macOS Mojaveインストール

訳あって、今回はクリーン・インストールにしました。内蔵SSDをフォーマットして外付けHDDで起動して内蔵SSDにインストール。

さて、インストールが完了して次々とソフトを入れていきます。ざっと、列挙しますね。順不同です。

  • Xcode
  • Office365
  • Google Chrome
  • Evernote
  • 1Password 7
  • AppCleaner
  • Carbon Copy Cloner
  • ClipMenu
  • The Unarchiver
  • Toast 16 Titanium

他にもありますが、主要ソフトはこれぐらい。ターミナルの設定変更をしましょう。ターミナルは開くとダサダサなので、変えていきます。

まずターミナルの環境設定を開いてプロファイルの変更をします。選択するのは「Pro」一択。フォントを「Menlo Regular 18pt.」に変更。ポイント数が大きいのは老眼のため(号泣 カーソルをブロックカーソルから垂直バーへ変更。

プロンプトも変更。私はシンプルに [現在のパス] $ とするように変更します。回りくどい書き方をしてますが、Gutenbergさんバックスラッシュを入力すると、前にも書いたエラーを吐き出します。なのでうまくかけないんですよね。かなり困ります。

続けます。ターミナルで xcode-select –install と打って、デベロッパーツールをインストールします。そして、「macOS 用パッケージマネージャー — macOS 用パッケージマネージャー」のをインストール。ffmpeg, nano, youtube-dlあたりをインストールします。他にもインストールしますけど、これぐらいにしておきましょうか。

サブスクリプションモデルは若干お金がかかるけど、クラウド上にデータのほとんどがあるので便利ですね。


人を判断するには、どのように答えるかより、どのような問いをするかによるべきである

ヴォルテール

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください