メニュー ホーム

Synergyを導入

これまで、macOSやWindows10に独立したキーボードとマウスを用意していた。しかし、あまりにも不便なのでSynergyというソフトを導入してみました。

このSynergyというソフト、Symlessという会社が開発しているようです。「Synergy-1つのマウスとキーボードをコンピューター間で共有」こちらで配布がなされています。最近はサブスクリプションといって月ごとに料金を取るシステムが流行ですが、Synergyは買い切りのようです。金額は$29.00(BASIC)。現在のバージョンは1.10.3になっていますね。Web上ではバージョン2の話題も出ていましたが、一度発表した後、引っ込めたみたいですね。バージョン2はWeb上にはなさそうです。

さて私はこのソフトをmacOS MojaveとWindows10に導入してみました。

まず引っかかったのはソフトの購入段階。あまりクレジットカードを直接入力したくないので、海外のソフトを購入する際などは、PayPalを使っています。今回もPayPalが使えるようになっていたため、当然のようにPayPalを選択しました。しかし、ダメです。PayPalとWebサイトトのやりとりがタイムアウトしてしまうように、エラーになってしまい。支払いに至りません。何度か時間をおいて繰り返したのですが、ダメなのであきらめてクレジットカードの直接入力に切り替えました。こちらはスムーズに支払いOK。

さて、インストールなどは簡単なので省略(私は、Synergy 1 – マウス・キーボード共有アプリのインストールと使い方こちらを見ながら行いました)しますが、インストール後にまた1つはまってしまいました。

ズバリ書いてしまうと、macOSをインストールしてあるiMacは2系統のネットワークに所属していました。1つはWi-Fiネットワーク。もう一つはEthernetのネットワークです。別にこの2つ別々のネットワークではないという認識でいたのですが、何度やってもIPアドレスが小さい(我が家の環境ではの話です)Wi-Fiネットワークを使って接続しようとします。Ethernetのネットワークの方が安定すると思って(事実そうでした)EthernetのIPアドレスで接続させようとするのですが、どうしても接続してくれません。そして、Wi-Fiネットワークだとエラーが起きてWindows10との接続に至りません

仕方ないので、一度Wi-Fiを切った状態で立ち上げて強制的にEthernetをつかませてやりました。この状態では問題なくWindows10との接続が成功します。原因は見えているのに、なかなかうまくいかず、イライラしたのは事実です。我が家のWi-Fiネットワークは少し複雑になっているので、それも原因かな。

ともあれ、非常に快適です。$29.00の価値は十分に感じられます。ソフトとネットワーク環境がきちんとしていれば、特別なハードウェアなしで実現している。これは大きいですね。もちろん、体感上は感じませんが、リアルタイム性が高いゲームをするというような用途では、おそらくダメでしょうね。遅延が起こると思います。

こんなに快適ならもっと早くからやっておけば良かった。


女房に愛される技術というものは発明されないものだろうか。

ラ・ブリュイエール

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Mac

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください