2.5Gイーサーネットの使用感

この話題ばっかりですが、2.5Gイーサーネットは大変快適です。快適だからこそ対応した機器を揃えたくなる。現在は、ファイル転送を伴う機器はほぼ全て2.5Gイーサーネットにしてしまいました。

1Gイーサーネットよりも帯域が広い

インターネット回線は1Gです。ここはおそらく変わらないでしょう。対してローカルネットはほぼ全て2.5Gイーサーネットにしてしまいました。1対1の瞬間速度よりも、1対多での速度低下が少ないことがメリットだと思っています。私の環境はiMacを中心としています。TorrentをやりとりしているのはWindowsマシンです。インターネットはこの2台でシェアしている状態です。他の機器はiMacとデータをやりとりしているわけですが、ここが2.5Gイーサーネットになりました。

瞬間速度に関しては正直言うと思ったほどでもありません。2.5倍になるはず(理論上は)ですが、それまでのギガビットと比べると、体感で5割増し。数字ではもう少しでてる感じです。ただ、複数のマシンから同時にファイルを移動(めったにないですが)したりすると、その1つ1つの速度低下がありません。これがメリットとして一番大きいかな。体感では全てにおいてキビキビしてます。いい感じです。

価格対効果では微妙かもしれない

では価格対効果ではどうかというと、まだまだ2.5Gイーサーネットは構築コストが高い。例えば、スイッチングハブでいうと、今回私が使ったプラネックスのスイッチングハブは、9,800円です。ギガビット対応でよければ、2,000円でおつりが来ます。プラネックスのスイッチングハブは現在ぶっちぎりの低価格を売りにしています。他のスイッチングハブは軒並み2万円前後。スイッチングハブだけで見ると10倍にもなることになります。

2.5Gイーサーネットに対応させるためには更にアドオンの基盤やコネクタが必要です。こちらはだいぶ価格がこなれてきていて3,000円も出せば何とかなります。最新のWindowsマシン用のマザーボードではミドルエンド以上で2.5Gイーサーネットがついているものが多くなっています。10Gイーサーネットはまだまだ先の技術と思いますが、2.5Gイーサーネットはもう少し価格が落ち着いてきてもいいように思うんですけどね。

価格対効果でみると正直微妙かもしれませんね。

今後に期待

スイッチングハブが安くなってくれば、もっと気軽に構築できるんですけどね。Windowsマシンでは新たに作るときには標準になりつつありますし、TrueNASサーバーはCoreでは一手間二手間かけなければいけませんが、DebianをベースにしているSCALEならば、手間をかけずに対応しています。市販されているNASにも2.5Gイーサーネット対応のものが増えてきています。ただしまだ価格は高いですね。

10Gイーサーネットは現時点で素人が手を出せる領域にありません。今回ネットを構築する上でCAT6のケーブルを使いました。CAT5eでもいけるという話もあります。10Gイーサーネットだとスイッチングハブだけではなく、ケーブルもCAT7が求められ相応に高いです。さらにはケーブルの長さにも制限が出てくるそうです。まだまだ2.5Gイーサーネットが高速イーサーネット環境の本命であるのは間違いないと思います。


回線の瞬間速度が出ないという話も書きましたが、間違いなく速度アップはしています。もう戻れないというか、戻りたくない程度にね。そう考えると2.5Gイーサーネット構築は必然だったかなと思っています。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Tech

前の記事

2.5Gイーサーネット 配線完了
WordPress

次の記事

WordPress6.1+Twenty Twenty Three