メニュー ホーム

MacPro(2006)にUbuntu Serverをインストールする

さて、私の予感が当たって、最初期モデルのMacPro(2006)がやってきました。EFIが32bit、CPUが64bitの変態モデルです。まずはインストールをしようと思います。Ubuntu Serverです。

MacPro(2006) on Ubuntu Server

変態モデルだけに一筋縄ではいきません

EFIが32bitなので通常のインストーラーは通りません。色々Web上の情報をあさりましたが、「第1世代Mac Pro(2006)にUbuntu Linuxをインストール – Hexo」こちらがヒットしました。基本この通りに行ったのですが、「Index of /releases/trusty」ここから、Mac向けのisoファイルを落とします。私は、リストの下の方にある、ubuntu-14.04.4-server-amd64+mac.isoをダウンロードして使いました。「+mac」がついているISOファイルを使います。それ以外はEFIが対応していません。

さて、ここで1つはまりました。私DVDに焼いて使ったのです。MacProはスーパードライブですので、DVDも読めるはずなのですが、インストールには使えませんでした。CDに焼いたものはちゃんと使えます。DVDではダメでした。これで1時間費やしましたよ。何だったのでしょうね。

さて、現在のUbuntuは長期サポートのLTSのバージョンは20.04です。今回使っているのは14.04です。この間には16.04/18.04と2つのLTSバージョンアップを行わなければなりません。一発で20.04をインストールできないところがミソです。

失敗しました:macOSを消してしまった

本当は、通常Ubuntuが起動して、場合によってmacOSが起動する状態を作るつもりでした。しかし、インストールの途中でmacOSのパーティションを消してしまうミスをしました。まぁ、システムディスクがありますのでいざとなったらインストール可能ですが、失敗しましたね。

そしてもしかしたらもう一つ失敗したかもしれないのが、インストールしたディスクについてです。4つあるハードディスク用のスペースに、SSD250GB(Ubuntu)、HDD250GB(macOS:消してしまった)、HDD2TBx2(データ用)と4つ全て埋めた状態でインストールしました。そして、今18.04にUpdateしているのですが、近くに行くと小さく「カリカリ」いう音が聞こえます。250GBのHDDの方にシステムをインストールしたかもしれません。確認してHDD250GBの方だったら、やり直そうと思っています。まいったなぁ

実はもう一つ、Ubuntu Serverを日本語でインストールしてしまったのが最初にありました。Serverだとターミナル(端末)上での操作が基本になりますが、日本語が文字化けしてしまって全然ダメでした。日本語から英語に変えることもできるのですが、手間がかかるのでやり直したというのが最初にありました。


明日もしっかりこの続きを書きます。明日は実際の画面を撮したものを使ってインストールの過程を書いていこうと思います。SSDに書き込んでなかったなら、ホント最初からやり直しだなぁ。

写真素材無料【写真AC】

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Linux Mac

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください