OpenMediaVault

ここのところ、あまり稼働していなかった  3+ を  というソフトを使って  化してみた。とりあえず 500GB のハードディスクを接続して成功したのでメモ。

ヘッドレスで通常運用していた Raspberry Pi さんなのですが、このソフトの場合 1 度だけ(インストールの最初で)キーボードとモニターを使う必要があったので準備。その後は Web Interference と SSH でいける。

OpenMediaVault – The open network attached storage solution というホームページから Raspberry Pi のイメージをダウンロード。これがあると大変楽になる。インストールの詳細については「初心者でもラズパイで NAS サーバーを作ってみよう!」を参照して作業した。ただし、上記ページではわかりにくかったところがあるので、以下に追記する。

ハードディスクのマウントを行うときの操作がわからず、ググってみたのですが、次のような操作になります。

  • 「ストレージ」>「ディスク」で接続したハードディスクをワイプする。(注
  • 「ストレージ」>「ファイルシステム」で接続したハードディスクをマウントする。

注)ワイプするとハードディスクの中身は全て消えてしまいます。

初めて使うハードディスクなどは ext4 というフォーマットで初期化されます。ウィンドウズなどで標準的な FAT などのフォーマットのディスクは再フォーマットされることに注意してください。

後は、初心者でもラズパイで NAS サーバーを作ってみよう!の通りに作業すれば良いのですが、 SSH で接続する場合には次のような操作が必要になってきます。

  • 「アクセス権の管理」>「ユーザー」で SSH で使用するユーザーを作成する。
  • ユーザーをクリックして「編集」。
  • ダイアログで「グループ」タブを選択して、 ssh, sudo のグループにユーザーを追加する。

これしないと、 SSH で接続したときに、 Permission denied, please try again. と怒られてしまいます。

後は基本的に Web Interference/SSH で操作が可能です。

プラグインで、 Forked Daap があったので、 Peppermint10 で配信させていた mp3 ファイルのうち、一部をこの Raspberry Pi サーバーから配信させることにしました。実は落語の mp3 ファイルなのです。まだ数は少ないのですが、すきなので見つけると購入してリッピングしたものです。シャッフルで聞いていて、突然お囃子が入ってくるとやはり驚きますからね。別管理にしました。

有効な活用方法を更に探っております。


己を喜ばすために食べよ。そして他人を喜ばすために身だしなみを整えよ。

フランクリン

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください