iTunesとflac

iTunesは私の音楽プレーヤー兼ライブラリアンなんですが、そろそろflacなどの高音質コーデックに対応してほしいところです。

flacフォーマットはiTunesに取り込めないので…

Finderのクイックルックだとflacフォーマットの音楽ファイルも再生できるのに、iTunesではダメです。ファイルの容量の問題なのか、Appleさんは一考にこの問題を解決しようとしていません。多分今後もなんじゃないかと諦めています。そして、flacフォーマットの音楽ファイルは、配布がはじまっていますよね。私の耳は馬鹿耳なので、flacの高音質コーデックもmp3の圧縮音源もあまり大差なく聞こえてしまいます。

とはいうもののflac高音質コーデックの音楽ファイルをダウンロードして聴いてみようと思ったりして、実際ダウンロードしてみました。Finderのクイックルックでダイレクトに聴いた後、ffmpegでmp3に変換して聴いてみました。で、ここでチョット問題が出てきました。mp3フォーマットに変換したヤツがなんかさすがに薄っぺらく聞こえるのです。私の馬鹿耳でもわかるってのはなんなんだろうと思ったのです。

ffmpegのデフォルト値

結論から言いますと、ffmpeg version 6.0 Copyright (c) 2000-2023 the FFmpeg developers built with Apple clang version 14.0.3 (clang-1403.0.22.14.1)を使って、flacをmp3に変換するデフォルト値はビットレート64kです。mp3の最大値は320kで、出回っているmp3のビットレートも256k当たりが中心だと思います。さすがにね、64kだと薄っぺらく聞こえます。

え〜、ということでビットレートを変更して変換しようということにしました。ググれば簡単に見つかりますね。オプションとして動画のビットレートを変えるなら、-b:v 、音声フォーマットのビットレートを変える場合は -b:aを使います。例えば sample.flac を sample.mp3 に、ビットレート320kで変換する場合は、

ffmpeg -i sample.flac -b:a 320k sample.mp3

となります。デフォルト値が低いってのは知りませんでした。ファイルのサイズが小さくてハンドリングはしやすいのですが、64kではチョットダメです。

ffmpeg は簡単に変換できるので愛用しています。ffmpegをパッキングしたアプリもたくさんありますね。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


blog

前の記事

優秀な結果New!!