メニュー ホーム

Windows11にはアップデートできない!?

TPM(トラステッド・プラットフォーム・モジュール)が私の自作PCには存在しないようで、Windows11にはアップデートできないことがわかりました。

TPMって何?

調べてみるとですね。

TPM(Trusted Platform Module)は、デバイス上で様々なセキュリティ機能を提供するためのモジュールだ。

暗号化用アルゴリズムエンジン、ハッシュエンジン、鍵生成器、乱数生成器、不揮発性メモリ(鍵などを保管)などを備えたモジュールで、TPM内への暗号キーの作成や使用制限をするために利用される。

【特集】Windows 11で必須になった「TPM 2.0」って何?TPMの役割や確認方法を紹介 – PC Watch

ああ、Appleで言うところのT2チップですね。これ、搭載されているマシン多くはないんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょう。

きっと問題になりそう…

窓の杜のアンケートですが、2021年6月27日 18:16 現在56%の人がアップグレード不能と答えています。このパーセントは少ないとは言えないでしょう。セキュリティ的に問題が出てくるのがいやなので、アップグレードしようと思っていたのですが、ダメだってことですね。Windows10(21H1)の保守期限が2022年12月13日までとなっています。まぁそれまでは使い続けてもいいわけですね。来年の12月か、それまでに作り直すことになるのかな(私は市販のPCを買おうとは思いません。自作ですね)。

Windows7の時もそうでしたが、来年のサポート期限間際にはかなり大きな問題になりそうな気がします。私は個人で使っているので、まぁ使えなくなったらmacOSなりLinuxなりに乗り換えればいいわけですが、企業さんはそうもいかないでしょ。Windowsパソコンが事実上のスタンダードですから、約半分の人がアップグレード不能というのは問題です。TPMがらみでアップグレード不能の人からクレームが来るのは間違いないと思いますが、それが50%を上回っていたらMicrosoftさんどうするでしょうね。

メーカーにとっては神風になるのか?

アップグレード不能と判定されたら、買い換えるという選択肢ぐらいしか残ってないわけです。いや、企業にしてみればWindowsが使えなくなるってのはとっても困るから、買い換えるってことになるんじゃないかと思うんですけど。問題はTPMなんて今まであんまり注目されてこなかった機能ですよね。企業さんに導入されているのは安価なシステムが多いと思うんですよ。特に中小はね。そんなシステムにTPMに対応しているPCが多いとは私には思えない。買い換えですね。

じゃ、供給しているパソコンメーカーにとっては神風になるのか? これね、功罪相半ばするじゃないかと思います。新規の購入が増えるのは当然メリット。でも、サポート大変ですよ。営業さんも大変だろうと思うんですわ。TPMって私もよく知りませんが、セキュリティチップですよね。それが必要だ。って説明企業の決裁権持つ人に説明しなきゃならんわけでしょ。そのコストは大変ですよ。

切羽詰まってないからのんびりしてます

私自身は、あんまり危機感感じてません。どうしてもWindowsじゃなければならないsoftは最近macOSにも代替softが出てきてます。導入コスト(知識も含む)がWindowsの方が安かったから使っているというだけですね。

実は一番使っているのはネットゲームだったりします。で、ネットゲームを動かしているのはGoogle Chromeだったりするんですね。ChromeだったらmacOSでもLinuxでもいい。動くんですよ。むしろネット回線の速度に依存する。切羽詰まってないからこんなのんびりしてるんですよね。さて、Microsoftさんどう出るでしょうね。

追記:インストールできるみたいです(^0^;)

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Windows

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください