メニュー ホーム

ffmepg がエラーを吐くので…

これまで使えていたのに、コーデックがサポートされなくなったのか? 対処療法はわかった。

hevc_videotoolboxがサポートされなくなったらしい

Homebrewで入れていたffmpegでバージョンアップしたらエラーを吐くようになっていた。同じくhomebrewで入れていたMacBook Airの方はバージョンアップしてなかったので、比べてみた。

ffmpeg version 4.3 Copyright (c) 2000-2020 the FFmpeg developers
  built with Apple clang version 11.0.3 (clang-1103.0.32.62)
ffmpeg version 4.4 Copyright (c) 2000-2021 the FFmpeg developers
  built with Apple clang version 12.0.5 (clang-1205.0.22.9)

上の方がMacBook Airの方。下がiMac。バージョンが全然違いますね。試してみたらやっぱりhevc_videotoolboxがサポートされなくなったんですね。使ってたんだけどなぁ。

何に使ってたかというと…

hevc_videotoolboxってのはいわゆるh.265をビデオカードを使ってエンコードするオプションです。4.3までは使えていたんですが、4.4ではダメみたいです。ただ、オプションがなくなったというより、エラーを吐くことからなんか環境依存の問題があるのかな。

実は前にも書いたと思うのですが、会社の行き帰り寄り道した記録という感じでドライブレコーダーの画像を残しています。ドライブレコーダーの映像は前後を記録しています。更に30秒ごとのファイルに分かれているのでそれらを統合したりピクチャーインピクチャーの画像にしたりしています。h.265にして容量を稼いだりしていたんですね。それが使えなくなった。まぁ仕方ないので、h.264にしています。

元ファイルはAVIなんで、h.264でもいいんですよね。h.265だと圧縮率が高くなるので、画像は粗くなるんです。h.264の方が画質は圧倒的にいいです。時間は違いますが、200MB(h.264):60MB(h.265)。ざっくり30%いやぁ、画質悪くてもこのサイズ感がスゴいでしょ。記録なんで元ファイルも圧縮して残しているんです。なんで画質は悪くても我慢してたんです。

h.264でいきます

ffmpegに色々入れて再コンパイルすれば使えるようになるかもしれません。残念ながら私にはそんな知識ないッス。単純にh.265を使いたいのならば、libx265で使えますがビデオカード経由ではないので、iMacのCPUに負荷がかかります。それがいやだったんで、hevc_videotoolboxオプションを使ってたんです。

と色々御託を並べましたが、使えないものは仕方ないので、h.264で行きます。


昨日書いたWordPressの静的化はもう一度リメイクします。うまくいかない(涙

無料イラストなら【イラストAC】

投稿者プロフィール

會澤 賢一
新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

カテゴリー:Tech

タグ:

會澤 賢一

新潟県在住。1964年生まれ、東京オリンピックの年ですね。
突然燃え上がったり、鎮火したり興味の波が激しいので注意が必要です。

お気軽にコメントを残していってください