Update 失敗 Peppermint10 再インストール、しかし …

安定して使えていた Mac mini(2009) にインストールした Peppermint10 ですが、通常の Update をしばらくサボっていて、たまっていた Update を一気にかけたのですが、何かがおかしかったんでしょうね。起動しなくなってしまいました。

起動しなくなったと言っても色々あるんですが、今回の場合はかなり深刻。スタートアップで初期 RAM ディスクを作ってそこにデータを転送するみたいなんですが、そこでアウトになってしまいます。何度やっても RAM ディスクイニシャライズのメッセージのまま次にいきません。

この OS は至って安定していて、通常のパソコンを置いてある部屋とは違う部屋で、 Web を見て調べ物をしたり、自動でバックアップを取ったりして使っていました。通常の使用でエラーなどが出たことはなく、今回が初です。

仕方がないので Peppermint10 を再インストールすることにして、最新の ISO ファイルをダウンロードしました。サクッと USB メモリに書き込んで、再起動。ここまでは順調でした。

ところが、 USB メモリからの起動がやたらと遅い。 Peppermint10 のロゴが表示され、プログレスバーが表示された状態で 10 分以上。以前、インストールしたときよりも明らかに遅い。加えて、インストール途中でエラーが発生してしまい、インストールまでたどり着く前でループしている模様。う〜ん、なんかハードウェア ( メモリあたり ) のエラーが発生している気がします。

もう一回挑戦してみて、ダメなら分解してハードウェアの問題かどうかの切り分けをしたいと思います。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください