vi

UNIX(Linux)を使っているとviというテキストエディタとの付き合いはどうしても出てくる。Macも同じですね。これまで、ごく基本的なところを知っていただけだったので、オライリーの「入門 vi」なんぞという本を中古で買った。

1章〜3章が基本的な使い方のレクチャーになっているんだけど、知らなかったことがたくさん。vi 恐るべし。そもそも、コマンドモードで「:」を入力すると、exエディタ(ラインエディタ)へのコマンドを渡すのだというの知らなかった。

それにしても、無知なまま作業していたということに恐れすら感じますな。ちょっとずつ勉強していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です