冷却が足りないのか?

ダウンロード・マシンとして使っているWindows11(自作)なんですが、原因不明のネット速度低下に悩まされています。ただ、傾向はつかめてきました。

PCIe 2.5Gイーサーネット基板

ファンレスのPCIe基板を使って2.5Gイーサーネットを実現しているんですが、2.5Gは言うに及ばず、100Mまで速度低下を起こしてしまうことがあります。2.5Gに慣れた体には100Mはとても遅くて使い物になりません。100Mに落ちてしまうと、接続をリセットしないといけません。リセットにはイーサーネット・コネクタを抜き差しするのですが、2.5Gまで回復する場合もあれば、1Gまでしか回復しない場合、ひどいときには100Mのままの場合があります。

先日、100Mから何度リセットしても回復しないことがありまして、マザーボードにデフォルトで着いている1Gコネクタにつなぎ直して使ってみたことがありました。この方法だと、IPアドレスが変わってしまうのでやりたくなかったのですが、100Mではコピーもままならないので、1Gで数日使ってみたんですね。2.5Gに慣れた体としては1Gでも遅く感じます。数日使って今一度2.5Gにつなぎ直してみたら、2.5Gで安定しているんです。

原因は冷却なのか?

PC筐体内部の空気の流れは確保しているつもりですが、PCIe基板周辺は冷却していません。ディスプレイ・ボードはファンがついているのですが、2.5Gボードはファンレスです。そして結構熱を持っているっぽい(確信があるわけではないのですが)。しばらく使わないでおいて、再度使い始めたときには安定し、速度低下を起こすときは連続して使った時になります。24時間動かしているマシンなので、面倒くさいのでコネクタの抜き差しは最小限にしたい。PCIe基板周辺にファンを設置できないか考えています。

こんなファンを考えています。うまくいくかどうかわかりませんが、ファン自体は高いものでもありませんので、ダメ元で設置してみようかなと思っています。さぁ、ずいぶん長くこの症状に苦しんでいるので、改善してくれることを祈っています。

なにもしないよりも、いいかな。程度ですがね。とりあえずやってみます。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA