月別アーカイブ: 2019年4月

ラーメン・メモ:ラーメンショップ聖籠

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、ラーメンショップ聖籠さんのネギ味噌チャーシュー麺です。

一日に 2 軒はしごしたわけではありません。前にうかがったのを更新していなかっただけです。聖籠の免許センターの裏手にあるお店ですが、通りから見えないので、知ってる人しか来ないだろうなぁ。お店は複合店舗形式のテナントの 1 つです。細長い作りになっています。土曜日の 11 時頃 ( 開店直後 ) に行ったのですが、次々とお客さんが入ってきていました。

細麺で麺がすこし柔らかい気がしましたが、美味しかったです。こういう味すきです。途中で、写真にも写っているすりおろしニンニクを入れて味を少し濃いめにしていただきました。後で水が欲しくなる濃いめの味付けでジャンキー感がプンプンしますが、すきですこういう味。

チャーシューも柔らかくて美味しかったです。ネギにも千切りにしたチャーシューが混ぜ込んでありました。後は海苔、わかめ、ネギ、メンマかな。ネギもシャキシャキして美味しかった。ここは多分また食べに来ると思います。


たとえ死ぬとしても、歩きながら死のう。

映画『生きてこそ』

ラーメン・メモ:たいち

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、長岡のラーメンたいちさんの醤油ラーメンです。

連休で天気も良かったので、ドライブがてら長岡市まで遠征。しょうが醤油ベースのラーメンで有名な「ラーメンたいち」さんにお邪魔させていただきました。第一印象は「丼デカッ」でした。スミマセン、そこでした。

生姜醤油の大盛りを頼んだのですが、馬鹿でかい丼に圧倒されてしまいました。すーぷを一口いただいてから、麺に。美味しいですね。実は醤油醤油したスープは苦手だったのですが、これならいただけますね。麺は中太でスープの色がついているわけではないと思うのですが、少し色がついていましたね。

トッピングはチャーシュー、ほうれん草、ネギ、海苔、メンマでした。個人的にはチャーシューはちょっとなぁと思いました。こういうパサついたチャーシューは苦手です。

とはいえ、店には常に並んでいる人がいる人気店です。並んでいるのもわかるなぁと思いました。ちなみに開店 30 分後ぐらいについたのですが、約 30 分待ち。回転は良さそうです。


銃って他にどんな使い途があるの?

安田鳩奈

また散財した

Mac mini2009 をヤフオク!で当たっているのだけど、思いのほか落札価格が高くなってきていてあきらめることにした。そしてまた Windows10 のマシンの方で散財することにした (^0^;)

こんどはケース。「 Carbide 275R Tempered Glass シリーズ | CORSAIR ミドルタワー型 PC ケース」こいつを購入した。といっても、届くのは令和元年。 5 月 1 日ですね。今度のケースはきちんと裏配線してみようと思います。これまでは、裏配線に対応していない古いケースに詰め込んでいたので、冒頭の写真みたいにグチャグチャです。もっとも私の性格があまりきちんとしていない(どちらかというとズボラ)ので、果たして綺麗にまとまるかどうか極めて疑問ではあります。

更にこの Windows10 のマシンには 3TB の HDD をデータドライブとして積んでいるのですが、この HDD バックアップを取っていません。さらに HDD そのものがけっこう使っている部類に入るので、 Windows10 のソフトウェア RAID を使って 2 重化してやろうともくろんでいます。

うまくいくかどうかわかりませんが、こう言うことやり始めるとワクワクしますね。連休が 10 日もあるので、ちょうどいいです。


常に賢明な人間でありたいと思うなら、決して結婚はしてはならない。結婚というものは、ウナギをつかもうと思って、蛇の入っている袋に手を入れるようなものだ。結婚するくらいなら、まだ痛風にでもかかったほうがマシだ。

メレジコフスキー

ffmpeg の map オプション

先のエントリで書きましたが、私のドラレコは 1 つの AVI ファイルにフロントとリアの画像をパッケージングして保存しています。分離する方法を書きますね。

複数の音声が入っている動画というのはありますね。副音声と言われるヤツです。動画でも昔マルチキャプチャーの動画がパッケージングされたものがありました。理屈は一緒ですね。ストリーム分離というキーワードで検索すると、音声の方を分離する方法があります。ただ、基本的にファイルの中のストリームを分離するのは、動画であろうが音声であろうが理屈は一緒です。

そこで、 sample.AVI( フロントとリアのストリームが同梱されたファイル ) を分離してみようと思います。以下コマンドラインでの入力です。

まず、 sample.AVI のストリーム状況を確認します。

ffmpeg -i sample.AVI

単純に入力のみを指示すると、そのファイルのストリーム状況が表示されます。こんな具合ですね。

Input #0, avi, from '2019_04_27_11_53_20_Nor.avi':
  Duration: 00:00:30.63, start: 0.000000, bitrate: 9318 kb/s
    Stream #0:0: Video: h264 (High) (H264 / 0x34363248), yuv420p(progressive), 1280x720, 3951 kb/s, 19.10 fps, 19.08 tbr, 19.10 tbn, 38.20 tbc
    Stream #0:1: Video: h264 (High) (H264 / 0x34363248), yuv420p(progressive), 1280x720, 3932 kb/s, 19.10 fps, 19.08 tbr, 19.10 tbn, 38.20 tbc
    Stream #0:2: Audio: pcm_s16le ([1][0][0][0] / 0x0001), 44100 Hz, stereo, s16, 1411 kb/s
    Stream #0:3: Subtitle: none, 21 kb/s

この例だと、

  • ストリーム  #0:0 :動画 ( フロントの動画 )
  • ストリーム  #0:1 :動画 ( リアの動画 )
  • ストリーム  #0:2 :音声 ( フロントで録音された音声 )
  • ストリーム  #0:3 :不明なストリーム ( ※ )

※本来ならば、リアで録音された音声ストリームになるはずですが、多分私の環境下では結線されていないなどの理由で不明になるものと思われます。

ここまでわかってしまえば、分離するのは簡単です。 map オプションは出力するストリームを指定するものなので、リアカメラの映像のみを出力するには、

ffmpeg -i sample.AVI -map 0:1 output.AVI

これで出力されるはずです。やってみたら、できました!

後は、フロントとリアのストリームを別々に保存した動画を作るスクリプトを作ればいいだけです。「ストリーム」という単語がわからなかったので、検索してもなかなか引っかかってくれませんでした。これでリアカメラの映像も簡単に取り出せます。アプリを使った分離でも分離はできるのですが、マウスクリックやらなんやらが必要で、面倒だったんです。コマンドラインで処理なら 1 度ひな形を作ってやれば次から簡単ですし、繰り返しも簡単です。良かった。


コップを唇に持っていく間隔までには多くの失敗がある。

イギリスの諺

ドライブレコーダー

姪が自動車屋さんに就職しまして、それもあって自家用車にドライブレコーダーをつけることにしました。昨年末に事故にあったことも理由の 1 つ。

ただつけただけだと面白くないので、動画を加工してみました。自宅からラーメンを食べに行って、戻る間を 10 倍速でお届けします。

私の取り付けたドライブレコーダーは、 ZDR-015 という機種です。この機種はけっこう人気があるみたいですね。手軽ですからね。ところでこの機種、ファイルフォーマットは AVI を使っています。それはいいのですが、リアカメラの映像をフロントカメラの映像の中にトラック 2 として取り込んでいるという、特殊なフォーマットになっています。昔マルチビジョンとか言う名前で出ていたものと似ていますね。フロントカメラの映像は加工しやすいのですが、リアカメラの映像を取り出そうとして四苦八苦してしまいました。「ドラレコ ZDR-015 の前後カメラ 2 映像を別々のファイルに分離する方法 - デフよん」というそのものズバリのページを見つけて分離に成功しましたが、なんせ 30 秒 1 ファイルです。数が多い。数が多くても、コマンドラインで処理できればなんてことないのですが、 ffmpeg で分離する方法が見つからなかったのです。

分離できてしまえば後の処理は ffmpeg でできます。何とかコマンドラインで分離する方法ないですかね。

追記:見つけました。 map オプションを使えばいいんだ。詳しくは別のエントリで書きます。


常識の有無は教育の有無とは関係ない。

ユゴー

apt が CD − ROM を要求する場合

PeppermintOS で簡単なプログラムを make しようと思ったら、なんと入っていなかった。それ自体驚いたのだけど、 apt install make しようとしたらなんと「 CD − ROM をを入れてね」というメッセージが出た。対策をメモっておく。

メディア変更 : 
 ‘Peppermint 9 (20180621) – Release i386’
 とラベルの付いたディスクをドライブ ’/cdrom/’ に入れて [Enter] キーを押してください 

いやいや、そんな CD 作ってないから。 Peppermint さんだけじゃないだろうと思ってググってみたら案の定。 debian でも同じようなメッセージが出る場合があるらしい。 /etc/apt/source.list の冒頭部分に CDROM で始まる一文があるので、それをコメントアウトする。それで、全てのパッケージをネットから落とすようになります。いやぁ、盲点でした。知りませんでしたよ。

要するに、基本となるパッケージを CD − ROM にしてあって、そこから読み込むように設定してあるんですね。そうすることで、ネットの帯域を使わなくてすむ。よく考えられてはいるんですが、光学ドライブ自体そろそろ過去のものになりつつありますからね。いきなり CD − ROM を突っ込めと言われると驚きます。


我々の運命は前進することにある

フーリエ

ラーメン・メモ:麺屋仁

毎週土曜日の昼はラーメンです。今まで記録を取っていなかったのでその記録です。今回は、麺屋仁さんの濃厚タンメンです。

もうね、たんまり野菜炒めを食べましたよ。美味しかったです。いや、ラーメンですね。わかっていて注文したんですが、もやし炒めがラーメンの上にこんもり乗っていて、まずそれを食べないと麺に行き着かない。今回は普通盛りを注文したんですが、それでも量が多い。大盛りも食べている人いましたが、アレはヤバいです。私なら残してしまうんじゃないかと思うほど。

野菜にはそこそこ味がついているので、それだけ食べてもまぁ美味しくいただけます。そして、生のすりおろし生姜が添えられていますね。私苦手です。丼の外に逃がしてしまいました。ごめんなさい。全く見えませんが、麺は太麺。細麺などでは伸びてしまうので、よく分かっているなぁと思いました。もっちりとした太麺なので美味しかったです。

総合的には中の上といった感じ。厳しいこと言うと、やはり野菜炒めの量と味がポイント下げてます。もう少し少なくともいいんじゃないかな。野菜はもやし中心ですしね。炒めたものにもう少し味がついているともっと美味しくいただけるのだろうと思います。

ともあれ、満足です。ごちそうさまでした。


お客様にとっていい買い物でなければ、我が社にとっていい商売ではないのだ。

ハーバード・マーカス

Raspberry Pi 、はじめの一歩

今さらなんですけど、 Raspberry Pi の SD カードが壊れまして、バックアップ・ファイルも Raspberry Pi の支配下にあったという冗談みたいな話がありました。トホホです。

さてどうしようか。悩んでいても仕方ないので、サクッといきます。

はい、これでバックアップにアクセスできるようになりました。ダメじゃん、俺!

まぁ、時々これを行うことで、知識を定着させるという …  ダメです。ちなみに、 rpi-update は推奨されていないようですね。私、アタリマエのように実施していましたけど、アーリーアダプタ向けみたいです。よい子の皆さんはパスするようにしましょう。

今回は最小限の Lite 版を使いました。 Apache なんぞは入っていませんので、もしかしたら入れることになるかもしれませんね。


愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ

ヘルマンヘッセ

Mac mini2009 のメモリを 8GB にした

公には 4GB が MAX になっている Mac mini2009 ですが、ぐぐればわかる通り 8GB を認識します。メモリも安くなってきているので、 8GB にしてみました。紆余曲折あり。

8GB でも 4 千円ぐらいで購入できますね。新規に購入しました。取り付けは別に難しいこともなく、サクッと取り付けて万事滞りなく …  といかないところが私らしいところです。大きく滞りました。

Mac mini2009 はメモリの交換のためにハードディスクや光学ドライブが組み合わされている上部ユニットを外さなければなりません。ここには無線のアンテナなんかが絡みついていたりしてちょっと面倒です。で、ここにはハードディスクのところに貼り付けられている温度センサーがあり、これでファンの回転数を制御しています。これを切ってしまいました。支障はないだろうと思って組み立ててみたのですが、ファンが最高回転します。ダメです。やり直しですね。

ところが、センサーの線そのものではなく、接着部分を引きちぎってしまったようで、非常に小さいハンダ付けが必要でした。私にそのような技術はありません。困りました。

どうしたかというと、こういうときのために部品取りを目的にして Mac mini2009 をもう一台ストックしていました。上部ユニットをそこからいただいて交換しました。センサーも無事正常動作してくれています。良かった。

さて、部品取り用の Mac mini2009 を使ってしまったので、もう一台安く仕入れておこうかなと思ってます。


どうにもならないことは、忘れることが幸福だ。

ドイツのことわざ

光回線ルーター交換完了

先日も記事にしましたが、勝手に再起動を繰り返すトラブルに見舞われていた光回線のルーターは無事交換となりました。

ルーター本体は RT-500KI から RT-500MI へと若干変わりましたが、機能的には問題なし。インターネット設定を再構築して、固定アドレスの設定をして完了です。プリンタが認識されないトラブルのため、小一時間頭を悩ませましたが、このルーターではなく、無線 LAN 側のルーターを再起動させたら直りました。

朝一で配達してもらい、すぐ交換。6時間ぐらい使ったところですが、再起動のトラブルは出ていません。ようやく安心して使えるようになりました。ルーターが再起動すると、ネット接続の HDD もリンクが切れます。ネット接続の HDD は私の環境ではけっこう重要な役割になっているので、これが切れるととっても困るのです。昨晩なんぞ、1時間に 2 度3度リスタートしていまして、とても使えたもんじゃありませんでした。

しかし、ネット接続ができないという状況がこれほど深刻だと思っていませんでした。私はかなり依存していますね。このブログも Offline で書くことはできますが、 UP するときには当然ネットに接続します。全くネットに接続していないマシンは、私のところにはありません。ちょっと考えなければならないかもしれませんね。

ともあれ、1つトラブルが解決しました。良かったです。


満足な仕事ができないと思ったときは、素直に自分のレベルに合った仕事を探しなさい。たとえそれが石割りであったとしてもである。

ジェームズ・ギャンブル