プログラミング用フォント Ricty

これまで、あまりフォントは気にしないで使っていたのですが、このフォントを使い始めて結構変わりました。見た目って大事ですね。インストール方法などを説明したいと思います。

HomeBrewでインストールできるらしいけど…

プログラミング用フォントRictyをMacにインストールする – Qiita こちらを先に見ていれば、面倒なことにならなかったんですが、私回り道をしたみたいです。Homebrewを使えば早いように思いますね。ライセンスの問題があって、直接ダウンロードできないのでどちらにしても少し回り道にはなりますが今から入れるなら、Homebrew経由がおすすめです。ただ、私Homebrew経由では実行してないのでなんとも言えませんが。

プログラミング用フォント Ricty 私はこのページを見ながらインストールしました。

ライセンス

Ricty 生成スクリプトは二条項 BSD ライセンスに従うものとします。

Ricty 生成スクリプトにより生成されたフォントは SIL Open Font License (OFL) Version 1.1 および IPA Font License Agreement v1.0 に従うものとします。特に、OFL 1.1 Section 5 に従い、生成されたフォントの再配布は禁止とします。

プログラミング用フォント Ricty

最初にライセンスを書いておきます。生成されたフォントの再配布は禁止です。重要なので、最初に書いておきますね。再配布は禁止です。

生成のプリプロセス(前準備)

フォントを生成するには、いくつかの手順が必要でした。次に列挙します。

  • FontForgeのインストール
  • Inconsolataフォントの入手
  • Migu 1Mフォントの入手

FontForgeはフォント作成のためのアプリケーションのようです。甘く詳しくないのですが、後で述べるスクリプトがFontForgeを呼んでいますので、Homebrewなどを使ってインストールします。実は最終的にHomebrew経由でインストールしたのですが、プログラミング用フォント Ricty ではFontForgeのホームページのリンクがあったので、迷わずそこからダウンロードしてみました。ところが、起動はするのですが、インストールできませんでした。.dmgでダウンロードされたのですが、マウントされたディスクからは起動するのですが、Drag&Dropで持ってこれません。う〜ん、悩んでいても仕方ないので(実は小一時間悩みました)、Homebrew経由でのインストールにしました。

brew install fontforge --cask

あっさりインストール完了します。

フォント2つの入手に関しては、問題なくダウンロードするだけです。フォントは圧縮されていますので、解凍して適当なフォルダに.ttfファイルを突っ込んでおきましょう。

いよいよ生成

プログラミング用フォント Ricty こちらのページにあるスクリプトをダウンロードします。ricty_generator.sh というスクリプトですね。これを.ttf フォントを突っ込んであるフォルダにダウンロードして実行します。

./ricty_generator.sh Inconsolata-{Regular,Bold}.ttf migu-1m-{regular,bold}.ttf

しばらく待つと先ほどのフォルダ内にRictyフォントが生成されます。後はFont Book.appで開いてインストールすればOKです。まぁ、蛇足ですがFontForgeアプリが生成されたフォントのデフォルトアプリになっているので、インストールしたければFont Book.appで開きましょうね。

monacoフォントとの比較だとあまり分からないかもしれませんが、Rictyフォントの方がメリハリがきいていて良い感じです。Rictyフォントは漢字とのスペーシングも問題なく、1:2になっているのでわかりやすいですね。monacoもいいフォントなのですけどね。


駆け足でRictyフォントのインストールを紹介しました。再配布は禁止なので手順が必要ですが、見やすいフォントなのでぜひ導入することをおすすめします。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA