チャレンジタッチ3 Android化(方向転換)

昨日、mtkを使ってイメージの取り込みを行おうとしたわけですが、作業途中でバッテリーが切れてしまうという失態。5Vでは充電できないんでしょうか?

作業は失敗

昨日行ったのはfactoryイメージの取り込みだったのですが、やはりうまくいっていなかったようです。エラーログを見るとハンドシェイクが途中でエラーになっているようです。そして、チャレンジタッチ本体の充電が失われていました。イメージの取り込み途中でバッテリーが無くなってしまったのではないかと思われます。

前回の写真でもわかるかもしれませんが、Xeonプロセッサを積んでいる昔のMac ProにUSB接続しています。当時の仕様でUSBは2.0。5Vですよね。どうもこれでは充電できないっぽい。

さてどうしようか?

MTKClientの不具合も考えられます。そこで、Live DVDを作りました。そこからチャレンジタッチにアクセスできないかやってみます。起動は確認できました。CUIではなく、GUIなのでわかりやすいような、逆にわかりにくいような。微妙です。ちなみに充電が切れたチャレンジタッチを接続しましたが、ハンドシェイクでエラーになりました。認識はしているっぽいので充電した状態で再挑戦してみます。

チャレンジタッチには電源ランプ代わりのLEDがひとつ付いているのですが、これが点滅していないと充電にはならないとのこと。5Vに接続してみるとなるほど(充電が切れているせいかもしれませんが)点滅しません。満充電にしてから挑戦するのが良さそうです。

現在充電中です。私の見立ては上記のような感じなのですが、間違ってますかね。Android化を依頼してきた友人からは「壊してもいい。時間がかかってもいい」と言われていますので、のんびりいきます。

投稿者プロフィール

kaizawa
kaizawaブロガー
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA