VartualBoxのUbuntuをUpdateする

まえにvccwをインストールした。という記事を書きましたが、そもそも動いているLinuxがUpdateメッセージを出しているのにしないわけにはいかないだろうという、個人的な欲求を満たしてみたかったのです。

VartualBoxでUbuntuの16.04.3 LTSが動いていました。sshでアクセスするとUpdateパッケージがあるよ! というメッセージが出ているのに気がついていましたが、VartualBoxのUbuntuをUpdateする方法を知りませんでした。いつもUpdateするときにはGUIのマネージャーにお世話になってました。今回はそういうわけにいきませんので、ちょっと困りました。

ググってみると、sshでアクセスして

apt-get dist-upgrade

すると書かれています。私は素直ですから、そのまま実行。

apt-get 

を先にやりなさい! と怒られます。そもそも論として、私はsshでログインしている普通のユーザーですから、sudo してやらなければならないとも怒られます。ところで、私個人的に sudo するのあんまり好きでなくて、いっそスーパーユーザーになって実行する方が好きです。なのでなんの迷いもなく、su したんですが、パスワードを設定した覚えがない。なんせVartualBoxを操作しているのも vagrant コマンドさんな訳で、設定の途中でパスワードを設定した覚えがない。ルートパスワードなんて知らんぞ! ということでまたあちこち道草を食いました。

ふと我に返って したときのことを思い出しました。通常、sshのパスワードを入力しますよね。した覚えがないのです。 そのものも

vagrant ssh

で入っているわけです。全部 vagrant コマンドが処理してくれているんですね。じゃもしかして sudo apt-get 〜 としてやればいいのかな?

それが正解でした。

sudo apt-get update
sudo apt-get dist-upgrade

これでいけました。ドキュメント読め! って怒りますか?

スミマセン。ごめんなさい。初心者って言葉嫌いですけど、わからなかったんです。でもすっきりしました。


時間が多くのことを解決してくれる。あなたの今日の悩みも解決してくれるに違いない。

D・カーネギー

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください