「Mac mini」タグアーカイブ

Peppermint 10 登場

C2D の Mac mini2009 で動かしている Linux ディストリビューション、 PeppermintOS が Peppermint 9 から Peppermint10 になりました。早速導入してみました。

リリースノート - Peppermint – Linux デスクトップ OS 詳しいリリースノートはこちらを参照してください。基本的には Ubuntu 系 18.04 LTS に基づいています。 Core 2 Duo 2GHz という、今となってはかなり遅い環境下でもサクサク動く軽さが魅力です。

Peppermint 10 の iso ファイルをダウンロードして USB メモリに書き込み、 Mac mini2009 の場合、オプションキーを押しながら再起動させてやると USB メモリからインストーラーが起動します。ここまでは何の問題もありません。実は私の Mac mini2009 は DVD ドライブが不調で、ドライブが本来あった場所に SSD を組み込んであります。 SSD(160GB)+HDD(1TB) という構成ですね。 HDD が内部バス上 1 番になり、 SSD が 2 番になっています。これがインストールの時にちょっとした問題につながります。

データが入っていたのは HDD ですが、このデータをバックアップしてインストールに備えます。インストーラーは以前のバージョンでは日本語をインストールしようとすると文字化けしてしまうというトラブルがありましたが、このバージョンからは何の問題も無く日本語が通ります。簡単な質問に答えていくだけでインストールは完了するのですが、先に述べた内部バスの順番がトラブルの原因になります。システムは SSD に入れたいので SSD を選択。ところがブートシステムをインストールできないというエラーが出てしまいます。内部バスの順番が 2 番のところにシステムをインストールしようとしていることが原因になっているようです。素直に内部バスの順番を入れ替える ( ハード的に SSD と HDD の位置を入れ替える ) ことですんなりインストールできるように思うのですが、 Mac mini2009 をバラしてやるのはなんともめんどくさいので、ブートローダ (UEFI) の位置をあらかじめ指定してやることでトラブルを回避した。

この部分でインストーラーを 3 回回しているのはご愛敬というところかな。ブートローダの問題が無くなれば、後は待つだけ。トータル 30 分ぐらいでシステムを再起動できるところまで持って行けた。元の環境に戻すのに更に 30 分ぐらい。データを書き戻してやるのに 1 時間ぐらい。通常の環境ならもっと早くできたんでしょうね。

使い勝手はデフォルトの壁紙が変わったこと以外、あまり変わっていません。相変わらず、ローレベルの環境にもかかわらず、サクサク動いてくれています。素晴らしい。使い込んでいけば Peppermint10 ならではのところが出てくると思われますが、今のところ旧バージョンとの差異は感じません。

ということで、 Peppermint10 の紹介でした。とっても良いディストリビューションなので、 1 度使ってみてください。


人間は猿よりも一ミリ上である。豚よりも一センチ下でないとすれば、だが。

ピオ・バロジャ

Mac mini2009 のメモリを 8GB にした

公には 4GB が MAX になっている Mac mini2009 ですが、ぐぐればわかる通り 8GB を認識します。メモリも安くなってきているので、 8GB にしてみました。紆余曲折あり。

8GB でも 4 千円ぐらいで購入できますね。新規に購入しました。取り付けは別に難しいこともなく、サクッと取り付けて万事滞りなく …  といかないところが私らしいところです。大きく滞りました。

Mac mini2009 はメモリの交換のためにハードディスクや光学ドライブが組み合わされている上部ユニットを外さなければなりません。ここには無線のアンテナなんかが絡みついていたりしてちょっと面倒です。で、ここにはハードディスクのところに貼り付けられている温度センサーがあり、これでファンの回転数を制御しています。これを切ってしまいました。支障はないだろうと思って組み立ててみたのですが、ファンが最高回転します。ダメです。やり直しですね。

ところが、センサーの線そのものではなく、接着部分を引きちぎってしまったようで、非常に小さいハンダ付けが必要でした。私にそのような技術はありません。困りました。

どうしたかというと、こういうときのために部品取りを目的にして Mac mini2009 をもう一台ストックしていました。上部ユニットをそこからいただいて交換しました。センサーも無事正常動作してくれています。良かった。

さて、部品取り用の Mac mini2009 を使ってしまったので、もう一台安く仕入れておこうかなと思ってます。


どうにもならないことは、忘れることが幸福だ。

ドイツのことわざ

インストールがうまくいかない

先日、 Mac mini2009 に PeppermintOS をインストールする話を書きました。 USB メモリからのインストールを断念して、 DVD からインストールすることにしました。

ブートローダでエラー

USB メモリからのインストールでは、正常に認識してくれませんでした。 DVD からのインストールは問題なく認識してくれました。 macOS のときと同じように、「 C 」キーを押しながら起動することで DVD ドライブから起動してくれます。 Peppermint OS のインストーラは正常に動いて、インストールが進みます。

途中経過をギャラリーにしてみました。ここまでは順調。ところが、なぜかブートローダーがインストールできない。ブートローダだけがインストールできないというエラーが出ます。何か設定間違えたかな? ということで実は3回インストールをやり直しました。特別な設定なんてないんですけどね。

で、3度目でこれまたなぜだかわからないままインストーラがエラーを出さずに終わりました。早速再起動してみると、ちゃんと起動します。何が原因なのかわかりません。

今度はネット環境 …

まぁとりあえず起動が正常に行えますので、よしとします。ところが、今度はネット環境がおかしいことが判明。最初に起動したときに、アップデータをチェックするのですが、ここはダウンロードできていたみたいです。しかし、最後にいくつかのリポジトリでエラーが出たと報告してきました。この辺からおかしい。リポジトリのエラー自体はあんまり気にしてなかったのですが、 Firefox を起動したら、ネットに接続していないみたいだから色々チェックしてね。というエラーが出ます。

ネット接続は有線で行っていましたので、まずは有線接続をディスコネクストにして再度コネクトしてみます。定番のエラーチェックなのですが、これはエラーにならない。 OS はイーサーネットに接続している。少なくともエラーは出ていない。

とすると、ルーターとのハンドリングがおかしい可能性が出てきますよね。 ifconfig を叩いてみると案の定、 IP アドレスが取得されていない。でもルーター側では払い出していることになっている。なんなんだろう?

現在この状態です。頭を冷やして明日もう一度トライしてみます。


私たちの人生は、私たちがついやした努力だけの価値がある。

モーリアック

Mac mini に Peppermint をインストールするつもり

これまで Mac mini2009 に、試しに購入して塩漬けにしてあるビットコインのウォレットを置いていた。しかし、ウォレットは Windows7 に移して Peppermint をインストールして使うことにした。

まずウォレットを移動する

Windows7 が稼働しているマシンにウォレットをインストール。これは全く問題ない。ブロックチェーンはかなり大きなデータをインターネットからダウンロードする必要があるのだけど、これまで稼働していた Mac mini2009 のデータをコピーしてやることでインターネットからダウンロードするデータ量を大幅に少なく出来る。

ウォレットが正常に稼働したところで、 Mac mini2009 のウォレットから Windows7 のウォレットへ保有しているビットコインを出庫&入庫する。ここで私が知らなかったこととして、ウォレットからウォレットへ移動するときにも手数料がかかると言うこと。微々たるものなのだけど知らなかった。

まぁ、ともかくウォレットの移動は完了。 Mac mini2009 のウォレットは終了する。削除してもいい。

Mac mini2009 に Peppermint をインストールする

MacBook にインストールするときにもはまったのだけど、通常の iso ファイルを USB メモリに書き込んでも、 Mac のブート時にそれを読み込んでくれない。

ダウンロードした iso ファイルを img ファイルに変換する必要があります。なぜこの変換が必要になるかというと、インストール CD とインストール USB ( HDD も同様)では、保存が必須となるブートコードというものの保存場所が異なります。そして iso ファイルはインストール CD を想定して作られているため、 iso ファイルをそのまま USB に書き込んでも、インストール CD とインストール USB ではブートコードの書き込まれる場所が異なるためにブートできないようです。
一方で img ファイルは HDD や USB に書き込まれることを想定して作られているため、 img ファイルを USB に書き込むことで正常なインストール USB を作成できます。 

Mac で ubuntu のインストール USB を作成する方法と手順

そうなんだ ( 知らなかった ) 。上記ホームページの手順通りに USB メモリを作成する。これは問題なく出来た。出来たはず。

ブート時にアクセスはあるものの …

オプションキーを押しながら、起動すると USB メモリにアクセスを盛んにしているのがわかる ( アクセスランプがある USB メモリなのでそれが点滅している ) 。しかし、一向にディスプレイに反応がない。

かれこれ 10 分ほど、ず〜っとアクセスしてる。う〜ん、困った。とりあえず今ここ。

追記: USB メモリからはダメでした

ダメです。あきらめました。 CD からのブートを試みますが、 DVD ドライブを HDD にリプレースしているので、外付けを使わなければなりません。外付けドライブは iMac のそばに設置しているので、ドライブを移動してやらなければなりません。パルクドライブだったら Windows7 に無駄に設置してるんだけどなぁ。ドライブの共有は出来るかもしれませんが、起動ディスクとしては使えませんからね。週末にやります。


あなたは自分が密かにもっとも愛しているものへと常に引き寄せられることになる

ジェームズ アレン