メニュー ホーム

7inchのHDMIディスプレイをホームサイネージにしてみた

先日、購入した7inchのHDMIディスプレイをホームサイネージにしてみた。起動すると自動的に画像をスライドショー表示してくれる。ただし、課題も多い

画像を見てもらってもわかるけど、ワイヤーで天井から吊ってある。ディスプレイの裏側にはRaspberry Pi zero Wがネジ止めされていて、コードが色々刺さっている。極めて見た目がよろしくない。根本的な問題として7inchではちょっと小さかったなぁ。

他にも問題はあって、記事にしたpythonコーデックのスライドショーに手を加えたものを使っているのだけど、写真の周りに50pxぐらいの幅でフレームができてしまっている。これなくしたいのだけど、どうもうまくいかない。pygameというライブラリを使っているのだけど、フルスクリーンを指定しているにもかかわらずフレームができてるんですよね。これはソフトの改良で何とかなる問題なのだけど、現在のところはお手上げ状態。

画像は縦長のものが手元に多くあったので、それを使っているけど、見開きのような横長の方が見栄えがするので、画像を調整してみる。画像はいろんなサイトからダウンロードしたりしたものなので、ちょっとアレなんですが…

基本的にZero W君の30%程度のCPUパワーを使ってます。あんまりパワーがあるCPUではないので、このぐらいでいいのかしら。画像の追加はscpを使っていますが、Sambaを入れて画像フォルダを共有させた方が絶対楽ですよね。今はグラビア写真しか入れていませんが、グラビア以外の写真を入れてもいいかもしれませんね。


病を受くることも多くは心より受く。外より来る病は少なし。

吉田兼好

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Raspberry Pi ノン・カテゴリ

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください