メニュー ホーム

MacPro(2006)にWordPressをインストール

引っかかったのはパーミッション。WordPressをインストールしたフォルダに「www-data」の所有権を与えないといけなかったのですね。基本的なところで引っかかってました。

WordPressのインストール

愛用しているLollipopさんのところでは、簡単インストールがあるので、本当に簡単にインストールできます。自宅サーバーになっても基本的なところは変わらないし、過去にVirtualにインストールした経験もあったのですいすいいきました。MariaDBの扱いでちょっと手こずりましたが、最初のコマンド入力ができればあとはOKです。

ただ、冒頭で書いたように基本的なパーミッションで引っかかりました。私の認識が間違ってなければ、WordPressのデフォルトユーザーが「www-data」だったのですね。それがわかるまではWordPressのインストールでもコンフィグファイルが書き込めないというトラブルに見舞われましたし、WordPressのアップデートもできませんでした。パーミッションがらみの問題だというのはわかっていましたが、ユーザーの設定を見落としていました。参考にしていたサイトでもしっかり書かれていたのに、私が見落としていたのです。

無謀にもこのブログをそっくりそのままコピーしようとしています

インポーターを使ってこのブログをそっくり自宅サーバーにコピーしようとしています。できるんでしょうか? まがりなりも400数十件の記事があり、画像ファイルもたくさんあります。さっきからずっと作業中なんですけど、ちゃんとインポートできるのかな? ファイルの受け皿となるハードディスク容量は十分にあるのですけど、ネット経由でインポートするというのは無謀かもしれません。

そういえば、WordPressのインポートサイズが標準で2MBと小さかったので、/etc/php/7.4/apache2/php.iniファイルを書き換えて対応しました。post_max_size = 40M upload_max_filesize = 30M という具合にして調整しました。


自宅サーバーで全てを配信しよう計画は、始まったばかりです。他にも色々設定しなければなりませんね。

写真素材無料【写真AC】

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Linux WordPress

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください