macOSのクイックルックでh.265動画を見ることができるようにする

macOSのクイックルックは簡単な操作でファイルのプレビューを見ることができる機能ですが、h.265コーデックで作成された動画はクイックルックでは再生されません。h.264コーデックよりも圧縮率が高いh.265コーデックでもクイックルックのプレビューが見ることができれば便利です。ffmpegを使ってやってみます。

細かいことはわからないけど、操作は簡単

動画のコーデックは非常に多岐にわたる。多くの種類があって厳密に書き込むととんでもなく膨大なテキストが必要になるらしい。ここで、「らしい」に注目。私いろいろ探ってみましたが理解が追いついていません。わかったのは、macOSがサポートしているh.265コーデックはFourCCをhvc1にする必要がある。ということだけ。FourCCという新しい単語が出てきましたが、私よく分かっていません。

FourCC (フォーシーシー) とは、データフォーマットを一意に識別するための4バイトの並びである(four-character code の意)。

FourCC – Wikipedia

引用してみましたが、これだけでは何のことやらさっぱりわかりませんよね。ここではFourCCというフラグがあって、ffmpegでh.265に変換するときのデフォルト値はhev1。hev1だとクイックルックタイムでは再生できない。FourCCの値をhvc1にしてやる必要がある。理論ではなく、実行です(いや、頭が追いついていないだけだが)。

ffmpegでは “-tag:v hvc1″というオプションを付与すればよい

ffmpegにはFourCCを設定するオプションがあります。それが、”-tag:v hvc1″です。このオプションを変換時に付与してやることで、FourCCの値を“hvc1”にすることができます。上でもチョット書きましたが、ffmpegのデフォルト値は”hev1″でして、これだとmacOSは受け付けてくれません。

ではここで例題です。input.mp4というh.264でエンコードされた動画ファイルがあります。これをmacOSでも再生可能なh.265コーデックのファイルにしたいとします。

これで、input.mp4がoutput.mp4というmacOSでも再生可能なh.265コーデックに生まれ変わります。

もちろん、コーデックの変換にはそれなりに時間がかかります。h.265コーデックは高い圧縮率を誇りますが変換時間もかかります。動画ファイルをHDDに保存する際に高い圧縮率のコーデックを使うのは容量の節約になります。h.264コーデックと比べると動画ファイルにもよりますが、50〜60%のサイズに変換可能ですから、時間がかかってもやる価値はあると思います。圧縮率が高くとも目で見た変化の度合いはさほど大きくありませんので、なおさらです。

iOSでも再生できる(らしい)

自分で確かめていないのですが、iOSでも再生できるそうです。iOS11より新しいことが条件ですが、FourCC hvc1のh.265の動画ファイルは再生できることになります。容量がデスクトップよりも更に限られるiOSでは、変換する価値がありそうです。多少の劣化を許容できるなら、変換の際に品質を下げる指定をすれば、容量は更に減少します。

ちなみにffmpegの品質を司る指定は、”-crf <数値>”で指定できます。数字が小さくなると高品質に、大きくなると低品質になります。デフォルト値は、h.265で28だそうです。これをやや大きくしてやれば品質を下げて容量が減少することになりますね。

理論ではなく実践あるのみ(頭が追いついていないだけ)ですが、やってみてください。ffmpegは高機能ツールで使いこなすのは大変ですが、1つだけでも使い道があればいいんじゃないかなと思います。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA