廃車

先日、追突事故にあったのですが、車は直して使うつもりでした。しかし、整備工場から言われたのは「直せるけど、ちょっと…」という答え。

3台が絡む玉突き事故で私の車は前後2台に挟まれてしまいまして、傷みもひどかったらしいです。らしいですというのは私救急車で先に運ばれてしまってよく見ていなかったんですね。車両整備工場から先ほど電話がありまして、直して直せないことはないけれど。という答え。要するに車としてはちょっと問題ありありですよ。ということですね。

首はまだ痛みが引きませんし、踏んだり蹴ったりです。

事実上の廃車が決定したと言うことでしょうか。新車を買うほどの蓄えはない(株や投資信託を取り崩せば買えなくはないけどねぇ)し、中古を買うことにしようかと思います。

先方の保険屋さんからも手続きの書類が届き、そのめんどくささに辟易としております。事故など巻き込まれない方がよろしいですね。


従来は一つのお寺の門徒内で集まりを作っていたけど、これからは複数のお寺合同や、もしくは集まりにお寺が参加していくような形態になるのかもしれない。会を組織していくというよりは輪が広がっていくような。具体的にお寺に関わってくれる人を望む寺院にとっても嬉しい事だと思う。南無

桔梗(@kikyousan)

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください