fstab を間違えて編集してしまった

Linux のコアファイルの 1 つである  を間違えて編集してしまい、 PeppermintOS が起動しなくなってしまいました。

システム起動せず

もともと、 Mac mini2009 は DVD ドライブを外して、ハードディスクを埋め込んでありました。しかし、 Mac や Windows と違ってマウントするのに少し手間がかかります。で、それをやろうとしたのです。ところが、システムを入れてあるハードディスクの UUID 部分を削除してしまったのです。なんで削除してしまったのか記憶が定かではないのですが、やっちまったもんはやっちまったわけです。

トップに表示したようなエラーに陥ってしまいました。これはですね、あまり知識がない私にしてみれば致命的です。頭真っ白です。

多分復活できた

しかし、 fstab 間違えて OS が起動しない時の対処 ( クラウドでマシン複製する時とか ) – Qiita  という情報を見つけまして、

mount -o remount ,rw /

でリードオンリー属性から、リライト可能な状態にしまして、

fdisk -l

でハードディスクの UUID を表示させ、メモします。 fstab を開いて、 UUID を書き込みます。

この操作で、何とかシステムが起動するようになりました。いやぁ、 fstab が何者なのかも調べずに編集するなんて大馬鹿者ですね。たまたま、今回は復活できましたが、復活できたのは運。私の実力ではありません。

なんにしても、 1 つ大きな勉強をしました。


行動は必ずしも幸福をもたらさないかもしれないが、行動のないところに幸福は生まれない。

ベンジャミン・ディスレーリ

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください