メニュー ホーム

Google Oneに再登録

以前登録していて、止めてしまっていたGoogle Oneに再登録した。Google依存率が高くなってるなぁ。新しくなったGoogle Driveのできがよかったので、登録した次第。写真のバックアップはこいつに任せようと思う。

Google Drive仮想ドライブになりましたね

macOS用のGoogle Driveアプリを立ち上げると、あたかも新しいハードディスクがつながったようにドライブアイコンが立ち上がります。容量もFreeなら15GBと表示されます。この形式好きです。OneDriveなどは、所定のフォルダにリンクされますが、あの方法便利な反面最大容量を認識できないという点でちょっと不便なこともあります。その点、仮想ドライブ方式だと契約容量がしっかり表示されるので便利です。ただし、あくまでも仮想ドライブなので、そのデータはどこかに保存されます。Google Driveアプリの場合、ライブラリフォルダのアプリケーションサポートフォルダにデータは収められるっぽいです。

仕事用のデータは収める予定はないので、macOSとiPhone用のアプリを入れて終了です。

15GBでは心許ないので100GBに

Google DriveはFreeなら15GBです。この容量、写真のバックアップやデータ部分さらにはgmailの容量まで入ります。ということは基本足りなくなることになりますね。私の場合、写真をあまり撮らないのでギリ足りるぐらいの容量ですが、普通足りなくなりますね。

Google Oneの100GBプランには以前も登録していまして、できの悪いデスクトップアプリ(当時)に嫌気が差して止めていた経緯がありました。個人的には50GBぐらいでちょうどいいのですが、そんなプランはありませんので100GBと相成りました。100GBで年2500円ですね。1TB何てのもありますが、多分そんなに使わない。

デスクトップアプリはいいとして、iPhone用のアプリは用途別に分かれていますね。わかりやすいけど、使い分けがめんどくさいなぁ。とりあえず、Google One/Google フォト/ドライブをダウンロードしました。他にもありそうで怖い。

インターネット関連でいくら使っているんだ?

インターネットのライセンス関係で年間いくら使っているんでしょう。以前カウントしたことがあるんですが、今それより増えていること間違いないです。1回の支払いが数千円だとつい「大丈夫だ」と思ってしまうんですよね。積み重なるとかなりになります。買い切りのソフトだったらそこまでですが、ソフトウエアのサブスクリプション増えてきてますからね。

インターネット・ドライブに関しても今回のGoogle Driveの他にもAppleのiCloud、Evernote、OneDriveなんかが上げられますね。それぞれ用途別に必要なんだよなぁ。Dropboxは数年前に止めたけど、他も収束させるべきなのかもしれませんねぇ。


ソフトウエアのサブスクリプションサービスという話をしましたが、早くバージョンアップして欲しいソフトの1つにToast Titaniumがあります。動きが遅くってイライラします。早くAppleシリコンに対応してね。

写真素材無料【写真AC】

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Tech

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください