SSDの交換とLubuntuをインストール

インストールは手元にUSBメモリが見当たらなかったため、DVDに焼いて行います。ただしこれはいい判断ではありませんでした。めっちゃ時間がかかります。

SSDの交換

購入したTranscendのJetDrive500は新しいSSD、古いSSDを外付けにするケース、P5とT5のドライバーが入っています。裏蓋をP5のドライバーで開けます。これは単純作業。ネジ穴をなめてしまわないようにしっかりと押さえながら行います。

黒いパッドのようなものが6枚ありますがこれがバッテリー。特別膨らんだりしているものはありません。

バッテリーのすぐ上に今回交換するSSDがあります。

新しいSSDも特別難しいことはありません。古いSSDを外した場所に差し込んで、ネジで固定するだけです。

64GBから240GBにスケールアップすることになります。

外したSSDは付属してきたケースに入れて使います。無駄のない仕組みですね。

作業終了後に一旦裏蓋を閉じて動作確認。コマンド+Rキーを押したままにして、インターネットリカバリーモードに入ります。そこで、ディスクが正常に認識されているか。エラーは出ていないかをチェックします。

問題なく認識して、エラーもなくチェック終了しています(緑色の文字最後にOKが確認できるでしょうか)。

Lubuntuインストール

私は、USBメモリが見当たらなかったため、DVDに焼いて行いましたが、これは失敗でした。DVDの読込が遅くてインストールに時間がかかります。USBメモリなら、DVDに比べて読込は早いので、ここまで遅くはならなかったと思います。USBメモリは何本もあったはずですが、片付けたときにあまりによく片付けたんでしょうね。見当たりません。

今、インストールの第一段階。269,440個のファイルを解凍しているのですが、かれこれ30分以上かかってまだ6,170個です。いつになった終わるんだろう。すでに入力すべき部分は終了しているので、フルオートですが、これほど遅いとは思ってもみませんでした。失敗したなぁ。

外付けSSDにmacOSを入れてあるので、内蔵SSD240GBにはLubuntuのみのインストールです。

Lubuntuについて

私はLubuntuをルブンチュと発音していましたが、正確には「ルブントゥ、/luːˈbuːntuː/」だそうです。どうでもいいことですけどね。さて、メモリ容量が2GBと小さいことからLubuntuを選択したわけですが、通常使用では512KBもあれば何とかなるんだそうです。スワップは使うんでしょうけどね。

インストールの過程でスワップのありなしを選択する部分がありました。スワップなしにもできますが、メモリ容量が小さく、SSDが高速ですのでスワップありを選択します。逆にメモリが比較的あってHDDなどにインストールする場合はスワップなしを選択するのも1つかなと思います。

あぁ、時間かかるなぁ。とりあえずほったらかしにしておきましょう。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Mac

前の記事

MacBook Air(2010)を入手