メニュー ホーム

WordPress静的化:苦戦中

最近の記事はともかく、ほとんど変更の可能性がない記事を静的化できないかやり始めた。かなり難しい。

静的化とはなんぞや

ググると私なんかより的確な説明はあっちコッチにあるんだけど、あえて説明してみるとこんな感じ。

  • WordPressはPHP&DBを使う
  • PHPなりDBの処理時間が通常のHTMLレンダリングより余分にかかる
  • PHP/DBに脆弱性があるとそれを突かれてセキュリティ的に弱くなる
  • HTML&JavaScriptのみで作られたページは早く、セキュリティ的にも強い

つまりHTML&JavaScriptで作られたページを静的化されたページと呼ぶと。まぁ、WordPressの方を動的なページと呼ぶのに対してでしょうね。

一番確実なのは、手作業で静的化を行えば微調整もできていいんだけど、そんなことできない。手間も時間も私のブログでも天文学的になってしまう。そこでプラグインの出番になるんですけど、これがね少ない。

Simply-Staticを使ってみる

評判がいいプラグインはググるとWP2Staticというのがあるんですが、$100の有料プラグインになったみたいです。そして私の環境では動かないプラグインが多い。結局、紆余曲折あってSimply-Staticというプラグインにたどり着きました。

これを使います。

試しに私のブログをほぼデフォルト設定で静的化してみると、56分かかりました。仕方ないですね。時間かかるのはね。バックグラウンドで実行しているみたいですけど、そのページから動いてしまうと生成が終わってしまうのが怖くてそのページを開いたまんまにしていました。

まぁ一時間弱で生成するんならいいですね。冒頭にも述べたとおり、最近の記事はともかく昔の記事に関してだけ静的化をしてみようという試みなんで、そうそう何回も生成させようとは思っていません。半年ぐらいに一回やればいいかなと思ってますので、一時間弱なら無問題ですね。

むしろ時間じゃなくて、設定が難しい。難しいというか決まるまで何回も行わなきゃならないかなと思っています。一回目の生成では、相対パスの設定が違っていたので実際のWebサーバーにアップできなかった。一回では決まらないですね。静的化から外すページもたくさん見つかったので、それらを全部登録しなくっちゃです。

すぐできるとは思ってませんが…

生成に1時間。それをサーバーにアップしてバグ取り。再生成に再び1時間。続くw

しばらくやってみますよ。このブログ記事を書き上げたら、Podcastを生成してSNSに告知して、それから静的化生成ですかね。明日も同じルーティンでやってたりして。


毎度思いつくと突っ走ってしまいますが、この過程が楽しいのです。何度かブログネタになると思いますので、よろしくお願いします。

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:blog WordPress

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください