メニュー ホーム

Raspberry Piの使い道

結構自虐的なエントリーなんですが、Raspberry Piってあるじゃないですか。私の自宅にもたくさんあります。たくさんあります。複数台あるんですね。で、完全に使い道があるのは1台だけだったりするんです。う〜ん、あんまり制御系には興味ないし、言語習得とか言うジャンルには他のPCでOKです。なんに使おうか。。。

いやね、Raspberry Piって安いじゃないですか。つい買っちゃうんです。現在手元にあるのが、3 model Bが2台、4 model Bが1台、zero Wが1台。使い道がないのだけで4台あるんですね。ヤバいです。もったいないっす。何とかしなくちゃならんと思ってます。

試作用とか、制御系に使われることが多いRaspberry Piですが、小さな筐体でありながら、PCとして使うことが出来るのは素晴らしいです。唯一使っているのはzero Wでして、小型液晶と組み合わせてサーバーに蓄積された画像を引っ張ってきて一定間隔で表示する、ミニサイネージとして使っています。このブログでも何度か出てきているので、検索してみてください。

使い道がないままではかわいそうなので、何とかしたいのです。Raspberry Piを使ってsambaの使い方を覚えましたし、Linuxの基本操作習得にも役立ってくれました。これまで、全く使ってこなかったわけではないのです。愛着もあるのでなおのことです。今考えているのは、複数台あるというのを生かして連携して何か出来ないかなぁと思っています。動画のエンコードなど、マシンパワーが必要なものなど使えないかなぁ。ググってみても、クラスターコンピューティングというのはもう古いのかなぁ。開発が止まっているものが多いみたい。

分散処理システムに利用できないか、引き続きリサーチしてみようと思います。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Raspberry Pi

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください