メニュー ホーム

M5StickC 2台とも動いた!

一台はこれまで全く動かなかったのを動かすことに成功しました。動いただけでまだ目標には全然達していませんけどね。

これまでの経過

これまでの経過を箇条書きで書いてみますと次のようになります。

  • オークションでM5StickCを一台落札する
  • プログラムを転送しようと試みるも、Arduinoがエラーを吐いて接続すらできない
  • 面白くないので新品を一台購入する
  • 新しい方は問題なく転送できる(システムの問題ではない)
  • オークションで落札した方は相変わらず転送エラーになる

対策としてはG0とGNDを短絡して強制書込みモードに変更して書き込むというのがネット上に出ています。サッサとやればいいのですが、他のことを優先させてなかなか手をつけられていませんでした。

強制書込みモード

強制書込みモードへ移行はいったん電源を落とします。ジャンパーワイヤーでG0とGNDを短絡します。

ジャンパーワイヤーで短絡

M5StickCは内部で対策してあるので、短絡してもOKだそうです。ちょっと怖いですけどね。で、ジャンパーを入れたままで電源を入れます。電源を入れても液晶には何も表示されません。大丈夫かな、と思いますが、この状態でArduinoからプログラムの転送を試みます。

転送成功!

転送したプログラムはオールリセットするためのものです。M5StickCはちゃんとプログラムを受け入れて正常に表示されています。これまでは、前の持ち主がセットしたであろうWi-Fiを探し続けるプログラムしか走っていませんでした。

2台とも正常起動

下がオークションで購入したM5StickC。上が新品で購入したM5StickCです。IPアドレスも違ったアドレスが表示されていますね。MACアドレスも異なっているし、時間表示は同じです。

これからプログラムを作ります

本体だけではできることが限られているので、

こういうHATというセンサーモジュールを挿して温度・湿度・気圧などを測ろうと思っています。このHATはオークションで一個購入済みなので、もう一個購入して2個のM5StickCで同じように温度・湿度・気圧などを測定できるようにします。

そのデータをクラウド上に書込み、macOSから参照できるようにしたいと。そういうことを目論んでいます。さて、できるかな? そして今私が持っているセンサーHATと現在販売されているHATでは制御センサーが変わっているとのこと。2つのM5StickCで違うモジュールを使うことになるのはバグの元なんで、今あるHATはテスト用にして本番用は新規購入したHATにしようかな。


プログラムはこれからということで、まだまだこれからですが、この話題もしばらく思い出した頃に出てくると思います。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Tech

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください