ManjaroからUbuntu serverへ変更

Manjaroもいいディストリビューションだと思うのですが、Pacmanのコマンドを覚えられませんでした。aptの方がなじみが大きい。なので、Ubuntuより軽量のLubuntuへ変更することにしました。が、一筋縄では行きませんでした。

古いPCあるある

過去記事ですが、ここでインストールしたManjaroをLubuntuへ変更したいと思っています。

で、うまくいきませんでした。最初原因がつかめず右往左往しました。原因は単純でしたが、それをつかむまで大変でした。

まず、どううまくいかなかったのか。実はインストールが途中で止まってしまいます。何度やっても同じでした。古いPCあるあるですが、Fujitsuのノートにインストールしようとしています。最初にUSBメモリで起動させようとしましたが、このPCはUSBメモリからの起動には対応していないようで、ダメでした。これはまぁなんとなくわかります。そこで、DVDに焼いてインストールを試みます。途中まではうまくいくのですが、途中で止まってしまいます。止まる場所が同じならば原因も「そこだ」と分かるのですが、止まる場所はまちまちです。

Safeモードで立ち上げてみると、「/dev/sr0が読み取れない」というエラーが発生しています。sr0って何だ?と思ったら、

第 1 SCSI CD-ROM は /dev/scd0 および /dev/sr0 と名付けられる。

https://www.debian.org/releases/jessie/mips/apcs04.html.ja

つまり、FujitsuのノートPCについているDVDドライブがエラーを起こしていたんですね。単純なことでした。最初は読み込めるけど、途中でエラーを起こす。一番わかりにくいパターンでした。

外付けのDVDから起動

Lubuntuのインストールディスクを取り出して、手元にあった外付けDVDドライブを接続。そこから起動します。今度はすんなりインストール完了。DVDを取り出して再起動。これでLubuntuへ変更が完了…しません。インストールは完了したはずなのに、立ち上がらないのです。なぜでしょう。

セルフチェックをかけてみるとSSDに異常が生じているとの報告。首をかしげながらも、Manjaroのバックアップとして使っていた2.5inchHDDと交換して再度インストール。何回目だったか数えていませんが、とりあえずインストールします。

インストール後起動プロセスが動かない

ダメです。何度やってもインストール後起動プロセスが動きません。BIOSが起動に使うディスクを選択する画面がでてきます。そしてディスクを選択してやると、1度考え込んだ後再びディスク選択画面に。無限ループです。

どうしても起動してくれないので、Lubuntuは諦めました。諦めたんですが、じゃ、他を当たってみよう。ということで、この富士通PCで公式にサポートされているUbuntuサーバーはないのか? ということで、探してみました。「HardwareSupport – Ubuntu Japanese Wiki」でCPUを検索。i5-2520M 二世代目のi5ですね。富士通ではなかったのですが、パナソニックで同じi5-2520Mを使っているレッツノートがUbuntu14.04が公式にサポートされています。方向転換してUbuntu14.04をインストールしてみます。

結果からいうとこれが正解だったようです。ちゃんとインストールが終わって、起動させるとGRUBが立ち上がってくれます。なぜ、Lubuntuだとダメだったのか? PCが古すぎるためかもしれません。


目下、14.04→16.04→18.04→20.04にすべく、Updateをかけています。GUIがないのですが、どのみちSSHで使うので問題なしです。第2世代のi5は使い物になるのでしょうか。案外いけそうですよ。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA