メニュー ホーム

テーマ戻しました

次期デフォルトテーマTwenty Twentyをβ版の段階でしたがいったん適応させていたんですが、ダメでした。どうしても本文のフォントが変わらない。戻しました。

テーマのカスタマイズ機能を使って、タイトル・ディスクリプションはフォントを変えることができました。しかし、本文の方は変わりませんでした。更に、テーマのCSSを直接いじったのですが、これまたどうしても変わってくれません。CSSでかなり新しめの指定を使っているので、訳がわからない状態でした。

私はこのブログを始めた頃から、Einsというテーマを使っています。このテーマは日本人の女性が作ったものですね。最近多くなっている、有料テーマのサブセットと言うわけではなく、これで完結しています。シンプルなテーマなので、いじるのもたやすい。Twenty Twentyとは違って、ブロックエディター対応と言うわけではないのですが、ブロックエディターで支障なく使えています。このテーマに戻しました。

自虐的にいうと、このブログ見ている人も少ないはずなので、テーマが変わったことを気がつかない人もきっと多いはず。なので、一瞬適用させたTwenty Twentyのスクリーンショットでもない限りわからないでしょ。スクリーンショットとる気も無いので、闇に葬ります。またEinsと付き合っていきますね。


親子だというても、親は親、子は子だ。その子の為に節を屈して子に奉公しなければならぬということはない。

福沢諭吉

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:blog ノン・カテゴリ

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください