「Mac」カテゴリーアーカイブ

現在わかっていること わかっていないこと

Apple Silicon を搭載する Mac は年末には登場すると発表されていますが、その Silicon がデベロッパー・プログラムで提供される A12Z であるとは発表されていません。もともと、 A12Z は iPad 用に開発されたもので、環境が異なる macOS に最適化されていないと思われます。 Apple Silicon はチップの中に、色々なコントローラーを内蔵していますので、 iPad 用と macOS 用でチップが異なるのは何ら不自然なことではありません。

本来出回らないはずのデベロッパー・プログラムの Mac mini のパフォーマンスに関するデータもネットに出てきています。

DTK 版 Mac mini の Geekbench によるベンチマークスコアが、記事作成時点ですでに 22 件報告されています。それによると、シングルコアでのスコアは平均で 800 ~ 850 ほど、マルチコアでのスコアは 3000 弱となっています。 

https://gigazine.net/news/20200630-a12z-mac-mini-benchmark/

Rosetta2 を使ったものですので、数十%のパワーダウンは考えなければならないところで、 A12Z を使った Mac mini のパフォーマンスはおおよそ MacBook Air 程度では無かろうかと言われています。現在ネイティブなソフトウエアは皆無に等しい訳で、これらか次第にわかってくるものと思います。

ハードウェアを直接叩いていると思われるベンチマークソフトを Rosetta2 があっさり実行してしまうところなどは、さすがに自信を持って発表しただけに Rosetta2 のできは良さそうですね。更に別の記事では、

9to5Mac が「興味深い点」として指摘しているのは、 Geekbench ベンチマークスコアによれば、 DTK が搭載する A12Z Bionic が 4 コアである点です。 A12Z は本来、 8 コア構成です。 

https://iphone-mania.jp/news-298646/

Rosetta2 が 4 コアしか使わない仕様なのか。デベロッパー・プログラムで提供されている Mac mini が 4 コアに限定しているのか。その辺もわかりません。

わかっているのは、年末に向けて正式な AppleSilicon を使ったマシンが出てくること。デベロッパー・プログラムで提供されている Mac mini は 2,020 年のローエンド MacBook Air 程度のパフォーマンスであることぐらいで、ほとんどがわからないことだらけです。

個人的にはもっとも使う頻度が高い Finder の動作速度・ Safari の出来などが興味あります。 Finder ・ Safari はネイティブなソフトですから、 A12Z の実力を測れると思います。デベロッパー・プログラムに申し込むのは、数年前からパスしていますが、今年はチャレンジしてみればよかったかなとも思っています。

Apple が Intel から離れる

WWDC2020 で発表されたのは、 ARM と言われる自社チップに移行すると言うことでした。個人的には、その他の発表を忘れてしまうほどインパクトを受けました。

時間がたって、興奮も冷めてきたところでその意味を考えてみようと思います。 Apple のエンジニアが、 Intel の CPU が持っていたバグなど、品質の問題があったのだ。と言う話が出ていました。 (元 Intel 技師「 Apple が切り替えたのは Skylake が最悪だったから」 - iPhone Mania)

まぁ、切り替えた理由なんてあんまり関係なくて、 iPhone や iPad などをドライブしているのと同じチップ上で macOS が動くという事実の方が大きいですね。ソフトウエアの切替には 2 年程度を見込んでいるようですね。 Apple としては、 680xx から PowerPC への切替。 PowerPC から Intel チップへの切替という 2 回のメインチップの切替経験があります。今回も仕組みは前回の Intel チップへの切替時とは少し違うようですが、 Rosetta2 という名称のシミュレーション ( むしろ、リコンパイル? ) システムを用意しています。過去の経験が生きていると言うことですね。

macOS のバージョンも、今回 v10 から v11 に上がりました。今後、 Apple Silicon を使った市販マシンが登場してくると思います。 2 年後、完全に Apple Silicon に切り替わったときに、どのようなパフォーマンスになるのか注目ですね。

今後、しばらくこの話題を追いかけてみたいと思っています。

FreeNAS 11.2-U8

Build Date: Feb 14, 2020 となっていますので、1週間ほど遅れましたが、 FreeNAS のバージョンアップが来ました。 Update 8 ですね。基本バグ・フィックスになります。

FreeNAS 11.2-U8-iXsystems 、 Inc.- エンタープライズストレージ&サーバー

このブログの更新はずいぶん久しぶりになりますね。できるだけ頻繁に更新していきたいと思っています。

Launchd が Catalina で動かなかった理由

悩みました。悩んでもらちがあかないので、色々試してようやく理由がわかりました。わかってしまえば簡単で、 Catalina のセキュリティ設定でした。

経緯

内容については割愛しますが、 1 日に数回起動したいシェルスクリプトがありまして、それを macOS の最近の流れに従って launchd に登録してみました。ところが動きません。エラーを吐くように、 ErrorPath も指定してやってもエラーすら吐きません。

Console としばしにらめっこして、 Console に Service could not initialize と言うエラーメッセージが出ていることに気がつきました。検索してみたのですが、よく分かりません。 Catalina 以前の検索結果ばかりで、あまりしっくりくるものがありませんでした。私の探し方が悪かった可能性はあります。

解決

私は、ホームディレクトリにファイルを置くのは好きではありません。理由は簡単で、 iMac の SSD を容量圧迫させたくなかったためです。ほぼ全てのファイルを愛用している外付け HDD においています。アクセス速度が必要なファイルは( VM などですね ) 、 USB-C 接続の外付け SSD に入れています。

さて、問題のスクリプトも外付け HDD に入れてあります。これが原因でした

macOS のセキュリティ設定でフルディスクアクセスと言うのがあります。悪さをするアプリがディスクにアクセスするのを防ぐために、ユーザーにアプリがそのようなことをすることに関する許可を与えるようになっています。

外付け HDD にあるスクリプトは、この機構に引っかかってディスクアクセスできずにいたのですね。試しにスクリプトをホームディレクトリ直下においてみると、起動したときに「ディスクアクセスを許可するや否や!」というダイアログが出ます。ここで許可してやれば、スクリプトはきちんと動作します。

解決はしたけれど …

じゃ、外付け HDD のスクリプトにも許可を与えてやれば良いじゃないか。と言うことで、システム環境設定のところで外付け HDD のスクリプトを Drag&Drop して登録してみました。結論から言うと、最初のエラーを吐いて起動すらしてくれません。

ホームディレクトリ直下にフォルダを作ってそこにスクリプトを入れてやると動作します。どうもしっくりこないのですが、外付け HDD からの起動には何か別の認可の方法が必要なのかもしれません。

動いているので、文句はないのです。スクリプトそのものも数百バイトです。 SSD の容量圧迫など問題にならない大きさですね。しかし、しっくりこないです


思考には気をつけよう。いつ口に出してしまうかわからないから。

イアラ・ガッセン

Synergy を導入

これまで、 macOS や Windows10 に独立したキーボードとマウスを用意していた。しかし、あまりにも不便なので Synergy というソフトを導入してみました。

この Synergy というソフト、 Symless という会社が開発しているようです。「 Synergy-1 つのマウスとキーボードをコンピューター間で共有」こちらで配布がなされています。最近はサブスクリプションといって月ごとに料金を取るシステムが流行ですが、 Synergy は買い切りのようです。金額は $29.00(BASIC) 。現在のバージョンは 1.10.3 になっていますね。 Web 上ではバージョン 2 の話題も出ていましたが、一度発表した後、引っ込めたみたいですね。バージョン 2 は Web 上にはなさそうです。

さて私はこのソフトを macOS Mojave と Windows10 に導入してみました。

まず引っかかったのはソフトの購入段階。あまりクレジットカードを直接入力したくないので、海外のソフトを購入する際などは、 PayPal を使っています。今回も PayPal が使えるようになっていたため、当然のように PayPal を選択しました。しかし、ダメです。 PayPal と Web サイトトのやりとりがタイムアウトしてしまうように、エラーになってしまい。支払いに至りません。何度か時間をおいて繰り返したのですが、ダメなのであきらめてクレジットカードの直接入力に切り替えました。こちらはスムーズに支払い OK 。

さて、インストールなどは簡単なので省略(私は、 Synergy 1 - マウス・キーボード共有アプリのインストールと使い方こちらを見ながら行いました)しますが、インストール後にまた 1 つはまってしまいました。

ズバリ書いてしまうと、 macOS をインストールしてある iMac は 2 系統のネットワークに所属していました。 1 つは Wi-Fi ネットワーク。もう一つは Ethernet のネットワークです。別にこの 2 つ別々のネットワークではないという認識でいたのですが、何度やっても IP アドレスが小さい ( 我が家の環境ではの話です )Wi-Fi ネットワークを使って接続しようとします。 Ethernet のネットワークの方が安定すると思って ( 事実そうでした )Ethernet の IP アドレスで接続させようとするのですが、どうしても接続してくれません。そして、 Wi-Fi ネットワークだとエラーが起きて Windows10 との接続に至りません

仕方ないので、一度 Wi-Fi を切った状態で立ち上げて強制的に Ethernet をつかませてやりました。この状態では問題なく Windows10 との接続が成功します。原因は見えているのに、なかなかうまくいかず、イライラしたのは事実です。我が家の Wi-Fi ネットワークは少し複雑になっているので、それも原因かな。

ともあれ、非常に快適です。 $29.00 の価値は十分に感じられます。ソフトとネットワーク環境がきちんとしていれば、特別なハードウェアなしで実現している。これは大きいですね。もちろん、体感上は感じませんが、リアルタイム性が高いゲームをするというような用途では、おそらくダメでしょうね。遅延が起こると思います。

こんなに快適ならもっと早くからやっておけば良かった。


女房に愛される技術というものは発明されないものだろうか。

ラ・ブリュイエール

Parallels 用外付け SSD

内蔵 SSD の容量が切迫してきたので、容量食ってる Parallels の VM(Virtual Machine) を外付け SSD に移すことにしました。

iMac の内蔵 SSD の容量は 512GB 。ユーザーデータの大半は外付けの HDD に逃がしているので、 512GB でも問題ありませんでした。しかし、 Parallels の VM をたくさん用意してしまうと、容量がどんどん少なくなっていきます。じゃ、他のデータと同じように外付けの HDD に移せばいいかというとそう簡単ではありません。 VM は頻繁にアクセスがあるため、遅いデバイスにあると如実に実行速度に出てきます。ハードディスクでは満足いく速度は出ませんでした。

そこで、手元にあった 2.5inchSSD を安い USB-C のケースに入れて外付け SSD にしてみました。もちろん、本体内の SSD の速度には及びませんが、それでも十分な速度が出ます。冒頭の写真がその速度を測定したものです。転がっていた SSD と安物の USB-C のケースですので、規格上の速度は出ていないのですが、体感上内蔵 SSD の場合と比べると若干のもたつき感はあるものの、 OK です。これならいけます。

ちなみに、 iMac の内蔵 SSD の速度はこれ。

内蔵 SSD の速度

さすがに桁が違いますね。早いです。ちなみに USB3.0 に接続した HDD の速度はこちら。

USB3.0 のハードディスク速度

これまた桁が違います。遅い方にですが。

VM は現在 7 つ。 macOS(Catalina では 32bit アプリケーションが起動しなくなるので、動作させるために現在のバージョンを保存 ) を含めて Linux のディストリビューションの実験用として Parallels の仮想環境を利用しています。使っていくと VM の容量は徐々に増えていきますし、実験用の VM はこれからも増えていく予定。これまでは内蔵 SSD の容量を気にして、ある程度使ったら消していました。これからはかなり保存しておける予定です。


お前たちのあの笑顔を見ることができたこと、あの笑顔は最高だったよ。あの笑顔が見られただけでも外泊期間を延ばしてよかったと思えたほどだ。心からの笑顔というものが、どれだけ人を勇気づけるかを知っていてほしい。

山崎章郎 

サーバー機の異常 ( 電源 )

我が家のサーバー機がおかしくなってしまいました ( 号泣

もともと古いパソコンのパーツを流用して作ったものなのですが、今日気がつくとケースファンが回っていません。サーバーは通常の PC に FreeNAS という OS を入れているのです。ケースファンは全部で 4 つつけているのですが、それら全てが停止。更にハードディスクに異常が起きたときにバックアップとして動作させる用の 1 台に電源が入っていません。

一度バラしてみたのですが、 ATX 電源がおかしいことがわかりました。フルプラグインの電源なのですが、 SATA などの差し込み口 4 つのうち、 2 つが電力を供給していません。ハードディスクは全部で 7 台セットアップしてあるのですが、おかしくなった電源差し込み口を使っていたのは 1 台だけ。更に、ケースファンもおかしくなった電源差し込み口を使っていました。

ATX 電源がおかしいことは明らかなので、交換が必要ですが、私の住む新発田で交換用の ATX 電源を置いているショップはありません。新潟市までいけばあるのですけどね。電源というパーツは場所をとることから交換用なんて用意していませんでした。盲点でしたね。何台も PC を組んでいる人なら一台ぐらい転がっているのかもしれませんが、残念ながら我が家にはありません。

明日は東京に野暮用で出かけるので、秋葉原まで足を伸ばして電源を購入してこようと思っています。帰りの新幹線の時間を 1 時間ほど延ばして、その時間で秋葉原まで行ってきます。たまたまですが、楽しみが 1 つ増えました。新潟市まで出かけて購入してもいいんですけどね。どうせ東京 ( 正確には新宿に用がある ) まで出かけるのでついでです。いやホントについでです。

3 連休最後の月曜日はサーバー機の全バラし。リビルドの予定に変更です。


学習を伴わない行動は致命的である。行動を伴わない学習は無益である。

メリー・ビアード

体感速度は iMac が上だけど

シネベンチ R20 を私の iMac と自作の i5 で動かしてみました。体感速度的には iMac が上なんですが、 CPU で比較するとほぼ同じという結果になりました。

自作 i5
iMac

自作 PC の方が 1833pts 、 iMac の方が 1854pts 。ほとんど誤差の範囲内です。先ほども書きましたが、体感では iMac が上なんですね。なので少し意外な結果でした。

よくよく考えてみれば、 iMac の方は i7 7700(4cores/8threads) 、自作の方は i5 8400(6cores/6threads) 。 CPU の世代としては自作の方が一世代新しく、コア数も増えています ( スレッドは iMac の方が上ですけど ) 。以外だったので、自作の方はもう一度やってみたのですが、 1857pts と iMac を上回ってしまいました。まぁ、この辺は誤差ですね。

CPU 性能としてはほとんど同じということになったのですが、 OS が違いますよね。 OS に対する慣れの問題もありそうです。 macOS の方が私にとって身近な存在ですから、体感が変わって感じられるのかもしれませんね。最近では 2 台を並べて使っています。 iMac がメインであることは変わらないのですが、 Windows10 の方が便利な部分もありますのでメイン・サブの差は小さくなってきているかもしれませんね。


大半の聴衆が興味を抱くのは、音楽ではなく音楽家である

ローラン

AirPlay を使って HomePod で音楽を再生する

HomePod を操作するシリーズの最終版です。あまり多くないのかもしれませんが、 iTunes 以外で音楽を再生している人にとって HomePod は少し敷居が高くなってしまいます。でも、 AirPlay デバイスだと思えば簡単に操作できます。

私の環境では iTunes が不具合を発症しています。自分で入れたファイルを再生すると、約 4 分ぐらいで再生が終了してしまうという不具合です(参照)。そのため、シャッフル再生に特化した簡易再生アプリを使っています(参照)。このアプリの再生音を HomePod に転送するにはどうすればいいのだろうと考えたのですね。しかし、 HomePod と言っても AirPlay デバイスであることに違いはありません。 iPhone や iTunes からコントロールするときも、 AirPlay デバイスであることを利用しました。この辺、ちょっとわかりにくいかもしれませんね。

このエントリに表示されているトップ画像を見てもらえばわかるかと思うのですが、環境設定の「サウンド」を開くと、セットアップ完了した HomePod が見えます。これを選択してやると、 iTunes を経由しなくとも Mac で再生できる音源であれば、全て HomePod で再生させることができます。

この方法だと、 HomePod のメインボリュームをいじることができません。どうするかというと、 Mac 本体のボリュームで調節します。 Mac 本体で音源を再生していますので、コントロールは本体側で行います。音質のことを言い始めるときりが無いのですが、どうなんでしょうね。私には満足いく音に感じます。

HomePod は Siri さんがついてるスピーカー。 Siri さんは無くてもいい。もちろん、本格的なスピーカーセットにはかないませんが、 Mac の圧縮音源を再生する分には十分すぎるポテンシャルを持っていると感じます。

Siri さんをどう活用するかも今後の課題ですね。今のところ、 Siri さんは天気予報などを聞くときにしか使っていません。 Apple Music に登録されていない楽曲もまだまだ多く、私は Apple Music だけでは心許ないです。レンタルしてくる CD をリッピングしたものも多く、いろんな方法で音源を用意しているという意味で、マイライブラリは重要です。かなりサイズが大きくなってきているので、壊れたら大変。

HomePod シリーズはひと段落ですが、また何か Tips みたいなのを見つけたら投稿します。ホントに音はいいよ。


六月 ( みなづき ) に風にあつとてとり出ればやがて読ままくほしき書 ( ふみ ) ども

本居宣長

iTunes で HomePod を操作する

前回、 iPhone で HomePod を操作する方法を書きましたが、 iTunes でも同様に操作可能です。簡単ですよ。

マウスカーソルを追っていただければ操作法は簡単にわかると思います。マウスの周りが赤くなってるので目で追いやすいと思います。

最初に iPhone の時と同じように、 AirPlay アイコンをクリックします。私は HomePod を「リビングルーム」に置いていますので、リビングルームの HomePod を選択します。このとき、クリックするのはアートワーク部分。これも iPhone の時と同じですね。

iTunes の場合は、これで OK です。再生している楽曲に変わりますので、音量調節・再生停止・次の曲や前の曲にするといった操作が可能になります。

「リビングルーム」に置いたとか書いていますが、実はパソコンを置いている自室です。選択肢に適当なのがなかったので、めんどくさくて選択したんですね。あっちこっちに出てくるので「失敗したなぁ」と思っています。まぁ、気にしないでください。

iTunes は次の macOS バージョンアップで消えてしまいますが、新しいアプリにこの機能も引き継がれると思います。新しいアプリは「 Music 」そのものズバリのアプリ名ですね。アイコンも発表されていて、今の iTunes にそっくりです。 Podcast と動画、 iPhone との同期を別々のアプリにしたんですね。操作法は変わらないと思います。


たびたび井戸から水を汲むと、必ず濁る。同じように、物思いをすればするほど心は乱れる。

中国ことわざ