ATX電源リプレース、しかし

結論から言うとうまくいきませんでした。電源容量不足ですね。

リプレースしたけれども

もともとあった古い電源が500Wタイプ。リプレースした電源は550Wタイプ。大差ありませんでした。もっと容量が大きければライン毎の電源容量が増していたんだろうと思います。今回は安全装置が働いたためか、システムそのものが立ち上がりませんでした。CPUクーラーが回らないので、なんでだ! とプチパニックになりました。

問題を切り分けるために、1度組み上げたPCケースをバラしてATX電源(フルプラグインタイプです)の電源を1つづつつないでは起動テスト。つないでは起動テスト。の繰返し。PATAの電源ラインに余裕はあるんですが、変換ケーブルを所有していないので、試すのは後日です。何にせよSATAの1ライン(HDDをつないでいるライン)をつなぐと起動します。つないでいると安全装置が働いて起動しません(電源を抜いてしばらくすると安全装置がOFFになるようです)。更に、今回追加しようとしていたHDDをラインから切り離すと起動してくれます。溜息が出ます。

最初からやり直し

結局、リプレースは失敗でした。電源のそもそものW数が足りませんね。余裕を見て700W程度は必要なんじゃないでしょうか。PATAのラインはほとんど使っていないので、ここからSATA電源を作り出してつないでみることにします。ダメならATX電源リプレースのやり直しですね。

現在はもともとあったかたちで運用しています。HDDは入れ込んでありますが、電源につないでいません。2時間ぐらいかかったんですが、ダメでしたね。また後日ジタバタしようと思います。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。
最新の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA