メニュー ホーム

Raspberry Pi 4 B

これね、ディスプレイやキーボードなどの周辺機器を揃えてやるだけで、かなり使えるコンピュータですよ。素晴らしい。欲しい。

詳しいことは「Buy a Raspberry Pi 4 Model B – Raspberry Pi」を参照してください。私は注目したところだけを書きますね。

まず、日本での発売ですが、技適の問題で未定になってますね。全く余計なお世話ですね。まぁ、Raspbianがまだ4では動かないらしいので、すぐに発売されても私のような者は使えないということですね。これに関しては、Raspbianのコミュニティが総力を挙げて開発中だと思いますので、すぐに使えるようになると思います。

すごいのはプロセッサは1.5GHzの4コアARM Cortex A72で、性能が先代の3倍以上になったらしいということ。先代もキーボードつないでウェブブラウジングするぐらいなら必要十分なパワーを持っていました。その3倍以上。ドンキで売ってるようなノートパソコン以上のスペックを持っているんじゃないかと思います。

機能強化の反面、HDMIポートがスタンダードタイプからミニタイプに変わったのはちょっと残念かな。2画面サポートするということからミニタイプになったんだと思いますが、HDMIのminiアダプターってまだ潤沢に出回っているものではないので残念です。もっともこれから増えてくるのかもしれませんけどね。スターターキットにはついてくるんだろうしね。

個人的には電力供給量を増やすためにも必要だったと許容できるんですが、給電がUSB type Cになったのもどうかなぁと思ったところなんですね。これから間違いなく普及してくるtype Cですから安価にはなってくるんでしょうね。最初はちょっと高いかもしれません。

プロモーション・ムービー

ギガビットイーサネットもすごいところです。標準でBluetooth5.0にも対応しているし、RAMは1GB(先代と同じ)、2GB、4GBから選択できて先代と同じ$34.00から(1GBモデル)欲しいです。素晴らしい。


喜ぶ者と一緒に喜び、泣く者と一緒に泣きなさい。

ローマ人への手紙

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:ノン・カテゴリ

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください