グラボを動画変換用に使う

iMac だとできませんでした。 AMD だとダメなのかしら? 私の探し方が悪いのかもしれませんが、 nvenc できません。 10 ならできるみたいなので、やってみました。できました。

動画は mp4 です。マックユーザーなら h.264/h.265 ですよね。 wmv も再生できますが、 mp4 です。にもかかわらず、世の中にあふれる wmv 動画をダウンロードしたりするとがっかりします。

で、私は変換するわけですが、変換するのに  というフリーソフトを使っています。 Windows10 の環境ではグラフィックスボードのエンジンを使って変換をする方法があっちこっちに乗っていますが、残念ながら Mac 環境では皆無です。 Windows10 を新しくしたので、そっちを使ってやれ。ということで、  のコンパイルを行いました。「 Windows 用 FFmpeg を Windows 10 でビルドする (Bash on Ubuntu on Windows) 」こちらのホームページを参考にさせていただきました。すごい環境でやってます。 Windows10 用の ffmpeg を Windows10 で動いている Ubuntu 上でコンパイルして、それを Mac からリモートデスクトップで操作している。そんなことをしました。わかります?

で、記事の内容そのままではうまくいかず、若干補正しながらでしたが無事完成。 ffmpeg を使って高速変換ができるようになりました。グラフィックスボードは GTX1050Ti を使っています。変換するのに、 10 倍とかというすごいスピードで変換できるものもあります。 h.265 は CPU を使うとかなりパワーを取られますが、 GPU を使うと CPU の使用率はそれほどでもなく高速変換が可能になります。もともと、動画ファイルを引っこ抜くのに Peppermint ( Linux )を使ったりしているので、ネットワーク上でファイルを移動する手間はかかるかなと思っていたのですが、ネットワーク越しに変換すれば変換速度よりもはるかに早いネットワーク速度があるので手間にはならないこともわかりました。

何の動画ファイルを落とすんだ? という問い合わせにはお答えできかねます。という答えで察してください(笑


知はいつも情に一杯食わされる。

ラ・ロシュフコー

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください