AMPプラグインの設定

すぐ忘れてしまうので、メモ代わりに書いておきます。AMPプラグインのアナリティクス設定です。

AMPプラグインには「General」と「Analytics」という2つの設定サブメニューがありまして、アナリティクスの方ですね。こちらにTypeとID(これグレーアウトされていて入力できません)。そしてJSON Configurationという入力欄があります。ここの入力がわかっておらず、空欄にしたまま使っていました。アナリティクスには当然、AMP表示されていたとしてもデータが残っていないものと思われます。

本題です。Type欄には「googleanalytics」JSON Configurationには、

{
  "vars":{
    "account":"UA-XXXXXXXX-Y"
  },
  "triggers":{
    "trackPageview":{
      "on":"visible",
      "request":"pageview"
    }
  }
}

UA-XXXXXXXX-Yの部分は各自のIDを入力します。

これでOKです。後は数日でアナリティクスの方に反映されてくるはずです。


原則にしがみつくのは、それを実地に試してみないあいだだけのことです。いったん試してみれば、人はそんなものは農夫がスリッパを投げ出すようにすてて、生まれたままの素足の走りごこちを喜ぶのです。

ビスマルク

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください