきたいと思います。


孤独とは、港を離れ、海を漂うような寂しさではない。本当の自己を知り、この美しい地球上に存在している間に、自分たちが何をしようとしているのか、どこに向かおうとしているのを知るためのよい機会なのだ。

アン・シャノン・モンロー

Page Speed Insights の点数が低い!

Google さんの PageSpeed Insights にちょっとはまり込んでいます。「 WordPress サイトの高速化」吉田哲也さんのブログなんですが、これを見て自分のブログでもやってみたのです。いけませんなぁ。モバイル 35 点 …

私のブログは、 Lolipop さんのスタンダード・プラン上にあります。より高いグレードのハイスピード・プランならレスポンスが改善されるはずですが、まぁそうも言っていられません。現状の状態でどのぐらい改善できるかやってみました。

まだ途中ですが、パソコン環境は 80 〜 70 点、モバイル 35 点って、落第ですね。

あまり考えずにプラグインを入れていった結果、プラグインを厳選することでパフォーマンスはある程度あがったようです。あとは画像。これもよく考えずに馬鹿でかい画像をそのまま上げていました (iPhone の画像でかいんですよね ) 。以前もいじってけっこう高い点数にしていた気がするのですが、すっかり忘れて色々手を入れて点数も下がっていました。

パソコン環境では 80 点台を、モバイル環境はせめて 50 点台にしないとなぁ。まずは画像に気をつけてやってみます。


「仲間を大切にしない奴はそれ以上のクズだ」

はたけカカシ「 NARUTO 」

ブログを上書きしてしまった! 復旧までの道のり ( その 3) 反省と教訓

トラブルが起きたときに、どうすればいいかを考えました。一応復旧した今。反省と教訓はしっかりしておかないと、また同じことを繰り返してしまうのです。

マジでバックアップ重要!

今回はバックアップがあったことで工数的にも、精神的にも大変メリットがありました。そもそもバックアップがなかったら復旧なんて考えられません。一つ一つのエントリをぜんぶ覚えているなんてあり得ませんからね。

データベースが無事だったのは不幸中の幸いでしたが、データベースのバックアップも持っていましたから、データベースが破損していたとしても何とかなったと思います。手順を踏んで一つ一つやっていけば、ブログの復旧作業は終わります。しかし、バックアップがなかったら復旧も何もありません。

私はプラグインを使っていましたが、 FTP クライアントを使ってバックアップを取ったり、 phpMyAdmin というソフトを使ってデータベースのデータをダウンロードすることもできます。バックアップしてない。という方はぜひ検討してください。

試行錯誤することも勉強の 1 つ

今回やり方はなんとなくわかっていたつもりでしたが、実際にファイルのリストアを行う段になって、いろんな問題が出て困惑しました。ですが、冷静になってどういう理屈で動いているのか想像しながら作業をすることで、なんとなく知っている。という状態から、理解している。という状態に昇華するように思いました。

ブログを書くだけではなく、その動きも冷静になってあーだこーだするのは、考えようによってはこれ以上ない体験の場だと思います。

道は 1 つじゃない 袋小路は避けて通ろう

その2でも書きましたが、うまくいかない時にそこに時間をかけずに、違う道を探ったのは結果的に正解だったと思います。ドツボにはまってるなぁ。とか、同じことを繰り返しているような気になったら、思い切って別の道を探ってみるのはいいことだと思います。

エラーが出ていてそれを突き詰めていけば、それも自分の身になるかもしれませんが、時間がかかりますよね。ブログを元通りにするという目標があるのですから、さっさと違う方向から道を探って解決する。これ重要だと思います。

反省点

  • アルコールは作業の妨げ
  • システムからのメッセージはよく読むこと
  • 慣れは失敗の元

アルコールは上手に飲めば潤滑油になりますよね。でも、細かい作業やサーバーをいじったりするときに“いい気分”で作業するとろくなことはありません。今回私の例ですね。高速バスの待ち時間に喫茶店でちょこちょこっとやるようなことではなかったですね。

Lolipop さんの簡単インストールという機能を使って失敗したのですが、これ Lolipop さんが悪いわけではありません。後で気がついたのですが、システムは「ここに WordPress がある可能性がありますよ」というメッセージを出してくれていました。それを私が無視して進めたことが原因になってます。

どんなことでもそうですが、慣れているというのはメリットでもあり、デメリットにもなります。ブログを上書きしてしまうなんて後から考えれば「ありえない」ミスなのですが、何回もやっている。今回も大丈夫だろう。これが危険。ホント危険です。

お世話になったプラグイン UpdraftPlus

UpdraftPlus は、バックアップと復元を簡素化します。 これは、世界で最高のランキングと最も人気のある定期的なバックアッププラグインであり、 200 万を超える現在アクティブなインストールがあります。 ファイルとデータベースのバックアップをクラウドにバックアップし、ワンクリックで復元します! 

https://ja.wordpress.org/plugins/updraftplus/

これはお世話になった ( なっている ) プラグイン UpdraftPlus の説明文の冒頭です。ワンクリックで復元します。というのは大げさではありません。ホントにワンクリックです。

今回このソフトによるバックアップがなかったら、サイトの復元なんてできませんでした。私は有料オプションを購入しています。有料オプションだと、

  1. 広告の表示がない
  2. 更新前の自動バックアップができる (これ便利です )
  3. スケジュールを決めてバックアップできる

などの ( 他にも色々ありますが、私がいいと思ったもののみ ) 利点があります。有料オプションはけっこう高い ( ※最初の年度 $70.00 、年次更新 $42.00) のですが、安心を買うというのを考えれば安いものだと思います。今回痛感しました

※プランによって価格は変わりますし、けっこう頻繁にディスカウントのオファーが来ます。


長くなってしまいましたが、経験しなくてすむなら経験したくないものでした。これを読んでいる皆さんは、ブログを上書きなんぞというとんちんかんなミスはしないで、素敵な WordPress ライフをお過ごしください。


罪とは魂を曇らせるすべてのものをいう

アンドレ ジイド