メニュー ホーム

Raspberry Pi 4 技適適応モデル発売 また購入してしまった

この記事を読んで気がついたら購入していました。「技適対応の「Raspberry Pi 4 Model B 4GB版」が発売 – PC Watch」国内在庫あり、通常1営業日でお届けです。

このモデルからずいぶん変わりました。

  • 電源がUSB-C/3Aに変更
  • ディスプレイが2系統、Micro HTMIに変更
  • USBポートが3.0×2、2.0×2に変更
  • Ethernetが正規のGigabit速度を出せるようになった
  • CPU/GPUが刷新されて早くなった

メモリも1/2/4GBから選択できるようになりました。なったんですが、今回発売されたのは4GBモデルのみです。スイッチサイエンスさんが先月ぐらいに技適適応モデルはもう少しかかる。というようなブログを上げていたので、来年になるのかな? と思っていたのですが、RSコンポーネンツさんから出ましたね。

スイッチサイエンスさんはこれまでもずいぶん利用させてもらっていたので、スイッチサイエンスさんから出るなら、購入したと思うのです。しかし今回はRSコンポーネンツさんからということで、こちらを先に購入させてもらうことにした次第です。ワクワクしてます。

しかし、我が家には2台のRaspberry Pi 3+、2台のRaspberry Pi zero Wがあります。なんと5台目です。一台あたり数千円で購入できるという安さもさることながら、やはり小さいというのは大きいです。机の上に乗りますもんね。

電源とディスプレイが既存のものを使えないので、新たにAmazonさんから購入しました。ぜんぶ合わせると1万円強といったところでしょうか。今週中には届くでしょうから、セットアップなども記事にしたいと思います。


マスクをしている訳は分るな。私は過去を捨てたのだよ

シャア=アズナブル

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Raspberry Pi

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください