「Peppermint 9 OS」タグアーカイブ

マルチ OS 環境

ここに見えているのは iMac ・サブモニタ・ MacBook Air ですね。見えていませんが、他にも3種類の OS が動いている3台のマシンがあります。

サブモニタに映っているのは Raspberry Pi のデスクトップです。あまりデスクトップでの作業はしないんですが、映しておくことが多いですね。サーバーマシンとして、 Windows10 ・ FreeNAS ・ PeppermintOS のマシンがそれぞれあります。これらのマシンには SSH もしくは VNC でつなぐことが多いですね。

Windows10 と FreeNAS は自作 PC です。ゲームは一切やらないので、 Pentium/Celeron のマシンです。それぞれ十分満足しています。 Windows10 のマシンには Office365 をインストールしてありますが、年に一度か二度これらを使うことがあります。マクロがらみの案件で使うんですが、実機が必要になるんですよね。

PeppermintOS が動いているのは Mac mini2009 です。 2009 年製と言うことでもうアップルからはセキュリティアップデートは供給されません。それで軽量 Linux である PeppermintOS を入れています。これはベッドルームにあって、たまにデスクトップ環境をいじります。普段はサーバー機です。 iTunes さんの為に DAAP サーバーとしても使ってます。


説明はこれぐらいにして、環境が違うとルールみたいなのも違いますね。 Mac の場合、シェルに関しては UNIX そのままですので、 Linux とのルールの違いみたいなのは感じません。それが、 Windows10 になると話は違ってきますね。私、 Windows10 のシェル(端末?)を触ることは少ないです。ほとんどいじらないといってもいい。なので、 Windows10 特有のルールを知りません。 Windows10 はアプリを使う環境。そう割り切っています。

環境を同じもので統一すると深く知ることができるように思います。その点、私はダメですね。広く浅く。興味のフォーカスが一点に定まらない。あっちへ行ったりこっちへ来たりとふらふらしています。最近の流行は Raspberry Pi です。

いろんなところに出入りしていますので、広くいろんな知識を得なければやっていられません。その点はいいところかな。


複雑な問題の解答は、単純で、わかりやすく、間違っている。

ヘンリー・ルイス・メンケン

Peppermint に TimeShift 導入

そういえば Mac 以外のシステムに関してバックアップシステムを導入していないなぁと感じまして、 PeppermintOS に TimeShift というアプリを導入しました。

この TimeShift は、 Mac で言うところのタイムマシンのような機能を持っています。詳しくは「 Linux Mint 18.3 : 「 Timeshift 」を使ってバックアップ ( 復元ポイント ) を作成しよう | 221B Baker Street 」辺りを見てください。 PeppermintOS の場合も Ubuntu と大差ありません。

インストールは、 sudo apt-get install timeshift でいけます。基本的な設定は初回起動したときにウィザードが走りますので、わかりやすいと思います。以前のバージョンでは、バックアップ・ファイルがストアされる場所が固定されていたようですが、現在は変えることができます。基本的には GUI で行うので、 ssh などで接続している場合には少し不便かもしれません。

私は週に一度の頻度でバックアップを取って、履歴を3回分保存するという設定にしましたが、もっと頻度を上げてもいいのかもしれませんね。日本語に翻訳されていませんが、簡単な英語ですのでわかりやすいと思います。ウィザードに沿って設定すれば迷うところはないと思います。導入して最初のバックアップを取ったばかりですので、安定感などはまだわかりませんが、しばらく様子を見ていこうと思います。


立春のかがやき丘にあまねかり

高浜年尾

初歩的ミス

昨日の今日だけど、立ち上がらなかった Mac mini2009 ですが、原因がわかりました。これがまた初歩的なミス。情けなし。

PeppermintOS をフォーマットして初期化しようと思っていたときに、ふとおかしくなる前に何をしたのか思いだしてみました。 fstab の編集。ん? 前にもそんなことあったなぁ。エマージェンシーモードではテキストエディタでファイルの編集ができました。いいか悪いかわからないまま、編集前の状態に戻してみました。編集前の状態を覚えていた私はえらくありません。一行追加しただけでしたので覚えていたのです。

さて、結果は …  起動しました! 我ながらびっくり。

これで普通になる。と思いきや、今度はネット環境につながりません。もともと Wi-Fi 環境が不安定でしたので、 Wi-Fi 環境を司るルーターが悪いのではと思い、切り分けを行いましたが、ルーターをネットワークから外しても変わりなし。ネット環境を順番に再起動させますが、これも効果なし。今度こそダメかと思ったところで、ネット情報(英語のサイト)で v6 アドレスを無効にする。というのを見つけてやってみました。ビンゴでした。いつ有効にしたのかわかりませんが、無効にすることで IP アドレスが振られてネット接続ができるようになったのです。

単純なミスで、ほぼ 2 日間。私の時間を返せ(って自分に言ってみる)。


もし、自分のやっている分野で世界一になるつもりで仕事に情熱をそそがなかったら、自分の才能も、運命も神も見失ってしまうだろう。

ジョージ・ロイス

立ち上がらない

Mac mini2009 にインストールしてある PeppermintOS が立ち上がらなくなりました。システムブートの途中でエマージェンシーモードに入ってしまい、立ち上がりません。困った。

最近トラブルで困ってばかりですが、今回も困ったシリーズです。ブートアップの途中でエマージェンシーモードなる状態になってしまいます。システムの深いところでエラーが起きている模様です。バックアップは取ってあったので、データは無事ですが、システムが立ち上がらないのでは話になりません。

少し前から、ディスクがらみのコマンドを打つと、不良セクタがあるけど使えますよ。というようなメッセージが表示されていました。文字通り、使えるんだったら使いましょう。という感じで使っていたので、それが悪かったのかしら。

それこそ手探りで色々アップデートしていたので、システムを消すのは忍びないのですが、致し方ありません。システムをフォーマットして一からスタートさせることにします。ホントに困った。


困ったついでに、無線 LAN が不安定です。 iMac その他のマシンは有線でつながっているのですが、 iPad や Kindle がネットに出られないことがあります。踏んだり蹴ったりですね。原因不明です。


結局、何らかの価値ある行動、何らかの深い意義のある行為は、まず自分から始めなければならない。まず最初に、私が変らなければならないのである。

クリシュナムルティ

お手上げ

PeppermintOS をインストールしてある Mac mini2009 にはハードディスクが2台( SSD + HDD )組み込んである。ところが、 HDD 側にアクセスできない。

ファイルシステムをダンプしてやると、未フォーマットの状態であると出る。そこで、 fdisk でフォーマットしようとすると「 fdisk: /dev/sda を open できません : 入力 / 出力エラーです」というエラーが出て先に進めない。ちなみに、 SSD は /dev/sdb にちゃんとマウントされて読み書き可能な状態になっている。

fdisk -l で情報が出てくることを考えてもハードウェアの I/O エラーでは無いのではないかと思っている。ハードウェアのエラーならもう一度バラして組み直すんですが、そうでないなら …  う〜ん、困りました。あちこち Web を情報探し回ったのですが、的確な情報が出ません。正直お手上げ状態です。

追記:とりあえずハードディスクの ( 文字通り )I/O エラーを疑って Mac mini2009 をバラしてみようと思います。バラし方忘れたので、またネットを探し回ってみます。

追記2: Mac mini2009 をバラすのは少し延期。 HDD を新しいものに変えることにしました。それでつながらなかったら目も当てられないのですけど、新しいものにしてみます。パーツを取り寄せてからですね。


ある国の平和も、他国がまた平和でなければ保証されない。この狭い相互に結合した世界では、戦争も自由も平和も全て連帯している 

J. ネール「一つの世界を目指して」

Daapd を Peppermint で動かす

うまくいかないところもあるのですが、ちゃんと動いているので記事にしておきます。 iTunes サーバーを PeppermintOS 上で動かすの巻です。

PeppermintOS ってのは、 Linux のデストリビューションの1つです。 Ubuntu から分岐していますので、 Ubuntu の情報が役に立ちます。現在は Mac mini2009 上で動いています。 Core 2 Duo 2MHz という今となっては貧弱な CPU パワーですが、軽快に動いてくれています。

我が家には FreeNAS という NAS 専用サーバーで動いている NAS があります。以前は、このサーバー上に Daapd を置いて iTunes サーバーにしていました。しかし、バージョンアップにともなって、適当なプラグインがなくなってしまいました。しばらく、 iMac の iTunes 上でしのいでいたのですが、 iTunes さんがなかなか言うことを聞いてくれなくて、再生環境を変えたため iTunes サーバーが必要になってきたと言うことです。また前置きが長くなってしまいましたが、そういう形です。

さて、 PeppermintOS へのインストールですが、 ssh で接続して行います。たいしたことしてないので安心して読んでください。

まずはインストール。以前は Da-Daapd っていうのが動いていたんですが、パッケージがなくなっていました。 forked-daapd が代わりにあったので、こいつをインストールします。

$ sudo apt-get install forked-daapd

/etc/forked-daapd.conf にアクセスして Web Interference 用のパスワードを設定します。 admin-password がそれなのですが、後ほど述べる通りなぜかうまくいきません。

$ systemctl start forked-daapd

で、起動します。起動してしまえば、設定ファイルに書かれているフォルダ ( デフォの位置を使いました ) に音楽ファイルを転送してやれば、 iTunes で認識してくれます。

さて、 iTunes サーバーとしては使い始めたものの、問題点が 1 つ。 Web Interference が立ち上がりません (^0^;)

まぁ立ち上がらなくとも、 iTunes 上からサーバーが見えて再生できるので問題ないのですが、気持ち悪いですよね。 Web Interference からリフレッシュさせることで新規に登録した楽曲データを iTunes サーバーに乗せることができるようになっているのですが、いまいちこれがうまくいきません。というか Web Interference が見えない。エラーになる。 BASIC 認証は通るのですが、その後表示されないのです。何が起こっているのでしょう? まだログを見ていないのですが、何かうまくないことが起きているんでしょうね。リフレッシュは、デーモンの再起動でごまかしています。ただ、デーモンの再起動をかけると、 iTunes さんがデーモンを見失うらしく、再びサーバーを認識するために iTunes さん側の再起動も必要になったりならなかったり。安定しません。

安定したらまた書き込みますが、このまま使うかもしれません。横着者なもので …


言葉で何と言おうと、行動にはウソはつけない。

杉村太郎

2018 年を振り返って

無駄遣いが多くて、たくさん勉強になった一年でした。ざっくりと振り返ってみようと思います。

ざっくり 150 回の更新でした。一日に数回更新したこともありましたが、 3 日に 1 回程度ですかね。内容は Mac がらみ、 FreeNAS がらみ、 PeppermintOS がらみが 3 トップ。特に PeppermintOS に関しては、成功もしたし失敗もしましたが、勉強になりました。 Peppermint といっても、 Linux の派生。 Linux はこれまでちょこっと触った程度で、立ち上げるなんてことは皆無でした。それをなんだかんだ言って自分でトラブルシューティングできる程度にはなったんじゃないかと思っております。複合的なトラブルはまだダメなんで、初心者の域を脱しているわけではないですね。

自分の外側に目を向けると、某安倍政権が長期化して好き勝手やってますね。もともといわゆる保守は好きではなく、革新系の頭の中になっています。その私が政治で一番大切にしていきたいと思っているのが、為政者を縛る憲法を堅守するという部分でして、某安倍は憲法を国民を縛るものと勘違いしているように思うのですよ。逆ですよ逆。

このブログではあまり触れてきませんでしたが、鬱病を患ってかれこれ 10 年になるんじゃないかと思います。もっとかな? 今でも服薬しないとガックリ落ちてしまいますし、 2 ヶ月に 1 度の通院は欠かせません。こいつとは長い付き合いになるんでしょうね。現状維持ですね。

イベントじゃないですけど、初体験だったのが、交通事故。車にサンドイッチにされて首をやってしまいました。 2 ヶ月ほどかかりましたが、主治医と話をして年内でとりあえず治療を終了ということになりました。これ大きかったです。事故直後はかなり精神的に落ち込みました。車も全損ということで新しいものに変えましたし、保険会社との交渉(話し合い)なんてのも初めてでした。事故直後には救急車に乗車するという初体験もありましたね。ありがたくないものですけど。

iMac は昨年購入しましたが、今年は iPhoneXS 、 MacBook Air を新規購入というびっくりなこともありました。自分で購入しておいてびっくりも何もないのですが、まさか両方とも購入することになるとは思っていませんでした。 XS に関してはもはや切っても切れない関係になりましたし、 Air も持ち歩きパソコンとして活躍してもらう予定です。この流れに忘れてはならないのが、オークションで購入した MacBook(2009) ですね。こいつに軽い OS を乗せてやろうというのが、 PeppermintOS をいじり始めるきっかけになりました。残念ながら、 MacBook 君は起動しなくなる(ハードディスクを読み込まなくなった)という形で終わりになりましたが、勉強させてもらいました。 Peppermint は同じく古い Mac である Mac mini2009 上で動いています。

WordPress は v5.0 がリリースされ、ブロックエディタが標準になりました。今もブロックエディタで書いてますよ。表現するのに過不足はないと思っていますが、癖がありますね。 v5.0 が正式にリリースされてから大分良くなったと思いますが、書き込むときに特定の文字が入ると保存しなくなるという多分バグには悩まされました。 / が入るとダメだったんですよ。私の環境だけだったみたいですが、半角スラッシュが入るとエラーになってしまってダメでした。今は OK ですね。


愛する勇気がある者には、必ず苦しむ勇気がある。

アンソニー・トロロップ

MacBook 君が壊れた

Peppermint OS を入れて使っていた MacBook 君が壊れました。昨日に続いて壊れたシリーズですが、マジです。モバイル端末考えなきゃなぁ。

MacBook 君 (2009) が起動しません。充電出来ません。無理矢理起動したらディスプレイの一部が液漏れしてます。修理して無理矢理使うのはあきらめました。古すぎるので、修理しようにも自分でということになるでしょうし、パーツを集めるのにも苦労しそうです。そもそもパーツ高いですしね。

これも中古でオークションから購入したものですが、昨日の UPS と違ってしっかり値段以上の勉強をさせて頂きました。今まで使ったことがなかった Peppermint OS を勉強させてもらいました。今は Mac mini2009 上に Peppermint OS が稼働しています。これも MacBook(2009) のおかげですね。

壊れてしまったのは仕方ないのですが、これからのことを考えるとちょっと困ったことになったと思っています。それほど頻度が高いわけではないのですが、外にパソコンを持ち出したいことが年に数回あります。そんなときに使うマシンがなくなってしまったことになります。年に数回ですから高級なマシンは必要ありません。 ChromeBook でもいいかなと思って見ているのですが、 ChromeBook は変態キーボードが多くてダメっぽいです。 MacBook の現行品は高すぎて却下ですし、 MacBook Air/Pro も機能的には無問題ですが、高すぎです。 Windows ノートは安いものが出回っていますが、触手が伸びません。

でもやっぱり Windows ノーとかなぁ。考えています。


生命はいつでも定式を打破する。敗北は、その醜さにもかかわらず、己が復活への唯一の道であることを示すことができる。樹を創造するためには種子を腐敗にゆだねなければならない。私はこのことをよく知っている。抵抗の第一歩は、それが遅きに失した場合、いつでも敗れる。だが、それは抵抗の目覚めなのだ。おそらく一本の樹が、種子から生まれるように、それから芽を出すだろう。

サン=テグジュペリ

ようやく VNC サーバー起動

長かった。 Mac mini2009 上で動く、 PeppermintOS 上で VNC サーバーが起動しました。色々やった結果ですが、私が偉いのではなく参照先のホームページ主が素晴らしい。ありがとうございます。

参照したのは、「 Ubuntu 18.04 LTS での x11vnc 設定手順」です。 PeppermintOS は Ubuntu をベースに作られているので、 Ubuntu の情報が役に立ちます。更に、結構新しいので最近の情報が必要になるのですね。その点、 Ubuntu18.04 での情報ですから問題ないですね。

これまでは別の VNC サーバーである vino というのをいじっていました。これ、うまくいかないんです。デフォルトでインストールされているのですが、うまく作動させられませんでした。私の力不足なんですけどね。

今回使ったのは、 x11vnc というサーバー。ログイン画面から共有できるらしいです ( そこまでまだ確認していない ) 。私の要望は、 PeppermintOS のデスクトップを共有することなので、全く問題ないです。

基本的に上記参照ページの手順通りにやればつながります。


芸術とは目に見えるものを写すことではない。見えないものを見えるようにすることなのだ。

クレー

結局再インストール

Mac mini2009 への PeppermintOS 導入計画は、結果再インストールになりました。再起動でコマンドラインに落ちてしまうのが直りませんでした。

復活したと思ったんですが …

前回、復活したと書いたんですが、ダメでした。一応使えるのですが、リスタートをかけるとコマンドラインに落ちてしまいます。リードオンリー属性がハードディスクに設定され、コマンドを打ち込んでやらないと起動しません。前回も書きましたが、

# mount -o remount ,rw /

で、リードライト可能にしてやると起動するのですが、挙動がおかしいです。立ち止まっていても仕方がないので、再インストールすることにしました。

ブートストラップでまたエラー

再インストールすると、ブートストラップがエラーになります。再びです。原因がよく分からないのですが、そこだけがエラーになるんですね。どうしてもエラーになるのが今回解決できなかったので、目をつぶりました。

どういうことかというと、 Mac がベースになってるので (Windows でも同じ? ) 、起動時に起動ディスクを探します。探して、起動可能なシステムを見つけるとそこから起動しようとします。 PeppermintOS は正常にインストールされていますので、他にシステムがなければ、時間がかかりますがそこから起動するはず。やってみたらもくろみ通りでした。多分時間はかかってしまいますが、リスタートはそれで対応することにします。

うまくいかなかった画面共有は置いておいて、 ssh を通します

前回画面共有ではまってしまいましたので、今回は 1 度保留にしておきます。

最初にやるのが、 ssh で接続できるようにすること。手続きは次の通り。

$ sudo apt-get install openssh-server

好き好きではあるのですが、 OpenSSH をインストールします。次にデーモンを起動します。

$ sudo /etc/init.d/ssh restart

iMac で公開鍵を作ります。接続するのは iMac だけなので、一台だけで行います。

$ ssh-keygen -t rsa

これで、 iMac のホームディレクトリに .ssh というフォルダが作られ、秘密鍵・公開鍵が作られます。 Mac mini2009 の IP アドレスを調べて、そのアドレスに公開鍵を送ります。

$ scp .ssh/id_rsa.pub 192.168.XX.YY:~/

これで、 PeppermintOS に公開鍵が送られました。再び Mac mini2009 上での作業になります。ホームディレクトリに送られた公開鍵を .ssh フォルダに authorized_keys という名前で保存する。

これで、 iMac から ssh < ユーザー名 >@<IP アドレス > で接続できます。

※ 参考にしたのは「 Ubuntu で sshd の設定をしてリモートから接続できるようにする」。また、私の環境でコードの途中で半角スラッシュを入れると保存できなくなるという現象が起きているため、半角スラッシュは全角にした。


かいかがみ路ばたの石手に取れば涙はつひに頬にまろびいづ

若山牧水