メニュー ホーム

WindowsPCがおかしくなった

昨日書いたUSB接続の2.5gbeコネクターをWindowsPCに挿したらなんかおかしくなってしまいました。USB typeC 2ポートを拡張させる基盤を挿していたのですが、これが認識しなくなってしまったのです。他は問題ないのになぁ。

なんかおかしな音がしたのです

2.5gbeを実現するためのUSB接続コネクターを新規で購入。早速接続したのですが、WindowsPCの接続したときの音がしたかと思ったら、続いて接続解除したときの音が2回。ん? 何だ? と思ったのですが、それっきりtypeCポートが使えなくなってしまったのです。typeCポートは拡張基盤なので交換はききますが、何だったのでしょうね。

typeCポートにはちょっと変わった用途のためにマウスのレシーバーをつけていました。このマウスが全く認識しなくなったのです。実はこのマウスはtypeCポートのレシーバーとtypeAポートのレシーバーで切り替えて使えるというもので、typeAポートのレシーバーは通常ヘッドレスで運用しているLinuxに接続しているんですね。WindowsPCとLinuxを切り替えて使うという用途に使ってたわけです。これが使えなくなった。困ったなぁ。

2.5gbeも使えないままです

そもそもの目的であった2.5gbeも使えないままです。相変わらず1gbeとしてなら使えるという悲しい状況。2.5gbeにしようと思っているので全く意味がありません。

今回の「2.5gbeにしちゃうぞ! プロジェクト」ではWindowsPCも2.5gbeにすることが目的の半分です。こいつが2.5gbeにならないと、あんまり意味がないんですよね。目的のもう半分は2.5gbe対応のNASを接続して高速にファイルをやりとりできるようになるということなんですね。とりあえず、WindowsPC側は追及を中断してNASの方に向かおうかと思ってます。

typeCポートが使えない以外、WindowsPCは普通に動いています。外付けのコネクターを挿したぐらいで基板が死ぬことはないと思うのですよね。過電流でも流れたんだろうか? 消費電力が大きいものではないだけにわかりません。WindowsPCから見ると、当てたドライバーはきちんと認識されているのですね。更にいえばtypeCポートもWindowsPCからは見える。動作はしていない。う〜ん、何だろう?


平日にハードをいじるのはちょっとはまると怖いので、また来週末の休みの時にいじることにします。

写真素材無料【写真AC】

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Windows

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください