メニュー ホーム

HAIKU(BeOSの香り)

古くからのMacユーザーなら聞いたことがあるんじゃないかと思うBeOS。そのオープンソース版であるHAIKUを立ち上げてみました。

歴史なんてものは、私が語るべきではないのでウィキペディアのリンクを張っておきますね。「Haiku (オペレーティングシステム) – Wikipedia」「BeOS – Wikipedia

さて使ってみての感想ですが、1つには大変軽快に動作するなぁという感想が1つ。そして、β版(開発は続いているようですが、バージョンは上がっていませんね)にしてはスムーズに動きます。ただ、コーデックの関係だと思いますが、YouTubeの動画はエラーになってみることができません。エラーになるとその要因がテキストファイルで保存され(いわゆるログファイル)、それがちゃんと読めるような仕組みになっていたりします。OSのインストール時に日本語を選ぶとちゃんと日本語になりますし、ログファイルは日本語表記で読めるような仕組みになっています。よくできています。

もちろん、じゃ使えるか? といわれれば、使うのは無理ですね。バイナリベースで使えるソフトがありません。テキストエディタやワープロもどき、動画再生ソフトなどはありますが、いわゆるオフィス系のソフトなどは望むべくもありません。「使っていて楽しい」というのがBeOSのコンセプトの1つだということですが、良くも悪くもWindowsとの差別化のために、インターフェイスがBeOSっぽくなってしまって使いづらいのは困ったものです。ウィンドウのタイトルバーはウィンドウの半分ぐらいの大きさで、その部分をDrag&Dropしないとウィンドウは動いてくれません。今となっては使いづらいですね。見た目の差別化といえば聞こえはいいですが、ちょっとねぇ。

今となっては過去の遺産といってもいいBeOS(HAIKUという名前ですが…)ですが、まるっきり1から書き起こされたOSであるということ。唯一無二の存在というような存在感。Linuxとは触った感じが違うなんとも言えないOSです。Haiku Projectからβ版がダウンロードできます。残念ながらMacのParallelsではフリーズしてしまって動きませんが、USBメモリなどに書き込んでDOS/Vマシンへ差し込めば、ライブ起動してくれます。

NextSTEPではなく、BeOSがMacOSになっていたかもしれないと考えると感慨深い思いでいじっていました。ホントに表面だけをいじっただけですが、ちょっと感動したりして。


子供は空を飛ぶ鳥である。気が向けば飛んでくるし、気に入らなければ飛んでいってしまう。

ツルゲーネフ

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:ノン・カテゴリ

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください